成果追求マネジメントとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>成果追求マネジメント

Q&A用語解説

成果追求マネジメントとは

 ■現代社会の持続のために

マネジメントは死活的に重要だと

ドラッカーは言いました。

 

組織が現代社会において役割を持つために

成果を上げなければなりません。

 

■成果を上げるためには

マネジメントする人の能力をあげなければなりません。

 

そしてその能力は

生まれつきのものではなく、修得できるのだと

ドラッカーは言います。

 

■ただし、成果を上げる能力は学ぶことはできるが、

教えることも教えられることはできない。

 

成果を上げる能力は知識ではなく、修錬であると。

マネジメント能力は修行である。

 

成果を上げる手法をマスターすることではなく、

なぜ成果を上げなければならないかと問うことから

スタートしなければならない。

 

■成果を上げることを当然として、

一部の企業が成長した結果、

 

経済システムの中で不良資産が滞留したり、

社会の福祉、安全が犠牲になり、

地球生命が脅かされてきた。

 

障害のあるものを切り捨てたり、

財政が破綻することが分かりながら

過去の延長の対症療法的対策に従事してきた。

 

より大きな目標のために

成果をあげなければならない。

 

マネジメントは現代社会において死活的重要な

ツールなのです。