マネジメントとは何かとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>マネジメントとは何か

Q&A用語解説

マネジメントとは何かとは


マネジメントとは何か。

マネジメントとは方向付けを行う。
目標を定める。
資源を動員する。
仕事を組織化し、
働く人に成果を上げさせる。

■マネジメントは
スキルであり、意思決定であり、コミニケーションであり、
戦略であり、科学であり、実践である。

実に多くの多面的な表現をドラッカーはしています。

マネジメントは医学や法学や工学に似ていると。

知識ではなく仕事であると。

マネジメントはある意味で職人であると。

■さらにマネジメントに誤解がある。

マネジメントは舶来である。

マネジメントは専門スキルである。

ドラッカーは言っています。

マネジメントは価値観、伝統、信条であると。

日本のマネジメントの成功事例は舶来というより
日本的価値観と伝統の下で成功したと。

その点でドラッカーのマネジメントが
日本的経営と矛盾しない。


ドラッカーによると
イノベーションは一夜にしてなされるものではなく
暫定的であり、
現場的であり、
分散的であり、
自律的である。

■「ドラッカーの知」を利用する点において

ドラッカーをよく知っている人、
ドラッカーを知らなくても
ドラッカーの考えに共感できる人
を巻き込み、

すでに知られた
成果を上げる原理も参考にして

イノベーションを起したい。