情報とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>情報

Q&A用語解説

情報とは

 ■あらゆる仕事が情報を必要とします。

ドラッカー命名の

知識社会、知識労働と言われる所以ですね。

 

社会生態が大きく変化する時、

成果を出す鍵はどんな情報を利用するかですね。

 

■情報は資源であり道具です。

 

「顧客は誰か」

「何が問題か」

「何が求められているか」

「何をしなければならないか」等の問いに答える情報でなくては

なりません。

 

これらは自分の外から入ってくる情報です。

 

■ところが多くの場合、

人は「内」の情報のみに頼り

「外」の情報を知らない。

 

他人が、顧客が、社会が何を求めているのかへの関心より

自分自身への関心しかない。

 

社内の情報システムは内部情報のみで経営に役立たない。

社内の研究所からは成果は出なくなった。

会議も社内の出来事ばかり議論している。

 

顧客のことも競争相手のことも、市場のことも、

必要な知的資源である技術のことも知らないと

ドラッカーは指摘します。

 

■人も組織も外からの情報によって

思考し判断し外に向かって行動することで

その存在が光るというのです。

 

外の顧客を知らないと顧客に貢献できない。

他人や他者の経験や知識から、歴史上の人物の経験も

外の情報です。

 

多くの人や組織は内側の情報のみで仕事をしている。

外からの情報こそ大事だとドラッカーは言ってくれます。