ミッションとは|株式会社21世紀ものづくり日本用語集

株式会社21世紀ものづくり日本トップページ>>Q&A用語解説>>ミッション

Q&A用語解説

ミッションとは

我々の事業は
人にとって社会にとって
どんな貢献ををするのかを
定義したのがミッションといえます。

組織は、
たとえ営利企業でも、非営利組織でも、
社会の機関として、
自己以外の他者のために行うことが
成果でなければならないと

ドラッカーは言っています。

「論語と算盤」を書いた渋沢栄一は
明治大正時代に官僚から民間人となって
銀行など多くの起業をして社会貢献し、
日本の資本主義の父と言われています。

論語では「天命」、「使命」という言葉が出てきます。

ハウスクリーニングも、美容院も、大工の仕事も、
教員の仕事も、
あらゆる仕事が

一隅を照らすことで、人も組織も、相互に
共生してそれぞれが社会の機関として
ミッションを果たしていることになります。

したがってミッションとは

自分がいて相手(顧客)がいて、
その自分の使命をどう考えるか、ということですね。

ちなみに「使命」とは「自分の命」を「他者」のために
使うこととも読めますね。