フィードバックとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>フィードバック

Q&A用語解説

フィードバックとは

 ■間違いを犯さない人間はいない。

 

政府も企業も、

人が決定した限り間違いを犯すのは避けられません。

 

どんなに最善の決定をしても、間違っている可能性は高い。

 

■過去の成果を上げた決定もやがて陳腐化する。

 

これは政府でも会社でも人の人生でも同じですね。

どんな客観的事実に基づいていると言えども、

思い込みが入っている。

 

部分しか見ていない、全体を俯瞰していないかもしれない。

現実に起こっていることを間違って解釈しているかもしれない。

 

■ドラッカーによると、

 

米国の軍隊では、

戦略決定、命令したことが実行されたかどうか確認のための

フィードバックを組織化しているが、

大統領の政治的決定のフィードバックは官僚システムによる

報告しかないという。

 

政治が不毛なのは決定しても何も起こらないのだと。

当事者の報告は当てにならない。

 

■民主党政権の消費税増税政策の

その政策の「顧客は誰か」の、

ドラッカーがよく「問う」こと、

質問から入るべきです。

 

公共投資の顧客は誰か?

雇用促進策の顧客は誰か?

 

顧客は官僚ではないことは明らかですね。

 

政策が正しいか間違いかを知るには

顧客からのフィードバックが不可欠ですね。

 

それが本来選挙です。

 

選挙しないで(フォードバックしないで)

自民党政権の延長政策しかしない。

 

世界のデフレ経済の下で

消費税増税は経済をますます縮小させ

 

癌を攻撃する抗がん剤が癌を促進させるように

財政破綻を避ける政策が財政破綻を促進する。

 

経済は局部患部を治療する西洋医療ではなく

身体全体(社会経済システム)を直す東洋医療の

対象です。

 

新しいホリステックなサプライチェーン

経済が必要です。