グローバル化とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>グローバル化

Q&A用語解説

グローバル化とは

 

 
ヨーロッパの経済危機は
米国のリーマンショック
サブプライムローンに原因はさかのぼれますが、
 
その前は日本のバブルとその崩壊、
円のキャリートレードに遡るとも言われています。
 
 
一か所の危機はグローバルに伝播して
行きます。
 
 
 
■経済危機は公的資金を必要とし、
公的資金を投入する企業を外国の競争者から保護する
保護貿易が復活します。
 
日本国内でも企業城下町ではその企業の製品を買うときのみ
補助金を出す。
 
 
しかし、
国境、文化、イデオロギーを超越した
グローバル市場化への動きを止める逆行現象が進むとは
思えませんね。
 
なぜならば市場は政治体制の枠組みにはまらないからです。
 
 
 
■市場は需要によって作られる。
 
供給連鎖(サプライチェーン)を動かす力は需要です。
 
コカコーラがアメリカから世界に広がったのも、
寿司やカラオケが世界に広がったのも
 
世界共通の需要があるからです。
 
人も企業も、情報によって
需要があるところに供給活動の連鎖、経済連鎖が起こるのです。
 
需要とは、
 
かっては豊かな国の豊かな人しか望めなかった移動手段である自動車であり、
一部の人しか受けることのできない医療や教育であり、
小さな町のことしか知らなかった町民が世界を見ることである。
 
 
■TPP問題は
 
グローバル化といわれるものが米国化とか、
生態系の破壊と結び付けられて危険視されることが多いですね。
 
 
しかし、グローバル化とは、
 
江戸時代に薩摩で栽培された薩摩芋が日本国中に広まった
と同じように
 
人も企業も製品も必要とする人とその得意とする強みや技術の
組み合わせのパターンを増やすことでしかありません。
 
 
グローバル化は
元に戻すことができない社会生態の現象ですね。
 
地産地消は多様化する製品の一差別化にはなりはしても
江戸時代に戻ることはありえませんよね。
 
■しかしながらTPPでなくても
すでにグローバル化している。
 
 
対等なグローバル化が
日本の政治家、行政の交渉力にかかっているのです。