事実と仮説とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>事実と仮説

Q&A用語解説

事実と仮説とは

 

 
 
■厳密に言えば、
事実に基づいて、決定されなけれなならないものでも
あらゆる決定は事実の「解釈」によって
行われます。
 
世の中は、それぞれの人間が認識した解釈で
成り立っています。
 
 
■だから通常言われているような
「事実からスタートせよ」は所詮無理なのです。
 
誰ものが自分の意見から、
自分の認識からスタートする。
 
しかし、
意見や認識は検証されていない仮説にすぎない。
 
意見は論ずべきものではなく、
検証するものであるとは
ドラッカーの意見です。
 
 
■事実を知る努力とは、
 
目で見て聞いて触れて、
「人間の脳には膨大なデータが入力される」
ことである。
 
インターネットの普及で事実データは
膨大な情報量になって利用可能になっているが、
人間の脳のキャパシテイは変わらない。
 
人間は誰しも多くの事実から
自分の認識できる事実のみ知覚します。
 
 
 
■従って、
あらゆる決定は、科学と同じように、
仮説からスタートする。
 
戦略も計画もすべて仮説からスタートしているので
 
実行の過程で見直さなければなりません。
 
自信に満ちたリーダーの言葉とは言え、
どんな事実をどんな認識をして発言しているのか、
冷静に聞かなければなりません。
 
狂信的な個人崇拝で、
悲惨な事件が起こっているのは
ヒットラーだけではなく、
どこにでもある現象です。
 
あなたにとって大事なことは
自分の持っている潜在意識を信じて
成すべきことを自分で決めることです。
 
間違ったら軌道修正する。
 
自分の心を支配するのは自分自身です。
 
自分の認識を大事にしましょう。