人の強みとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>人の強み

Q&A用語解説

人の強みとは

 ■人でも組織でも強みがあれば弱みがある。

 

「成果を上げるものは弱みではなく強みである」

とはドラッカーが繰り返し強調していた名言です。

 

一人ひとりの強みを探すことは重要です。

 

部下の強み、上司の強み、同僚の強み、

妻の強み、夫の強み、

自社の強み、顧客の強み、

仕入先の強みは何か。

 

■組織とは一人ひとりの強みを成果に変える道具であるように、

 

サプライチェーン(供給連鎖)は

組織と組織、企業と企業のそれぞれの強みを

成果に変える道具である。

 

成果とは社会である顧客への貢献である。

 

 

■人は他人のことは分かっても自分のことは分からない。

 

一生をかけて自分探しの旅をしている。

 

東洋では

「士は自分を知る者のために死す」

という箴言があります。

 

自分を分かってくれる人ならば死んでもその人に

感謝し報いたいと。

 

■人の卓越性を妬んでも自分が強くなるわけでもない。

 

逆に人の卓越性、その人の強みを見つけることは

自分と人との関係において、

さらに大きな卓越性を発揮する第一ステップになる。

 

マネジメントの要は、

顧客である他社の強みを顧客以上に知ることかもしれない。

 

上司の強みを中心に置くことほど

部下は成果を上げやすくなることはない。

 

顧客の強みを中心に置くことほど

わが社が成果を上げやすくなることはない。