一連の行為とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>一連の行為

Q&A用語解説

一連の行為とは

 

成功とは、
単なる一つの行為ではなく、
一連の過程によって成り立つものです。

どんな組織でもその目的を果たすためには、

多くの業務の連携が必要です。

■医療や介護においても
医師、看護師、ケアマネージャー、
ヘルパーなどの専門職、

そして地区町村の福祉課の行政。

審査・認定・ケアプラン作成・訪問介護

すべての専門業務が

一人の患者に関わるのです。


モノづくりの会社でも家事でも同じです。

■ドラッカーは一連の行為を「経済連鎖」
(エコノミック・チェーン)
と言っています。

会社のモノづくりでも家庭料理でも、

材料を仕入れて
保管し、
必要な時に取り出して、
中間品を加工し、
完成品を作り、
顧客に運び、
顧客の満足を得る

「供給連鎖」
(サプライチェーン)とも言います。

■今まで買ってくれた顧客が買ってくれなくなった。

こんな乱気流時代は

どんなやり方をするかより

何をやるか?

を問わなければなりません。

■どんな時代にも通用する

仕事の設計が必要ですね。

一連の行為を再定義しなければならない。

目的は何か、

顧客は誰か、

顧客は何に困っているか、

顧客を助けるモノは何か。


■単一の行為ではなく、一連の行為を

どう定義して、

一つ一つ実行していく。

目的を共有して連携していく。

仕事を一連の行為として定義すること、

不要な行為を中止すること、

一連の行為を再度組み立てなおすこと

言ってみればどんな仕事にも

成功のためのレシピがあるのです。