情報組織とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>情報組織

Q&A用語解説

情報組織とは

   

情報型組織とは何か

 

■会社でも病院でも政府機関でも、どんな組織でも

トップから中間管理職、現場で組織の活動を支える人々まで

いろんな仕事があります。

 

組織全体が社会の機関として機能するために

どんな役割が必要でそれぞれがどのように位置づけられるか、

それを決めるのが組織ですね。

 

■インターネットにつながったメールシステムや

企業内情報システムでトップから現場まで瞬時に

情報が共有できるようになって、

組織はどう変わったか?

 

よく言われているのが情報型組織は

階層が減ってフラットになったと。

 

■なぜか?

 

多くのマネジメントの階層は、

権限の階層でもなく、

意思決定の階層でもなく、

管理の階層でもない。

 

単に「情報の中継器」に過ぎない。

 

現代の組織は「中継器」と言うマネージャー、

あやふやな人間をたくさんつくった。

 

「中継器」は自分で仕事するわけでもなく、

意思決定するわけでもない。

 

■中継器ではないマネージャーの役割は何か?

 

ドラッカーの答えは、

以下のような問いを常に用意して仕事をすることです。

 

誰が(WHO)

どのような情報を(WHAT)

いつ(WHEN)

どこで(WHERE)

どんな理由で(WHY)

 

必要としているか?

 

情報化社会では、これらの基本的問いを、

情報システムの要件だけではなく、

日常の仕事の中で発していかなければならないと。