ネクスト・ソサイエテイ(未来の社会)とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>ネクスト・ソサイエテイ(未来の社会)

Q&A用語解説

ネクスト・ソサイエテイ(未来の社会)とは

 ■ドラッカーは

「ネクスト・ソサイエテイ(未来の社会)」で

組織と人の働き方が変わる、

すでにその兆候は表れていると言っています。

 

近代社会の組織は外部と閉じて効率を追求するのに、

フルタイムの正社員の方がよかった。

 

■高年の管理職や専門家が貴重な体験を持ちながら

早期退職に追い込まれている。

日本の労働市場が硬直化している。

 

韓国や中国の優良企業で活躍している人もいる。

 

若年社員が高齢社員より生産性が高いというのは

知識労働には当てはまらない。

 

■企業も、

金銭以外の動機で働く多様化した人材は

高齢化社会とともに増えて行く。

 

これから

雇用関係は多様化し、

フルタイムでない人々を惹きつけ、

社会資源として活躍してもらうマネジメントが重要となります。