脱資本主義とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>脱資本主義

Q&A用語解説

脱資本主義とは

 「脱資本主義の原理」

 

■ドラッカーはマネジメントを発明した人として

資本主義の推進者と見る人もいます。

 

実際はそうではありません。

社会貢献型NPO(非営利組織)や政府機関の

マネジメントにも多くの貢献をしています。

 

■経営陣が多額の報酬を得て

大量のレイオフをする資本主義に批判的だった。

 

1930年代の資本主義が所得格差を生み、

ヒトラーを生み、共産主義のファシズムを生むことを

事前に心配していた。

 

■資本主義には批判的であったが

自由市場経済は統制経済よりましであると思っていた。

 

市場経済は変わりつつある。

 

メーカーや政府という供給者が支配していた市場から

消費者や市民という需要者が主役になりつつある。

 

又、

地域や国内市場主体からグローバル市場が

混在し市場は多様化しつつある。

 

■メーカーや行政府に受け身で対応するのではなく、

消費者として市民として自律して生きる力

そして、

世界経済と繋がっている地域経済の中で

激動に耐える力を

養う糧と出来る。

 

ドラッカーのマネジメントは

企業の為のものだけではなく、

 

一人ひとりがどう生きるか

どう仕事をするかのヒントを与えるもの

それが彼を狙いだったと言えます。

 

だから資本主義の後でも

役立つ原理です。

 

脱資本主義社会の原理だとも言えます。