多角化とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>多角化

Q&A用語解説

多角化とは

 

 

人も組織も生きていくために、

同じことを同じ相手に貢献し続けることはできません。

 

現状を変え、新しいことに挑戦ことが必要ですね。

 

企業で言えば多角化戦略というやつです。

 

 

■企業の多角化には内的誘因と外的誘因があると

ドラッカーは言います。

 

内的誘因とは

人は同じことを繰り返していると飽きて退屈する。

だから多角化する。

 

外的誘因とは

技術が分岐し多様な分野で応用されるし、資本市場では

資本家が利潤を追求し、労働市場で人は仕事を求める。

つまり、イノベーションも

 

多角化誘因です。

 

 

■ところが多角化戦略で成功することは

極めて難しい。

 

共通の市場と共通の技術を核にしない多角化は

失敗するとドラッカーは言います。

 

医薬品会社が化粧品事業をやっても成功しない。

 

自動車会社がエンジン効率を上げるガソリン添加物を

開発しても成功しない。

 

オペラ歌手がオペラファンに歌謡曲をアレンジして歌う

多角化も簡単ではない。

オペラ歌手が歌謡曲ファンにオペラをアレンジして歌う

多角化も簡単ではない。

 

オペラ歌手が歌謡曲ファンに歌謡曲を歌ったら

確実に失敗する。

 

■企業も人生のマネジメントも

自分の価値観や哲学と外れたことをやろうとすると

失敗する確率が上がる。

 

一時やる気を起して行動したのは良いが、

もう一人の自分が

「何かおかしい」「面白くない」

と言うときは成功しない。

 

もちろん、

人は多様だから例外はある。

 

「本分を守れ」

という教訓は成功のために基本のようです。

 

■「自分はどんな人間になりたいか」

 

「自社はどんな会社にしたいか」

 

こと問いに答えることが

多角化戦略に答えることになります。