カリスマリーダーとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>カリスマリーダー

Q&A用語解説

カリスマリーダーとは

 ■演説が巧かったり、人を鼓舞する話ができたり、

頭が切れたりする人材はリーダーとしてふさわしいか?

 

社会をリードするカリスマ的存在とは何か?

 

ドラッカーに言わせると、

ヒットラー

スターリン

毛沢東

の3人ほど史上かってない悪行と苦痛を人類にもたらした

リーダーはいなかったと

ドラッカーは言いました。

 

■リーダーシップやリーダー養成において、

人材開発(ヒューマン・リソース・マネジメント)は

如何にカリスマを発見・育てるかという

問題定義をしている。

 

しかし、ドラッカーは

カリスマ性とリーダー的資質は全く関係ないという。

 

■歴史上の人物として真のリーダーだった政治家、

すなわち社会のすぐれたマネジメントをした人のケースを

上げています。

 

痩せこけて垢ぬけしない田舎者だったリンカーンほど

カリスマ性を感じさせない人物はいなかった。

 

第一次と第二次の世界大戦の間で挫折しながら

ヨーロッパの戦火を治めることの貢献したチャーチルは

カリスマ性は全くなかった。

 

■カリスマ型リーダーは人を惹きつけ、

人々の柔軟性を奪い、

不滅性を盲信させ、

変化することを不毛とする。

 

たとえば、

民営化しかない、グローバル化しかない、

市場は絶対である、このやり方以外にはない。

1つの考え方かないと思わせる。

 

社会の人々が、一人ひとりが自分の考えを持たなくなる

カリスマ性は危険である。

 

企業でも社会でも、

一人ひとりが自立し何が大切か考える社会が健全である。

 

マスコミが作り上げるカリスマリーダーには

十分注意しなければなりませんね。

 

■雑多な意見の中で多面的な見方を総合する

解決策を熟考して決断するリーダーはカリスマ性とは

全く異なります。