時間の使い方とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>時間の使い方

Q&A用語解説

時間の使い方とは

 ■時間の使い方で人生が変わる。

 

仕事で成果を上げる人は

2つの時間の使い方の原理を知っている。

 

1つは「1時には1つの仕事」に集中すること。

 

2つには仕事には順番があること。

 

■例外はあるが、

普通の人間は同時に多くのことはできない。

 

ある1つのことが確実に終えていないと

次の仕事はできない。

 

マーケティングと称して売り込むテクニックばかり

実践しても肝心なイノベーションがなければ

顧客はつくれない。

 

■仕込みの時期があり、熟成の時期があり、

仕上げの時期がある。

 

しかる後、それを広める「マーケティング」の

時期がある。

 

それぞれ同時にできない。

 

しかも予期せぬことがおこり、失敗する。

 

忙しくしていないと不安だから

重要ではないが易しい仕事を優先する。

 

肝心な仕事がおろそかになる。

 

■現時点で最も重要な仕事を最初にせよと

ドラッカーは言います。

 

■TOC(制約理論)を開発したゴールドラット博士は

仕事の成果を決めるのは制約となるボトルネックであると

言った。

 

先ずボトルネックはどこか?

今、もっとも大事なことは何かと問う。

 

今直面している問題を第一優先で取り組めと。

 

新たにに戦略や計画を見直すことより

現実の問題に向き合えと。

 

人と組織のエネルギーと時間を

今最も大事なことに集中することが

成果を上げる基本なのですね。

 ■時間の使い方で人生が変わる。

 

仕事で成果を上げる人は

2つの時間の使い方の原理を知っている。

 

1つは「1時には1つの仕事」に集中すること。

 

2つには仕事には順番があること。

 

■例外はあるが、

普通の人間は同時に多くのことはできない。

 

ある1つのことが確実に終えていないと

次の仕事はできない。

 

マーケティングと称して売り込むテクニックばかり

実践しても肝心なイノベーションがなければ

顧客はつくれない。

 

■仕込みの時期があり、熟成の時期があり、

仕上げの時期がある。

 

しかる後、それを広める「マーケティング」の

時期がある。

 

それぞれ同時にできない。

 

しかも予期せぬことがおこり、失敗する。

 

忙しくしていないと不安だから

重要ではないが易しい仕事を優先する。

 

肝心な仕事がおろそかになる。

 

■現時点で最も重要な仕事を最初にせよと

ドラッカーは言います。

 

■TOC(制約理論)を開発したゴールドラット博士は

仕事の成果を決めるのは制約となるボトルネックであると

言った。

 

先ずボトルネックはどこか?

今、もっとも大事なことは何かと問う。

 

今直面している問題を第一優先で取り組めと。

 

新たにに戦略や計画を見直すことより

現実の問題に向き合えと。

 

人と組織のエネルギーと時間を

今最も大事なことに集中することが

成果を上げる基本なのですね。