強みを活かすとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>強みを活かす

Q&A用語解説

強みを活かすとは

 ■強みを活かす

 

組織が成果を上げるのは、

人の強みが組み合わされた時です。

 

それぞれの役割において

強みが最大限に発揮されることが

成果を上げるのです。

 

■弱点は使わなければいい。

 

強みの部分のみ組織に役立てればいいのです。

 

酒癖が悪くても

仕事ができれば

そこだけ活かせばいい。

 

■リンカーンは南北戦争で

最初は負けてばかりいた。

 

弱点がない人間を将軍に選んでいたからだった。

 

戦いが上手いと言う強みで

司令官を選ぶようになって戦況が逆転した。

 

■人は強みも弱みも持っている。

 

人と人との関係で仕事をしている限り

自分の役割と位置付けにおいて、

自分が力を発揮できる部分のみで

組織に、社会に貢献できればいいのです。

 

「一隅」のみ照らす心、

組織をマネジメントする者から見れば

一人ひとりの弱みより強みを知ることが

重要なのですね。

 

そして一人ひとりは

自分の強みを

さらに伸ばす努力をすることでしょう。