反対意見とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>反対意見

Q&A用語解説

反対意見とは

   『反対意見は想像力を刺激する』

■多くの場合

自分の見方が正しく相手が間違っていると

確信します。

 

しかし反対意見を使わなければならない

とドラッカーは言います。

 

反対意見は問題の正しい理解を深めると。

 

■反対意見を持つ人は

自分とは違う現実を見て、

違う問題に気づいている。

 

反対意見を言う人を

バカか、悪人と思ってはならない。

 

■実行段階になって事が失敗するのは、

例えば原発事故のように、

想定外のことが起こるからです。

 

想定外は反対意見を聞かなければいくらでも起こる。

 

限られた人の頭と目では見落としがある。

 

プログラムを書いたことのある人は

どんなに注意深く書いても必ず見落としがあること

を体験しています。

 

■反論に対して感情的に対処してはなりません。

 

反論は問題の見落としを未然に防ぎ

想像力を刺激すると考える。

 

人間の能力は所詮ボチボチです。

 

人生において、組織において、社会において

不確実な問題に満ちている。

 

不確実な問題に対処するには

想像力が必要です。

 

事を成す人は想像力によって、

問題の理解に関心を持ちます。

 

そのために反論を利用するのです。