経営コンサルタントのミッションとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>経営コンサルタントのミッション

Q&A用語解説

経営コンサルタントのミッションとは

 日本能率協会(JMAC)の

 
浅野社長は
企業観と労働観を次のように定義しました。
 
■企業とは、
働く人々に魅力ある場を提供し、
社会価値を真にかつ効率的に
追求する開かれた
「小社会」と定義しました。
 
■社会価値とは、
@財・サービスに人々と企業が感じる満足感
@仕事に喜びを感じること
@人類の存続に役立つこと
@生活への安心感と満足感
と定義しました。
 
企業については『私から公へ』、
仕事については『苦から喜びへ』
と考えなければならない。
 
 
■「小社会」はドラッカーが言うように
企業は機能集団であるとともに共同体でもある。
 
企業価値は「社会(公)」にある
とは成果は内ではなく外にあるとの
ドラッカーの言葉と同じですね。
 
浅野氏は欧米でコンサルタントとして
活躍されて、
日本的な視点で考えられていますが、
 
ドラッカーには西洋の知を超えた
東洋の知もハイブリッドされいるとも
言えますね。