産業のイノベーションとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>産業のイノベーション

Q&A用語解説

産業のイノベーションとは

 ■自動車やテレビなどのモノの値段は30年前に比べて

半分になった。
 
一方、知識産業の製品である、
医療や教育の価格は3倍になった。
 
■純粋のメーカーとして
モノづくりだけでは仕事が減っている。
 
時間とか、感動とか、苦痛の緩和とか、
モノは「場」の演出の一つの道具として「意味」
を持つ。
 
人間についての知識がベースにならなければならない。
 
■経済を強くするのに、
モノづくりのみに頼れなくなりました。
 
医療や介護や教育が、
知識産業として経済を強くするには何が必要か?
 
製造や流通やサービスという役割分担に
留まっていないで
すべてをつなげるサプライチェーンで
自社の役割を再定義する。
 
■製造業が無くなるわけではない。
 
農業から製造業に産業がシフトしたが
農業が無くなったわけではない。
 
農業は製造業の一部となってサプライチェーンを
構成している。
 
同じように製造業は
流通やサービス業、知識産業の一部となって
経済を支えて行くでしょう。
 
モノづくりから時間・感動・共感の人と人との
サプライチェーンとなって行くのです。