人生のマネジメント.とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>人生のマネジメント.

Q&A用語解説

人生のマネジメント.とは

  

■『人生をマネジメントする』とはどう生きるか

と言うことです。

 

ドラッカーによると

人の寿命が組織の寿命より長くなったことで

人は益々人生のマネジメントが重要になった。

 

■最も安定していた組織だと誰もが思っていた

会社が破綻する時代です。

 

国債という国民からの借金で運営している政府機関

でさえ、

過去の延長で延命するかどうか難しい。

 

組織も人と同じように挫折する。

 

■組織が無くなっても、縮小されても

人の人生が終わるわけではない。

 

組織に頼ることなく、

自主性を持って人生をマネジメントしなければ

生きていけません。

 

人生、あきらめる必要はない。

 

思考と行動において

組織内で与えられた問題を解決する仕事から

一人自分の頭で問題は何かと、

問題解決より問題定義をしなければならない時代です。

 

■自らと社会にとって

挫折を機会にすることであろうと思います。

 

その時、重要なのは、

コミュニテイの絆が不可欠であります。

 

ドラッカーは日本に関心を持っていました。

 

日本の終身雇用制度と組織から離れて移動せざる問えない

状況の中、

日本人はどのように解決するのか?

 

これは他国のモデルになるはずだと。

 

ドラッカーが求めた社会生態学的フレームと

コミュニテイである共同体における人と人の仁や義の

元である東洋の知から

人生や組織のマネジメントの原理が生まれる

のではないか。

 

一人ひとりがぶれないで

コミュニテイである社会へ貢献する

マインドを育てるマネジメントが必要です。