時間とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>時間

Q&A用語解説

時間とは

  

■ドラッカーが実践的なアドバイスとして

「時間」に関しての洞察的提案です。

 

「時間が何に使われているか記録せよ」

ということです。

 

簡単なように見えて難しい。

 

■成果を上げる者は

仕事からではなく時間からスタートするとも

言っています。

 

人は誰でも平等に1日24時間、1年365日

与えられています。

 

何かを成すための

行為をスケジュール化すること、

日本的に言えば段取りをうけることが

成果を上げる秘訣です。

 

■人の行為は意外と受け身が多い。

 

誰かに言われなくても、

何かを見ると反応せざるを得なくなる。

 

大事な仕事があるのに

つい誘われて飲みに行く。

 

あまり価値に無い本や雑誌を読んで

時間を費やす。

 

いま本当に成すべきことを

忘れてしまう。

 

■段取りをつけて

時間軸に沿って成すべき仕事を割り振ると

無駄な行為を排除できる。

 

排除できる時間がどれだけあるか。

 

空白な心に雑念や煩悩がどれだけ

入っているか。

 

雑念や煩悩も残したいこともあるでしょう。

 

しかし、成果を上げるためには、

それを先ず把握すること、

時間を記録せよと、

ドラッカーは教えてくれます。