サプライチェーンマネジメント・ドラッカーのことなら株式会社21世紀ものづくり日本 今岡善次郎

株式会社ビジダイントップページ>>ものづくり日本21世紀義塾

 

ものづくり日本21世紀義塾

実践マネジメントスクール「ものづくり日本21世紀義塾」今秋開講!

「ものづくり日本」は江戸時代から続く匠の精神を引き継ぎ西洋の科学技術を取り入れJRは明治の蒸気機関からリニアモーターに、トヨタは生産方式や燃費改善で世界トップに、東レのカーボンファイバーで飛行機産業にも影響及ぼしています。
産業の基盤を支えている中小企業までトップマネジメントではなく現場の技能者の匠の精神が生きる日本的なプロジェクトマネジメントに成功に秘訣があります。昭和に活躍した技術者中心にしたマネジメント教育と実プロジェクト支援の「文武両道」の人材教育と各種イノベーション事業を実践する「株式会社21世紀ものづくり日本」を立ち上げました。
世界のものづくりの最先端を行くトヨタ式経営は決してトヨタ独自の方法論ではなく、日本的風土の中で、日本的思想の徹底からくる世界にも通用するマネジメント原理です。ものづくりだけではなく、農業、商業、サービス業など普遍的に通用する思想であることは、大野耐一氏を尊敬してTOC(制約理論)を開発した故ゴールドラット博士のように、生産分野だけではなく、業界を問わないマネジメント思想を開発したように世界に受け入れられるマネジメントの体系化ができます。
ここに世紀の公益資本主義社会に必要な「マネジメント教育事業」と研究開発、システム設計、事業戦略作成支援など「コンサルティングプロジェクト」の2層の事業からなる「ものづくり日本21世紀義塾」を10月から立ち上げます。
「マネジメント教育事業」(文武両道の「文」)は社会生態学思想、日本的モノづくり精神、日本型MOT、プロジェクトマネジメント他実学に必要な「道具としての思想や手法」を学ぶ場とします。
「コンサルティング」(文武両道の「武」)は研究開発からビジネスモデル構築のクライエントとの共同プロジェクト型コンサルティングなど実践の場とします。
教育事業とコンサルティング事業は「文武両道」であり教育の応用がコンサルティングであり、コンサルティング実戦の省察によって教育内容を充実させ、相乗効果を狙います。
第1号プロジェクトは回転体の実環境における動的負荷の元低騒音、省エネ、機械加工の精度向上などに役立つ機械制御技術の研究会開発からパイロット事業まで立ち上げるプロジェクトとします。