時間短縮のイノベーションとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>時間短縮のイノベーション

Q&A用語解説

時間短縮のイノベーションとは

 

■時間を制する者は仕事を制する。
 
時間は能力である。
 
時間の無駄はあらゆる資源の能力を減らします。
 
 
■需要の旺盛な米国市場に余りにも見事に適応し
高収益を謳歌しておりながら、
 
リーマンショック後、
需要が急減して苦境に苦しんだトヨタ自動車ですが、
 
20世紀後半の世界のモノづくりにおいて
イノベーションを成しました。
 
トヨタ式経営
ムダ取り」という改善は
 
在庫ムダ」を筆頭に
 
時間のムダを無くすことから成り立っています。
 
私、今岡善次郎は
サプライチェーンマネジメントの著作で
在庫は時間である」
在庫は組織連携の無駄の指標である」
とのメッセージで
 
在庫と時間に焦点を当てた経営改善を
訴えました。
 
 
■世界の製造業もモデルになったトヨタ式経営も、
 
ゴールドラットのTOCも
 
時間短縮のイノベーションという一面を持っています。
 
陸上輸送と海上輸送を
コンテナで連結したコンテナ船も
 
時間短縮でした。
 
機械のスピードを上げることでもなく、
船舶やトラックのスピードを
上げることではなく、
 
連結部分に注目したイノベーションでした。
 
 
■馬車による移動から列車や自動車での移動も、
 
飛行機による移動も
 
時間の無駄を削減することだった。
 
文字の発明、紙の発明、グーテンベルグの印刷機も
インターネットも
情報のコピーする
時間を桁違いに短縮することで
社会的なイノベーションを起こしました。
 
アマゾンの書籍のネット販売も書籍の検索と
購買の時間短縮ですね。
 
 
昔であれば方々の辻に立って通りすがりの
人々に時間をかけて話しかけるしかありませんでしたが。
 
何千人の読者に
非常に安いコストで
瞬時にお届できまるメールマガジンという
一無名の個人が情報を発信できます。
 
これも時間短縮です。