意見の不一致とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>意見の不一致

Q&A用語解説

意見の不一致とは

   

■成果を上げるには満場一致ではなく、

意見が不一致でなければならないと

ドラッカーは言います。

 

日本人の美徳

「和をもって尊し」は反省すべきでしょうか?

 

■意見の不一致というのは

選択肢が一つではないことです。

 

いくつかの選択肢があって初めて問題が正しく

理解できます。

 

異なる複数の視点で現実を見ることが

1つの視点で見るより正確です。

 

正面図だけでは3次元の物体を表現できない。

 

■反対する者を「バカ」「悪人」と思ってはいけない。

 

自分とは違う現実を見て

自分とは違う問題に気付いているに違いないと

思わなければならない。

 

■成果をあげる者は

何よりもまず、問題を正しく理解しなければなりません。

 

問題を解決することより、

問題を定義することが成果を上げます。

 

満場一致は一つの視点しかない。

 

問題を見ることは

現実を俯瞰することです。

 

意見の一致は危険だという考えに慣れなければなりません。