社会の器官とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>社会の器官

Q&A用語解説

社会の器官とは

 ドラッカーは

「企業は社会の機関であり、その目的は顧客の創造である」
と言っています。
 
顧客の創造とは、マーケティングとイノベーションをすることです。
 
マーケティングにより、いま潜在ニーズを掘り起こし、
イノベーションにより、新たな効用を創り出す。
 
財やサービスではなく、その効用を顧客が買ってくれて始めて
潜在的欲求を有効需要に変えたことになる。
 
すなわち顧客を創造したことになる。
 
■製品が売れなくて赤字転落するということは
 
企業が、社会の突発的な変動で顧客の要求が変ったという
ことですよね。
 
あるいは無理やり作られていた昨日の需要が無くなった。
 
 
■労働機会の減少に対して企業に規制するをかけることが
必要かどうか問われていますが、
 
派遣労働を規制すべきかどうかという問いよりも、
 
企業がなすべきことは、
 
社会の機関として自社の強みが
どんな顧客を創造できるか、と問うこと
ではないでしょうか。
 
環境変化で恐竜自体を生き残らせることより、
 
恐竜の細胞から新しい生命を転生させることことの方が
大切でしょう。
 
米国ではIBMという恐竜からオラクルが生まれ、
インテルが生まれ、シスコが生れましたね。