ミュニテイとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>ミュニテイ

Q&A用語解説

ミュニテイとは

 

 
  『コミュニテイ』
 
■人類の歴史において
ほとんど大部分は農業中心家族中心の地縁社会に
生きてきました。
 
生まれた時から同じ人間関係のコミュニテイは
存在していました。
 
田舎社会は美化されているが、
本質は強制的束縛的だったのです。
 
■田舎から都市への人口流入は
人々の田舎のコミュニテイの強制的かつ侵害的な
束縛からの解放でもあった。
 
産業社会は機能集団を必要とし
コミュニテイではない組織を可能としました。
 
■しかし、コミュニテイからの強制と束縛からの解放は
一方で孤独な人をたくさん作りました。
 
機能集団から離れ、
退職後の居場所を失った高齢者、
未婚者増加、配偶者を失った独居者など
最近は高齢者だけではない独居者が多い
無縁社会という恐ろしい言葉を聞くようになりました。
 
■人間は二つの矛盾する欲求を持っています。
 
「コミュニテイの束縛から解放されたい」と
「コミュニテイの中で人と人との関係で生きたい」
は矛盾する要求です。
 
コミュニテイに生きながらも束縛と強制の少ない社会を
どうつくるか。
 
コミュニテイの束縛と強制を一人ひとりが
どう対処し自己をマネジメントするか。
 
ドラッカーの見解を紹介しましょう。
 
一人ひとりが
指揮され命令されることなく
ボランティアとして自らを律していく
基本的なルールの元で世の中を変えていく
NPO(非営利組織)に答えがあるのではないかと。
 
やはり基本は一人ひとりの生き方や
それぞれの組織の行動指針とか
マネジメントのテーマになるのですね。