責任とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>責任

Q&A用語解説

責任とは

 ■責任ある存在になることはかっこいい生き方です。

 

どのように人生を生きるかが

仕事への取り組みに大きく関わっていますね。

 

ドラッカーの有名な問いに、

「何によって憶えられたいか」

というのがあります。

 

■ドラッカーはかかりつけの歯医者に

この質問をぶつけたら、

 

「死体解剖した歯医者が、

この人は一流の歯医者にかかっていたと

言ってくれること」

 

と答えたという。

 

 

■人は社会との関わりのなかで、

自分を成長させたい存在である。

 

自らの成長は組織・社会・への使命によって決まる。

責任ある存在になることである。

 

責任ある存在になるということは

自らの総力を発揮する決心をすることであると

ドラッカーは言います。

 

■個としてのうぬぼれやプライドではなく、

責任に重点を置くということ。

 

それは能力や技能を習得することだけではない。

人間として大きくなることであると。

 

ドラッカーのマネジメントの基礎には

人が社会の中で責任を持つことの

美しさが読み取れますね。

 

東洋の「才より徳」「仁」「義」と同じですね。