平凡から非凡へとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>平凡から非凡へ

Q&A用語解説

平凡から非凡へとは

 ■平凡から非凡へ

 

非凡な気質を持っていないと出来ないことが増えている

とドラッカーは言います。

 

不可能な仕事なので次々と失敗する。

 

■人は知識や技能は身につけることはできる。

 

しかし、既存の知識や技能では役に立たず

例外的な感性や特殊な能力が必要な場合が

現実です。

 

今まで誰も経験していない仕事、

多才でなければこなせない仕事

が降りかかる。

 

■販売管理とマーケティングの役割は

一緒にできない。

 

モノを扱う仕事と人に関する仕事は

知識や技能は異なる。

 

多様な製品と多様な市場を海外本部と称して

一括する企業は多いけど、

どの事業にも貢献していない。

 

■平凡な人間が非凡な成果を上げるには

2つに1つしかない。

 

一つは平凡な人間でもこなせる範囲に

仕事を細分化して、

それぞれの仕事に集中させる。

 

もうひとつは

平凡な人間を熟練によって一歩づつ

多能化する。

平凡な人間に非凡な要求を課していく。