マーシャル将軍の人事とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>マーシャル将軍の人事

Q&A用語解説

マーシャル将軍の人事とは

 ■ 『マーシャル将軍の人事』

 

ドラッカーは第二次大戦における米軍の

指揮をとったマーシャル将軍を

優れたマネジメントモデルとして

登場させています。

 

■マーシャル将軍の人の使い方は

「この男は何ができるか」だけだった。

 

何かができれば何ができないかは

二義的だった。

 

強みであり弱みではなかった。

機会であり問題ではなかった。

 

■デズレ―リやローズベルトは

謙虚さがなかったがリーダーシップが優れていた。

 

アイゼンハワーは

戦略家ではなかったがチーム編成が強みだった。

 

好き嫌いではなく、

仕事を問題にする人だった。

 

■マーシャルは

「人事は賭け」と知っていた。

 

しかし彼はアメリカ史上最多の将官を得た。

不適格者は皆無だったそうです。

 

マーシャルは

人事の失敗は、その者ではなく

任命した人間の間違いだと考えていた。

 

人事の仕事は人の強みが分かること以上に

弱みに目をつぶれる能力かもしれません。