現場もマネジメントの一角とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>> 現場もマネジメントの一角

Q&A用語解説

 現場もマネジメントの一角とは


仕事の設計において人の位置づけと役割をどのように決めるか
重要なテーマです。


■製造業も、小売業も、

マンションの管理組合も学校のPTAも、

現場で業務する人から社長、工場長、店長、会長又は理事長まで

様々な役割があります。


工場の現場で設備を購入するとか、生産のやり方を変更するとか、

新しいシステムを導入するとか、

いろんな意思決定がありますが、

現場の仕事をしない上の人間が決めて
現場の人間はただ実行するのみ、
という決定は問題がある。

ドラッカーのマネジメントは人間を頭と身体に区分しない。

■現場に遺伝子があり上の組織は全てこの遺伝子によって
規定される。

可能な限り意思決定は下の階層、実行される現場に近いところで
行う必要がある。

台所で使う調理道具の購入については、
炊事を行う主婦が決定権を持つ。

ソフトウエアツールの選定や新開発は
それを使う人間が決める。


■現場もマネジメントの一角である。

★仕事の改善は仕事を行う者から始まる。

★働く者すべてがマネジメント的視点を持たなければならない。

★マネジメントとは自らの行動によって全体への責任を取る者である

 

これらのドラッカーの言葉を聞くと、どんな仕事していても

言われるままの仕事人生ではなく、自ら主体性と責任を持つ

人間になれと、言っているわけですね。