成果とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>成果

Q&A用語解説

成果とは

 

 

■何か仕事を成すには成果は何かを

あらかじめ決めておかなければならない。

 

ただ忙しく行動するだけでは成果はあがらない。

 

目標は何で

何をすれば「顧客」は喜ぶか。

 

顧客は安全でいられるか。

 

その条件は何か。

 

 

■目標は簡潔であればあるほど成果があげやすい。

 

目標は明確である方が成果が上がる。

 

 

成果が定義できない仕事は成功しない。

 

何を持って成功だと言えるものがなければ、

成功を測定できなければ、

成果を上げることができない。

 

ただ勤勉であれば良いというわけには

いかない。

 

だから成果の条件を決めることは

戦略の要ですね。

 

 

■ドラッカーはマネジメントを語るとき、

 

企業の問題だけではなく、個人や社会の事例を

メタファー(比喩)に使っています。

 

ちなみに

生物の細胞も、器官も、身体も、

又、人の群れである会社も、国家社会も

同じ生命現象としての構造であるというのは

 

自然界の地形や事件の発生パターンに見られる

 

フラクタル構造と言われるものです。

 

成果の条件は何か。

 

1961年のケネデイのキューバ進行の決定の事例を

上げています。

 

「カストロを倒すこと」

「内政干渉に見えないこと」

 

この2つの成果の条件を満たすことができなかったから

失敗したと。

 

■何かことを成すには

「いくつかの成果としての条件が整合が取れているか」

を問うことが大事ですね。

 

企業のイノベーションも同じです。

在庫を削減することを

コスト削減することは整合性があるか。

 

あなたの人生も同じです。

心身ともに健康であることと

経済的に成功することの二つを満たせるか。

 

イノベーションとは「革新」することですが、

 

従来の方法では相矛盾する

解決することが

イノベーションによる成果です。