優先順位と劣後順位とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>優先順位と劣後順位

Q&A用語解説

優先順位と劣後順位とは

 

 
■通常人は同時に2つのことはできません。
 
あれもこれもやろうとすると何もできない。
 
だから、
もはや価値の減ったこと、
生産的で無くなったことを捨てることが大事であると。
 
 
■どの仕事が重要であり、どの仕事が重要でないか
の決定が重要となります。
 
それは単に優先順位をつけることでもないようです。
 
ドラッカーの言葉で言えば、
 
「優先順位より劣後順位」が重要だと。
 
優先順位を決めることは簡単である。
 
しかし、劣後順位の決定、
すなわち、中止する決定は簡単ではないと。
 
 
■やるべき仕事に集中するには、
止めるべきことを決定しなければならない。
 
 
さもなくば時間が取れない。
 
 
何かの成果を上げようとすれば
未来に焦点を当てねばならない。
機会に焦点を当てなければならない。
 
 
■役には立っていないが慣れ親しんだ仕事を止めて、
 
機会に焦点を当てるが、
どうなるかわからない不確定な仕事に取組むには
勇気がいる。
 
「集中するには勇気がいる」
これもドラッカーの名言です。