機能組織と共同体とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>機能組織と共同体

Q&A用語解説

機能組織と共同体とは

組織には機能集団と共同体(コミュ二テイ)の2つの面があります。

■会社や役所、病院、介護施設などそれぞれ
目的と役割(機能)を持つ組織です。

これに対して家族、町内会、同期会、仲良しクラブなど
共同体(コミュ二テイ)ですね。

機能集団では「人間関係は目的」ではないですが、
共同体(コミュ二テイ)では「人間関係は目的」
であってもいいですね。

■組織を規定するものは人間関係でではなく、
機能ですね。

組織は明確な使命があるわけですから。

国家の経済対策において、
特定の業界や企業との人間関係が
本来の機能に優先されたら困りますね。

■ところが、
社会が真に機能するためには、
共同体(コミュ二テイ)のきずなは不可欠です。

家族のきずな、
介護施設での利用者と医療や介護スタッフの間に
きずながあって、

■両方そろってこそ真に機能を
果たすことになりますね。


仕事のチームの人間関係が良くなるのが最高の組織だと
言うわけです。

機能集団と共同体は対立する概念ですが、
重要なのは一方に偏らないでバランスすること
東洋的価値観では「中庸」でしょうか。


サプライチェーンマネジメントにおいても

機能を発揮する戦略と実践が成果を上げるには
顧客に貢献するという社会的使命を共有する
共同体的心情が不可欠ですね。