会議とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>会議

Q&A用語解説

会議とは

  

■複数の人間で仕事をする。

 

仕事とは人と人との業務連携ですね。

 

情報交換する、自分の意見を言う、

お互いに知らない分野を補う、

目的を確認する、

会議にはいろんな目的があります。

 

■仕事とは資源を顧客満足に変換する

業務連鎖の一つと定義できます。

 

一人ひとりに資源(情報)が必要にして十分あり、

相互に人を知れば会議は長くする必要はない。

 

電話で十分です。

 

大震災の対策会議も

必要な情報が正確に把握されていないから

どんなに長く会議をしていても

物事は成しえない。

 

■やるべきことが分かっていたら

必要な情報を手にしていたら、

一人ひとりがそれぞれの立場で集中すればいい。

 

多くの場合、

会議をするのは

何を成すべきか、どんな情報が必要か、

分かっていいから

とにかく集まる。

 

■会議ばかりしていても

現場の実態は分からない。

 

仕事をしているアリバイづくりにしかなりません。

 

貴重な時間をどう使うかを常に問わなければならない。

 

問題を正しく定義すること。

現場現実を知ること。

 

会議は人の頭の中を

探検することに意味がある。

 

しかし、会議ばかりの組織は

仕事をしていないと言えます。