天地人とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>天地人

Q&A用語解説

天地人とは

 

 
 
■仕事とは成果を上げることである。
 
戦争での仕事は生き残ることである。
 
ドラッカーによると
成果を上げる能力は知識や知力は関係ないと
凡人を安心させることを言います。
 
ましてや学歴、年齢、男女差、人種とも関係ない。
 
頭の良い人が驚くほど成果を上げていないとも言う。
 
 
■優秀なエンジニアが高度な数式で構造計算をして
洗練された図面を描いても
出来た製品が顧客に価値をもたらさなかったら
それは失敗と言える。
 
頭の良い経営者でも
外の世界に貢献することができなければ
成果を上げたことにはならない。
 
天の時、地の利が良くても
人の和が無ければ戦に負ける。
 
 
■成果を上げる原理は
 
外にある成果のために考えること、
成すべきことを考えること、
そして実行する習慣である。
 
努力をするだけでは、成果がでない。
 
努力とコストは内にあり、
売上と利益は外にある。
 
強いだけでも賢いだけでも
戦争に勝てない。
 
 
■高度な専門知識を沢山与えることがマネジメント教育ではない。
 
万能な専門家を必要とするわけではない。
 
ドラッカーに言わせると、
 
成果をあげる人たちの共通点は、
成すべきことを成し遂げる習慣である。
 
すごく常識的な人間の習慣である。
 
知力による戦略ではなく、人間的能力である。
 
天の時は地の利に如かず。
地の利は人の和に如かず。
 
孟子の「天地人」と同じことを言っていますね。