責任と貢献とは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>責任と貢献

Q&A用語解説

責任と貢献とは

責任と貢献

サプライチェーンマネジメントにおいて
連鎖する業務の担当者が自律的に

「責任と貢献」を認識すること

は重要な条件です

■近代産業の組織において「資格/権限/指揮命令」
が常識とされました。

資格は役割を制限し、

権限は一部の人に権力を与え、

指揮命令は頭と身体を別の人に分けてしまった。

働いている人は顧客の方を向かないで自分のボスばかり
気にするようになりますよね。

だから「資格/権限/指揮命令」ではなく、

「責任と貢献」が一人ひとりに問われると。

ドラッカーの知識労働者の生産性向上のためには組織構造を
根本的に変える必要があると言っています。

責任を持って貢献するためには、一人ひとりが

「正しい役割と位置づけ」を持ち、
「必要な情報」を与えられ、
「高い基準」を持ち、
「マネジメント」の視点を持たねばならない。


■どんな組織に属していようとも

言われたことをやるだけで終わる人生ではなく、

主体性を持って、マネジメントをする。


そして組織は「個人の能力と責任」を基礎に
「社会に対して一つの使命を司る道具となる。

サプライチェーンマネジメントにおいて
責任と権限という概念は重要です。