仕事の廃止とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>仕事の廃止

Q&A用語解説

仕事の廃止とは

 仕事の廃止

 

■時間が仕事の成果を左右するのであれば

時間をつくるために

廃止するものを見つけるに越したことはない。

 

 

「一事を生(ふ)やすは一事を減らすにしかず」と。

 

■自分でしなくても済むことは

たくさんあります。

 

自分しかできないと思っていること

自分が人より早くできると思っていても

任せた方がいい場合がある。

 

自分がやるべき仕事の中に

相対的に自分がやる方が効果が出せるか

それをすることで自分が成長できると思うもの以外は

人に任せる。

 

■資料や材料を集めるのは人に任せ

自分は意思決定をすればいいと考えるか。

 

それとも資料や材料集めは

自分の足で探すことが大事と考えるか。

 

一流のシェフは食材の仕込みを自分でするという。

 

材料集め、仕込み、組立、出荷など

要素に分解して部分だけ行うことで質が落ちる。

 

■特定の人や設備に仕事が集中して

マルチタスク(掛けもち)を避けよと、

プロジェクトマネジメントの教科書には

書いている。

 

人に任せることで

クリティカル(重要な)人の時間がつくれる。

浮いた時間を遅れた仕事に投入すると

遅れを挽回できる。

 

リードタイム短縮は

人に仕事を任せることができるかどうかに

かかっている場合があります。