時間の制約とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>時間の制約

Q&A用語解説

時間の制約とは

■ドラッカーの言葉、
 
「成果を上げる者は仕事から始めないで、
時間から始める」
 
一般に何かを成そうとすると
仕事をどのようにするか手法や計画にこだわりますよね。
 
 
■あらゆる仕事において
成果の限界を規定するものは
最も欠乏した資源である。
 
そしてそれは時間である。
 
能力と言われるものは基本的に「時間」である。
 
生産する時間。
 
販売する時間。
 
思考する時間。
 
すべてが能力と時間は比例しないが、
時間がなければ能力はない。
 
■工場経営の成功で破綻を免れた
ゴールドラットの経済小説「ザ・ゴール」が
世界で、日本でもベストセラーになりましたね。
 
納期遅れが日常化し、
科学的経営管理を駆使しても事態は改善しない。
 
きわめて単純な理論、
 
TOC(セオリー・オフ・コンストレイント:制約理論)
として有名な理論が生み出された。
 
それは制約工程(ボトルネック)を起点に
速度を合わせることと、
制約工程の時間を生むことで能力を上げることだ。
 
 
■工場の設備だけではなく、
もっとも貴重な経営資源である人間の場合、
 
成果に何も貢献しないが無視できない仕事に時間を取られる。
 
膨大な時間が殆ど、あるいは全く役に立たないことに
費やされる。
 
「何時自身を知れ」とのアドバイスを実行するのは
かなり困難である。
 
自分の制約を知ることになる
「汝の時間を知れ」とのアドバイスは
時間を記録することで誰でも可能だと
ドラッカーは言います。