ヒポクラテスの誓いとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>ヒポクラテスの誓い

Q&A用語解説

ヒポクラテスの誓いとは

 

 
ドラッカーが
 
2500年前のギリシャの
名医「ヒポクラテスの誓い」から
 
「知りながら害をなすな」を
 
引用しています
 
 
自分の利益になることなら
原子力発電は危ないと分かりながら
推進した学者に聞かせたいことばです。
 
 
 
 
■医者も弁護士もコンサルタントも、
マネジメントも
顧客に対して必ず良い結果をもたらすことを
保証するものではない。
 
最善を尽すことしかできない。
 
しかし少なくても
 
「知っていながら害をなさないこと」は
当然の約束にしなければならない。
 
すなわち意図的に悪意は働かないことを
顧客が信じなければ
仕事そのものが存在しないのですね。
 
 
■米国発の金融危機で、
米国の金融機関のトップが批判されていますが、
 
ドラッカーは
「知りながら害をなす」事例として
米国の経営者の超高額報酬は
 
アメリカ社会に亀裂の原因をもたらし、
社会的病、社会的欝の原因を作っている
深刻な罪と言うべきである。
 
と言っています。
 
■プロフェショナルもマネジメントも
そしてコンサルタントと言われえる
われわれのような仕事も、
 
顧客に対して必ずしも良い結果をもたらすことを
保証するものではない。
 
最善を尽すことしかできない。
 
唯一保証しなければならないのは
「知りながら害をなすことはない」
ことです。
 
分かっていても私欲が勝ると
「知りながら害をなすこもある」
 
自戒すべき言葉ですね。