ネットワーク生態系連鎖とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>ネットワーク生態系連鎖

Q&A用語解説

ネットワーク生態系連鎖とは

ネットワーク生態系連鎖

 

■人間も含めてすべての生き物は生態系の中の

ネットワーク連鎖の中で生きています。

 

ネットワーク生態系連鎖の中で

自分の役割と位置付けを認識して

危険を避け機会を求めて行動する。

 

■自分の役割と位置付けを正しく認識できる

かどうかは情報を正しく得るかどうかで決まります。

 

自分に関する内なる情報と

自分の外についての情報と

二つの情報が統合されていなくてはならない。

 

現実は正しい情報もなく、

統合もされていない場合が多いのです。

 

■企業は内部情報を知っていても

顧客のこと、未だ顧客になっていない市場のこと、

わが社の製品がどう見られているか知りません。

 

認知症家族会は定例会に参加する会員は知っていても

定例会に来ない家族会や、家族会に入っていない介護者の

ことを知りません。

 

会計担当も起こった過去のことは分かっても

これから起こることや起こすべきことは分かりません。

 

■我々の身体は意識していなくても

自律神経のネットワークによって生命は統合されています。

 

企業など組織は必要なスキルを

専門に分けることで工業社会は成功しましたが、

それが行き過ぎて問題を起こしています。

 

知識社会では元に戻して統合されなければなりません。

 

情報による統合、

俯瞰的マネジメント、ホリスティック・マネジメント

それがドラッカーのマネジメント原理の

本質だと思います。