P.F・ドラッカーに学ぶ人生・起業・社会設計のすすめ|今岡善次郎のマネジメント・メルマガ

株式会社ビジダイントップページ>>人を幸せにするマネジメント改革

いつまでも好奇心を持って

2013年6月25日 17:47

 ◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆

                   第263回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。
 
いつもご寄付ありがとうございます。
 
寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
 
「いつまでも好奇心を持って」
 
 
●22日土曜日のカフェ「ドラッカーマネジメント塾」
に学生時代の友人が参加してくれました。
 
20代の若者に交じって
カフェタイムの交流会を盛り上げてくれました。
 
僕と同じ団塊世代で
キャンパスは全共闘の学生運動運動で異常な時代でしたが、
皆が社会のことを考え、
議論していた青春でした。
 
 
彼も僕と同じく独り暮らしの
コンサルタントでミャンマーなどで
仕事をしている。
 
 
●古代ギリシャを起源とする弁証法、
日本における陽明学の元祖、中江藤樹。
 
学生時代に読んだ「知的生産の技術」の梅棹忠夫、
「創造性開発発想法」の川喜多二郎、
そして最近の野中郁次郎「知的創造SECIモデル」
 
僕なりの共通点を整理しました。
 
僕の友人が
考えが整理できたと喜んでくれました。
 
いつまでの好奇心を持ってやることが
大事だと話し合いました。
 
僕が15年前から好奇心を持って取り組んでいる
サプライチェーンマネジメントが次回のテーマです。
 
■■■2013年春期第7回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■
 
個別の専門だけでは物事は進まない。
細切れになった仕事を統合して流れを作るのが
実践の極意です。
 
 
平日コース7月4日木曜日18:30~
週末コース7月6日土曜日15:00~
 
第7回は精神・戦略・実践の三位一体の
最後「実践」の続きです。
 
 
テーマ1 「ロジスティクスの実践:統合 
プロジェクトの流れを作る」
 
テーマ2 「ロジスティクスのニュートン力学
TOC(制約理論)」
 
 
○事例研究
 
コンテナ船とクロスドックのイノベーションを
事例研究します。
 
ドラッカーも「企業家精神とイノベーション」
でコンテナ船の事例を上げています。
 
SCM成功企業事例として
ウオルマートを見てみましょう。
 
 
○目的と概要
 
テーマ1「統合」
現代組織の細分化は個別責任業務が多く
業務と業務の繋ぎストックポイントが多くなっています。
 
プロジェクトの仕事の滞留を無くし流れを作るには
どんな考え方をすればいいか。
 
多くの事例とメタファーで図解します。
 
ジャストインタイムも
コンテナ船も、クロスドックも、
クリテカルチェーン
プロジェクトマネジメントも同じ原理で語れます。
 
 
テーマ2「TOC(制約理論)」
 
故エリヤフ・ゴールドラット博士のTOC(制約理論)を
原書から解き明かして日本に紹介した立場から
 
ハイキングメタファーやダイゲームメタファー使って
本質をわかり易く解説します。
 
 
facebookで様子紹介
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
東京都中野区 新中野
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
さて、
本日のテーマ
===================
1. 他人の中の私
2. マルクスとヒットラー
3. 絞り込み
===================
 
 
1.他人の中の私
 
 
■自己に対して他者を道元は「他己」(たこ)と
言いました。
 
他己とは他人の中の己(おのれ)であり、
他者も己(おのれ)である。
 
YOUはMEであり、MEはYOUである
と言うのです。
 
 
■あなたの中に私がおり、
私の中にあなたがいる。
 
自己を愛するがごとく他者を愛せよ。
 
 
他者と自己との断絶を超えることなのだそうです。
 
 
■西洋の近代科学は「私」に固執します。
 
 
主体である「私」と
客体である「あなた」を明確に区別します。
 
正しい私と間違っているあなたを区別する。
 
自分と問題を区別する。
 
主体である人間と客体である自然を区別する。
 
変えるべきものは自分ではなく
あなたであり、問題であり、自然である。
 
そこから近代が始まった。
 
同時に現代の病も深刻化しました。
 
 
■道元は
「自己の心身及び他己の心身をして
脱落せしむなり」と禅の修行の心得を
教えます。
 
 
人と人は我執を離れて伸び伸びと
生きなさい。
 
人を批判的に見ないようにしなさい。
 
所詮みな同じだと。
 
「和」の精神とは
「他人の中の私」です。
 
 
 
2.マルクスとヒットラー
 
■ヒットラーが猛威を振っていた時代に
ドラッカーはヒトラーのナチス全体主義は
マルクス社会主義に原点があると
分析していました。
 
マルクス社会主義は
ファシズム全体主義の父であると。
 
■ヨーロッパではマルクス社会主義革命は
起こらなかったけれど思想の流れは生き残っていた。
 
社会主義革命が起こったのは
産業システムが充分発達していなかったロシアであった。
 
ヨーロッパでは人間を総合的に見る保守の
社会主義への抵抗勢力が
強かったのです。
 
 
■イギリスの保守反革命の伝統は
ヨーロッパの啓蒙思想とフランス革命を
受け入れなかったのです。
 
アメリカの南北戦争が
自由な社会、自由な移民、平等な機会を広げ
ヨーロッパの自由な保守勢力を
立ち直らせたのだそうです。
 
その中でヒトラーは残存する
マルクス社会主義が残した
ファシズム全体主義の政治理念と構造を
利用したのだそうです。
 
■マルクス社会主義がヒトラーを生んだという
ドラッカーの分析は
人間の本質論から見ても納得がいきます。
 
精神・感性・個性・自由・・・を無視して
理性や経済的平等のみを強制する社会構造は
悲劇を生むのです。
 
 
理性だけの人間社会は部分最適でしかない。
 
 
 
3.絞り込み
 
■ルノ―と日産の提携はそれぞれの強みと弱みの
相互補強で非常にうまく行った事例です。
 
日産はルノーに比べて工場生産性は高かったが
車種数が多くて全体でみれば生産性が悪かった。
 
 
■車のプラットフォーム(車台)数は
幾つかの車種で共通化できる。
 
日産ではプラットフォームの共通化が
徹底できていなかった。
 
プラットフォームの共通化が重要な
課題になった。
 
■一般に欧米に比べて日本企業が絞り込みの
重点戦略が弱い。
 
必ずしも弱点とは言えないが、
思い切り棄てる大胆さが日本人には弱い。
 
小さなことが気になって
あれもこれもを盛り込む。
 
製品数も車種数も、拠点数も
共通化すれば
多種少量から小種多量にできて
設備の稼働率が良くなる。
 
 
■赤字体質から黒字にリバイバルする時には
稼働率を上げて固定費を下げることが第一優先です。
 
同じ時期に赤字を黒字に浮上させた
日産のゴーン氏とコマツの坂根氏が採用した
戦略はこの絞り込みの
重点化戦略だった。
 
 
ゴーン氏は日本の現場の強みを知りつつ
当然西洋の絞り込みを大胆に行った。
 
坂根氏はアメリカ法人の経営から
絞り込み戦略の思想を身に付けた。
 
ただし大事なモノを切り捨てない感性は
必要です。
 
 
●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。
 
imaoka@bizdyn.jp
 
今岡善次郎
 
 
■■■2013年春期第7回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■
 
個別の専門だけでは物事は進まない。
細切れになった仕事を統合して流れを作るのが
実践の極意です。
 
 
平日コース7月4日木曜日18:30~
週末コース7月6日土曜日15:00~
 
第7回は精神・戦略・実践の三位一体の
最後「実践」の続きです。
 
 
テーマ1 「ロジスティクスの実践:統合 
プロジェクトの流れを作る」
 
テーマ2 「ロジスティクスのニュートン力学
TOC(制約理論)」
 
 
○事例研究
 
コンテナ船とクロスドックのイノベーションを
事例研究します。
 
ドラッカーも「企業家精神とイノベーション」
でコンテナ船の事例を上げています。
 
SCM成功企業事例として
ウオルマートを見てみましょう。
 
 
○目的と概要
 
テーマ1「統合」
現代組織の細分化は個別責任業務が多く
業務と業務の繋ぎストックポイントが多くなっています。
 
プロジェクトの仕事の滞留を無くし流れを作るには
どんな考え方をすればいいか。
 
多くの事例とメタファーで図解します。
 
ジャストインタイムも
コンテナ船も、クロスドックも、
クリテカルチェーン
プロジェクトマネジメントも同じ原理で語れます。
 
 
テーマ2「TOC(制約理論)」
 
故エリヤフ・ゴールドラット博士のTOC(制約理論)を
原書から解き明かして日本に紹介した立場から
 
ハイキングメタファーやダイゲームメタファー使って
本質をわかり易く解説します。
 
 
facebookで様子紹介
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
東京都中野区 新中野
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
●麻婆豆腐に
野菜たっぷりの肉に魚介類の焼肉、
ビールに焼酎で交流会行います。
 
スポット参加大歓迎!
 
フルコース終了者は半額2,000円で
毎回誰か参加しています。
 
 
お申込み頂いた方もいますが、
スポット参加大歓迎です。
 
imaoka@bizdyn.jpにメールして下さい。
 
カフェの準備とコピーの準備のために
お手数ですが毎回申し込み下さい。
 
場所、アクセス、時間、料金はチラシをご覧ください。
 
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
 
 
■■■■■寄付金のお願い■■■■
 
いつもご寄付ありがとうございます。
 
何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。
 
これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。
 
金額やお名義は問いません。
 
請求や領収書など入金管理はしません。
 
一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。
 
年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。
 
寄付金(お布施)箱(口座)
 
三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン
 
 
■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=bk02&m=ce7j
 
バックナンバー
http://backnum.combzmail.jp/?t=tn38&b=nm23&m=ce7j
 
 
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
多摩大学大学院客員教授
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 
 

生きるのではなく生かされる

2013年6月17日 10:49

 ◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆

                   第262回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。
 
寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
 
「生きるのではなく生かされる」
 
 
●16日の日曜、父の日に
次女夫婦と病院へ妻の昼食介助に行き、
その後ステーキハウスで食事しました。
 
独り暮らしの父にと
夏用パジャマを父の日プレゼントをくれました。
 
母の人とか、父の日、子供の日、
敬老感謝の日など
離れて暮らしても家族の絆を意識させる日がある
日本は良い国だと思います。
 
●長い結婚生活で身の回りの世話をしてくれた妻を
逆に世話をした数年の在宅介護から
独り暮らしになって数年です。
 
 
男の独り暮らしはウジが湧く。
 
なるべく社会的なつながりを維持したい。
 
介護生活の中でドラッカ―の言葉に
心が響いたのは
人も組織も「誰かのために(顧客のために)」
存在することが生きることであり、
仕事をすることであると
感じたからです。
 
自分のために生きるのではなく
誰かのために生かされている。
 
自分のために仕事するのではなく
誰かのために仕事をさせられている。
 
 
カフェ「ドラッカ―マネジメント塾」も
そんな動機で続けられます。
 
今週は「戦略と実践」がテーマです。
 
 
■■■2013年春期第6回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■
 
平日コース6月20日木曜日18:30~
週末コース6月22日土曜日15:00~
 
 
テーマ1 「東西の賢人から創造的発想法を学ぶ」
テーマ2 「時間・統合・流れの三位一体の実践知」
 
○事例研究
 
江戸時代ビジネススクール「心学塾」を開講した
石田梅岩の商人道、
「売り手よし買い手よし世間よし」の
「三方よし」の近江商法、
 
近江商法と二宮尊徳の思想の影響を受けて
モノづくり日本のマネジメントを世界に広めた
トヨタ自動車について研究します。
 
 
 
○目的と概要
 
テーマ1 「東西の賢人から創造的発想法を学ぶ」
 
第5回の「孫子の兵法」と
「ドラッカーのマネジメント戦略」に引き続き
創造的発想、イノベーションの方法論を紹介します。
 
西洋ではソクラテス・アリストテレス・ヘーゲルの弁証法
 
東洋では中江藤樹の陽明学、梅棹忠夫の知的生産の技術、
川喜多二郎のW型発想法、
野中郁次郎の知識創造SECIモデル
 
彼ら賢人の知の共通点を抽出し
エッセンスを分かり易く図解します。
 
 
テーマ2 「時間・統合・流れの三位一体の実践知」
 
「成果を上げるものは仕事からではなく時間から始める」
(ドラッカー)
 
実践は時間活用の段取りが決め手です。
 
専門スキルを統合し、流れを作る。
 
いよいよ僕のホームグラウンド
 
 
facebookで様子紹介
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
 
東京都中野区 新中野
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
さて、
本日のテーマ
===================
1. 生きるのではなく生かされる
2. リベラリズムからファシズムへ
3. 収益構造とコスト構造
===================
 
 
1.生きるのではなく生かされる
 
 
■私たち人間には
感情のままに流される自我とともに
自我の底に埋もれている本質的な自己
と2人の自分がいると
道元は言いました。
 
松原泰道師は
現代の私たちが認識する自己を「私」とし、
本質的自己を「わたくし」と区別して
仏道を解釈します。
 
■仏道をならう(修業する)とは
「わたくし」をならうなり。
 
 
「わたくし」をならうとは「私」を忘れるなり。
 
「私」を忘れるとは
万法に証せることなり。
 
 
万法とは一切のモノ・コトは主観を離れた
客観的存在であると。
 
仏道とは
個としての主観的存在から
離れる修業であるというわけです。
 
■ドラッカーの社会生態学的観点で表現すれば
一人ひとりの「私」は単独ではなく、
社会や自然の中でつながりの中で生きている。
 
 
私たちの身体の細胞は
単独で存在しているのではなく
身体と言う全体(客観的存在)との関係で生きている。
 
■身体の器官の細胞は
他の細胞との関係で生きているように
私たちは人や自然の中で
あらゆる関係の中で生きているのです。
 
いや
生きているのではなく、
生かされている。
 
細胞も人も
より大きな存在の関係の中で生かされているのです。
 
 
2.リベラリズムからファシズムへ
 
 
■理性主義は政治的不毛を生む。
 
ルソー以降多くのリベラルな人々が
非理性主義のファシズム全体主義へと転向しました。
 
その最初がマルクスだったとドラッカーは分析します。
 
19世紀の功利的理性主義が失敗した時
マルクスが登場した。
 
 
■理性のリベラリズムは反動君主政体の崩壊に伴って
権力が転がり込んだが
例外なく、何事も成果もなく、
せっかく手にした政権を放り投げた。
 
長期デフレ不況と総理が頻繁に変わる自民党政権の
崩壊に伴って政権を手にした
リべラリズム民主党が何もできなくて
政権を手放した。
 
歴史が繰り返されば日本で
非理性主義のファシズム全体主義が生まれる。
 
果して安倍政権はどうか?
 
■マルクスは非合理的な絶対主義を取りいれて
強力な革命的な政治勢力を仕立て上げた。
 
マルクスは理性主義の中の一つ
人間を経済的存在、経済人として単純化した。
 
現実の人間は理性だけではなく感性、感情、個性があり、
経済だけではなく精神でも生きていることを無視した。
 
マルクスは人間とは階級によって規定されるとして、
一人ひとりの個性や自由を認めなかった。
 
■リベラル理性主義はその行動力の源泉に
人間を機械的物理的存在に単純化し精鋭化し
革命を誘導したのです。
 
階級や地位や男女や人種などによる差別化は
すべて単純化による問題解決だった。
 
現実の人間には頭(理性)だけではなく、
心(精神・感性・共感)があり、
むしろ心が本来の人間なのです。
 
アベノミクスの経済だけで
政権を論ずることは危険です。
 
世界における新しい秩序に貢献する
日本のマネジメントを安倍政権に期待したい。
 
 
3.収益構造とコスト構造
 
■赤字の会社を黒字にする処方箋を書くには
先ずどこに赤字の原因があるか
診断しなければなりません。
 
 
最初に診るところは
収益構造とコスト構造です。
 
収益構造とは
売上を100%として
原価と一般管理販売費と利益がどんな比率か診る。
 
コスト構造は
原価と一般管理販売費を細分化して見る。
 
費目別に診る。
製品別に診る。
部門別に診る。
 
過去と比較する。
製品間で比較する。
競争相手と比較する。
 
■原価50%+一般管理販売費40%+営業利益10%
=売上100%
 
と原価55%+一般管理販売費40%+営業利益5%
=売上100%
 
を比較すると後者は原価が利益を圧迫していると診る。
 
細分化して
原価を材料部品購買費、減価償却費、人件費で見る。
 
一般管理販売費を
本社、支店、研究開発、営業管理別に
売上と対比して見る。
 
■日産は購買費が60%と最も高い分野にメスを入れて
原価率を下げた。
 
赤字を黒字に変えたコマツは
原価率が競争相手に比べて劣っていなくて
一般管理販売費比率が6%劣っていた分
営業利益が6%劣っていると診断して
改革した。
 
■収益構造とコスト構造を診断すると
会社の戦略が見えてくる。
 
新製品への取り組み
購買戦略、製造戦略、販売戦略が
収益構造やコスト構造に影響する。
 
何を廃棄して何を成すか。
 
プロジェクトを定義しなければなりません。
 
 
●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。
 
imaoka@bizdyn.jp
 
今岡善次郎
 
 
■■■2013年春期第6回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■
 
 
テーマ1 「東西の賢人から創造的発想法を学ぶ」
テーマ2 「時間・統合・流れの三位一体の実践知」
 
○事例研究
 
江戸時代の日本のビジネススクール「心学塾」を開講した
石田梅岩の商人道、
 
石田梅岩の影響を受けている、
「売り手よし買い手よし世間よし」の「三方よし」の
近江商法、
 
近江商法と二宮尊徳の思想の影響を受けて
モノづくり日本のマネジメントを世界に広めた
トヨタ自動車について研究します。
 
 
○目的と概要
 
テーマ1 「東西の賢人から創造的発想法を学ぶ」
 
 
創造的発想、イノベーションの方法論を紹介します。
 
西洋ではソクラテス・アリストテレス・ヘーゲルの弁証法
 
東洋では中江藤樹の陽明学、梅棹忠夫の知的生産の技術、
川喜多二郎のW型発想法、野中郁次郎の知識創造SECIモデル
 
彼ら賢人の知の共通点を抽出し
エッセンスを分かり易く図解します。
 
 
テーマ2 「時間・統合・流れの三位一体の実践知」
 
「成果を上げるものは仕事からではなく時間から始める」
(ドラッカー)
 
実践は時間活用の段取りが決め手です。
 
専門スキルを統合し、流れを作る。
 
いよいよ僕のホームグラウンド
 
 
facebookで様子紹介
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
 
東京都中野区 新中野
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
 
●麻婆豆腐に
野菜たっぷりの肉に魚介類の焼肉、
ビールに焼酎で交流会行います。
 
スポット参加大歓迎!
 
フルコース終了者は半額2,000円で
毎回誰か参加しています。
 
 
 
お申込み頂いた方もいますが、
スポット参加大歓迎です。
 
imaoka@bizdyn.jpにメールして下さい。
 
場所、アクセス、時間、料金はチラシをご覧ください。
 
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
 
 
■■■■■寄付金のお願い■■■■
 
メルマガ初刊から間もなく5年になります。
 
3年経過して寄付金制度導入しました。
 
何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。
 
又これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。
 
金額やお名義は問いません。
 
請求や領収書など入金管理はしません。
 
一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。
 
年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。
 
寄付金(お布施)箱(口座)
 
三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン
 
 
■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=bk02&m=ce7j
 
バックナンバー
http://backnum.combzmail.jp/?t=tn38&b=nm23&m=ce7j
 
 
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
多摩大学大学院客員教授
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 
 

東西の歴史的賢人から学ぶ

2013年6月11日 10:19

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第261回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。
 
寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
 
「東西の歴史的賢人から学ぶ」
 
 
●6月8日9日千葉県勝浦のリゾート施設で
温泉と、太平洋オーシャンビューと、朝市と、
そして名物タンタン麺を味わいました。
 
妻の在宅介護時代に
安上がりのドライブ旅行に買った会員権は
もう、妻を病院から連れ出しての
家族旅行は無理になりました。
 
そこで何人かの
若年性認知症家族会会員を誘いました。
 
アルツハイマーの奥様と一緒に参加した
男性会員も在宅介護のストレス解消にと
喜んでくれました。
 
 
●突然襲う悲劇の病、
受け入れたくない現実を受け入れて
どのように生きていくか
考えざるをえません。
 
世界経済も企業経営も
国家財政破綻という突然襲う悲劇がいつ来るか
分からない。
 
現実を受け入れて成すべきこと(戦略)を
どう決めるか?
 
成すべきことを
どう実践するか?
 
人生のマネジメントも
組織のマネジメントも方法論は同じです。
 
東西の歴史的賢人から学べます。
 
来週のカフェ「ドラッカ―マネジメント塾」
は戦略と実践がテーマです。
 
 
■■■2013年春期第6回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■
 
 
テーマ1 「東西の賢人から創造的発想法を学ぶ」
テーマ2 「時間・統合・流れの三位一体の実践知」
 
○事例研究
 
江戸時代ビジネススクール「心学塾」を開講した
石田梅岩の商人道、
「売り手よし買い手よし世間よし」の「三方よし」の
近江商法、
近江商法と二宮尊徳の思想の影響を受けて
モノづくり日本のマネジメントを世界に広めた
トヨタ自動車について研究します。
 
 
 
○目的と概要
 
テーマ1 「東西の賢人から創造的発想法を学ぶ」
 
第5回の「孫子の兵法」と
「ドラッカーのマネジメント戦略」に引き続き
創造的発想、イノベーションの方法論を紹介します。
 
西洋ではソクラテス・アリストテレス・ヘーゲルの弁証法
 
東洋では中江藤樹の陽明学、梅棹忠夫の知的生産の技術、
川喜多二郎のW型発想法、野中郁次郎の知識創造SECIモデル
 
彼ら賢人の知のエッセンスを分かり易く図解します。
 
 
テーマ2 「時間・統合・流れの三位一体の実践知」
 
「成果を上げるものは仕事からではなく時間から始める」
(ドラッカー)
 
実践は時間活用の段取りが決め手です。
 
専門スキルを統合し、流れを作る。
 
いよいよ僕のホームグラウンド
 
 
facebookで様子紹介
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
 
東京都中野区 新中野
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
さて、
本日のテーマ
===================
1. 坐禅
2. 自由を否定する革命家
3. ブランド・アイデンテティ
===================
 
 
1.坐禅
 
 
■日本に曹洞宗(そうとうしゅう)の禅(ぜん)
を伝えた道元は
坐禅を日本に始めて伝えました。
 
坐禅とは両足を組んで座(すわ)り、
長い呼吸をして心身脱落(しんしんだつらく)
する修業です。
 
■座善は釈尊以前のインドにもあったもので
釈尊も坐禅により悟りを開きました。
 
「只管打坐」(しかんだざ)と言われる修業です。
 
「只管」とは真っ直ぐに背筋を立てることであり、
「打座」とはただ座ること。
 
まっすぐに背筋を伸ばしてすわり、
1分間に2~3回にゆっくり呼吸する。
 
吸うよい吐く時間を長くする。
 
 
■感情のままに流れる自我から
自分の奥底にある本質的な自己に到る修業です。
 
本質的な自己とは
U理論で有名なオットー・シャ―マーが
オ―センテック・セルフと呼んだ
個人的な小さな自分ではなく、
大きな存在とつながった自分だと言います。
 
深いところで自己に到ることで
自分が何者かに生かされていると認識する。
 
 
■目の前の現象や人の言動に振り回されることなく
本来の自由な自分を自覚することです。
 
孤立した自分ではなく、
組織や社会のなかでつながった
より大きな生命の一部になる。
 
坐禅とは
そんな感覚を得る修業なのです。
 
 
2.自由を否定する革命家
 
 
■ヒトラーを生んだ社会の病因を
ドラッカーが分析したとき、
自由を否定して社会主義革命に火を点けた思想家
はルソーだとしました。
 
ルソーは絶対理性を信奉しながら
政治的に無能な理性主義を否定したというのです。
 
 
■ルソーが非合理的な絶対主義に身をと投じたことによって
啓蒙思想の理念は政治的に力を持った。
 
難しいですね。
 
絶対理性を信じながら理性を否定したという
ドラッカーの説明は「禅問答」のようですね。
 
■ルソーは
「人間を衝動と感情によって行動する政治的な存在」
と見た。
 
理性主義は理想主義となって
すばらしい社会を語るけれども
現実的ではない。
 
現実の人間は感情的衝動的で動物的でもある。
 
■企業のマネジメントも社会のマネジメントも
論理的、理性的に戦略が組み立てられても
そこに精神的な動機がなけれ
意味はない。
 
 
戦略がどんなに理性的論理的でも
自由を拘束する力で組織を動かすのは危険であり
実行段階で問題が生じるのです。
 
大東亜共栄圏を強制する国家も
強制的な労働者のストライキ動員する労働組合も
現場の実体を無視する企業家も
 
自由を否定する革命家は
短期にすざましい成果を上げても
持続可能ではないのです。
 
 
 
3.ブランド・アイデンテティ
 
■日産のクロスファンクショナルチームが
立ち上げたプロジェクトの中核には
当然多くの新車開発があった。
 
次に重要なテーマが
ブランドアイデンテテイを明確にする
ことだったそうです。
 
「技術の日産」と言って
安売りをしていた状況を打開しようとした。
 
 
■営業マンは顧客の要求に弱い。
 
どんな市場でもどんな顧客でも
値段に対して人は敏感であるが
値段は買う動機の一部でしかない。
 
 
■ゴーンCEOがリバイバルで日産に入ったとき、
「技術の日産」でありながら米国、日本、欧州ともに
競合より値引きして売っていた。
 
日本でも競争相手に比べて平均4万円安く売っていた。
 
どうすれば値引きしなくても売れるのか。
 
技術でも値段でもなく
製品力や会社への信頼など総合力で
この会社の、この製品を買いたいと思わせるもの、
それがブランドの力だと。
 
 
■技術やデザインはよくても
バラバラになって統一性の無い車名などは
会社の信頼性を落とします。
 
ブランドの再編成することで
会社の意思と信頼性を取り戻す。
 
それがブランドアイデンテテイをつくる
プロジェクトだったのです。
 
 
●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。
 
imaoka@bizdyn.jp
 
今岡善次郎
 
 
■■■2013年春期第6回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■
 
 
テーマ1 「東西の賢人から創造的発想法を学ぶ」
テーマ2 「時間・統合・流れの三位一体の実践知」
 
○事例研究
 
江戸時代の日本のビジネススクール「心学塾」を開講した
石田梅岩の商人道、
 
石田梅岩の影響を受けている、
「売り手よし買い手よし世間よし」の「三方よし」の
近江商法、
 
近江商法と二宮尊徳の思想の影響を受けて
モノづくり日本のマネジメントを世界に広めた
トヨタ自動車について研究します。
 
 
○目的と概要
 
テーマ1 「東西の賢人から創造的発想法を学ぶ」
 
第5回の「孫子の兵法」と
「ドラッカーのマネジメント戦略」に引き続き
創造的発想、イノベーションの方法論を紹介します。
 
西洋ではソクラテス・アリストテレス・ヘーゲルの弁証法
 
東洋では中江藤樹の陽明学、梅棹忠夫の知的生産の技術、
川喜多二郎のW型発想法、野中郁次郎の知識創造SECIモデル
 
彼ら賢人の知のエッセンスを分かり易く図解します。
 
 
テーマ2 「時間・統合・流れの三位一体の実践知」
 
「成果を上げるものは仕事からではなく時間から始める」
(ドラッカー)
 
実践は時間活用の段取りが決め手です。
 
専門スキルを統合し、流れを作る。
 
いよいよ僕のホームグラウンド
 
 
facebookで様子紹介
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
 
東京都中野区 新中野
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
 
●麻婆豆腐に
野菜たっぷりの肉に魚介類の焼肉、
ビールに焼酎で交流会行います。
 
スポット参加大歓迎!
 
フルコース終了者は半額2,000円で
毎回誰か参加しています。
 
 
 
お申込み頂いた方もいますが、
スポット参加大歓迎です。
 
imaoka@bizdyn.jpにメールして下さい。
 
場所、アクセス、時間、料金はチラシをご覧ください。
 
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
 
 
■■■■■寄付金のお願い■■■■
 
メルマガ初刊から間もなく5年になります。
 
3年経過して寄付金制度導入しました。
 
何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。
 
又これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。
 
金額やお名義は問いません。
 
請求や領収書など入金管理はしません。
 
一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。
 
年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。
 
寄付金(お布施)箱(口座)
 
三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン
 
 
■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=bk02&m=ce7j
 
バックナンバー
http://backnum.combzmail.jp/?t=tn38&b=nm23&m=ce7j
 
 
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
多摩大学大学院客員教授
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 
 

義の復活の時代へ

2013年6月 3日 10:12

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第260回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。
 
寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
 
「義の復活の時代へ」
 
 
●6月2日の午後
アフリカ開発会議が開かれている横浜の
中華街の老舗 萬珍楼で家族が集まりました。
 
海外プラント建設現場の仕事から一時帰国した
次女の婿の父と母を入れて
 
長女夫婦、二人の孫のいる長男家族、次女夫婦
計11人で円卓を囲みました。
 
●ここに妻がいない寂しさは
心の内に秘めて
楽しい時間を過ごしました。
 
妻が元気な頃の5人の家族が
今、それぞれの家族に分かれたが
日常会わない大きな家族、
新たな親族が誕生ている。
 
 
家族や親族、そして
会社や、地域社会、難病家族会など
人と人は繋がりあうことで癒される社会を
作るのです。
 
 
●かって「義」という言葉が人と人の繋がりの
大切さから来ているのに
条件反射的に「戦争」や「やくざ」を連想する
刷りこみから脱しなくてはならないと思います。
 
 
根本は家族愛なのです。
 
 
■■■2013年春期第5回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■
 
個に重きをおいた分裂と戦いの時代から
人と人の関係を根源とする使命で「義」を復活し、
己を知り敵を知る賢い生き方で「統合」の時代へ!
 
 
平日コース 6月6日木曜日18:30~
 
FBでのご案内
http://www.facebook.com/events/464704520273277/
 
 
(週末コース 6月1日土曜日終了しました)
 
 
週末コース 6月1日土曜日
盛況の内に無事終了しました。
http://www.facebook.com/events/464704520273277/
 
 
テーマ1 「人と人の関係を根源とする使命」
テーマ2 「成すべき戦略はどう立てるか」
 
○事例研究
 
ユニクロで世界展開しているファーストリテイリングの
理念と戦略を事例に取り上げます。
 
製造小売統合でグローバルな統一コンセプトは
そのビジョンや理念があって初めて戦略が活きる。
 
創業者の柳井さんはドラッカー信奉者として有名です。
 
創業者の強烈な個性と理念で離れていく社員
ビジョンの共感している猛烈社員もいる。
 
これをどう捉えるか?
 
皆が議論しました。
 
 
○目的と概要
 
テーマ1 「人と人の関係を根源とする使命」
 
組織内部も外部も政治社会も
なぜシステムの分断・断絶が進み崩壊に向かうのか?
 
どのようなリーダーシップが
システムを持続可能にするか?
 
持続するエコシステムを論じる
ドラッカー、ピーターセンゲ、アーヴィン・ラズロの思想を
紹介します。
 
 
テーマ2「成すべき戦略をどう立てるか」
 
「彼を知り己を知れば百戦危うからず」
 
「勝兵は先ず勝ちて而る後戦いを求め
敗兵は先ず戦いて而る後勝ちを求める」
 
の孫子から始めてドラッカーを紹介します。
 
 
東京都中野区 新中野
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
さて、
本日のテーマ
===================
1. 命令によらず目覚める
2. 一つの正義の危険
3. クロス・ファンクショナル・チーム
===================
 
 
1.命令によらず目覚める
 
 
■道元の仏教修業が禅でした。
 
典座(てんざ)という炊事役の仕事も
修業だった。
 
「誰かのために」は
ドラッカーの「顧客のために」と同じで
食事を作ることは尊い行為だと考える。
 
禅の修行とは炊事や掃除を含む
「働く」ことで
必ず「誰かのため」の仕事なのです
 
■曹洞宗(そうとうしゅう)禅を日本に伝えた
道元は
「典座教訓」(てんざきょうくん)」という
名著を残しました。
 
 
料理本が宗教書なのです。
 
現代なら「モノ作りの生産マネジメント」の
本が経営哲学や生き方を解説するのと
同じです。
 
二宮尊徳から松下幸之助氏や稲盛和夫に到るまで
優れた日本的経営者にはマネジメントに哲学が
あります。
 
 
■道元の「典座教訓」(てんざきょうくん)」には
 
「ひと粒の米も粗末にしてはいけない」と
命令で書かれてはいない。
 
「ひと粒の米も粗末にしたくてもできない真理に
目覚めよ」と問いているそうです。
 
人への不満や怒りを抑えろという教えではなく
人への感謝が自然にできる人間になる心の修業、
マインドセットを埋め込むことを説いているのです。
 
心から心へ伝わるいのちの触れあいを
体得するのが禅の修業なのだそうです。
 
インドから中国へ、中国から日本へ伝わって
日本化されたか、強化されたか
分かりませんが。
 
現代日本は表向き西洋の合理的思想文化が
建前となっていますが、
底流には禅の思想が流れていると思います。
 
 
■「雑巾がけから始めよ」
「現場現物現実の3現主義」
「おもてなしのこころ」
 
など日本的経営の原点に「禅」の心が
あるかもしれません。
 
 
マネジメントは文化の中に存在しています。
 
日本人は先人の知を取り戻さなければなりません。
 
 
2.一つの正義の危険
 
 
■よりよい社会実現への反面教師として
なぜヒットラーが台頭したのかの考察に
ドラッカーの哲学の原点があります。
 
ファシズム全体主義が生まれた背景を
考えなければならない。
 
ドイツの国民性やヒトラーの人間性のみを追求する
単純化はできません。
 
■ドラッカーの考察によると
根本的な要因は西洋の理性主義に行きつくという。
 
理性主義はどんなすばらしいことを言っても
政治的に意味ある行動は生まれない。
 
理性は政治的不妊症であると前回言いました。
 
一つだけ政治的意味を見出し
実践するとすれば
「一つの正義」への信奉であり、
ファシズム全体主義への道しかないと言う。
 
■理性主義から生まれる
「一つの正義」を実現するためには政治的不毛から
脱しなければならない。
 
政治的不毛から脱するためにファシズム全体主義への
道を開いた思想家がいた。
 
その思想家とはルソーだたっと
ドラッカーは言います。
 
ルソーは理性による分析を拒否した。
 
一方で
「一般意思」という一つの正義は存在すると
信じました。
 
「一つの正義」を実現するために
個人の自由や理性は認めなかったと言う。
 
それがファシズムにつながった。
 
 
■「一つの正義」を
トップリーダーの判断に置き換えると
カリスマ経営者の危険を意味します。
 
今で言う
「ダイバーシテイ」(多様性)が
優れた一人の戦略家に勝るのです。
 
 
誰がリーダーかはっきりしないと
批判される
日本的経営にヒントがあるかもしれません。
 
 
 
3.クロス・ファンクショナル・チーム
 
■カルロスゴーンが
日産のリバイバルプランで最初にやった仕掛けは
再建プロジェクトの立上げだった。
 
事業部や国の境界を越えて
200人の社員が
9つのクロスファンクショナル(部門横断)の
チームを編成した。
 
 
■200人の組織横断チームメンバーを核に
数百人の参加者が
2000以上のアイデアを出した。
 
そのうちの
400の提案がエグゼクティブコミッテイで
検討された。
 
 
最終的に
32のプロジェクトが立ち上がった。
 
 
■一番重要なのが
新車開発プロジェクトだった。
 
北米でのフェアレデイZ
日本での新型マーチ、キューブ
欧州でアルメ―ラ、プリメーラ
 
それぞれのの市場向けに
改めて開発プロジェクトが立ち上がった。
 
 
そして何よりも
価格競争に巻き込まれないブランド戦略立案の
プロジェクトがあった。
 
■大企業になるほど
細切れの縦割り組織で顧客が見えなくなっている。
 
クロスファンクショナルチームは
社員にマネジメント意識を植えつけたと言えるかもしれない。
 
皆が顧客を知り、
組織内の他の部門を知る。
 
そして日産は復活したのです。
 
 
●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。
 
imaoka@bizdyn.jp
 
今岡善次郎
 
 
フェースブック始めました
 
http://www.facebook.com/zenjiro.imaoka
 
友達募集!
 
申請して下さい。
 
 
ドラッカーマネジメント塾グループ
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
塾生募集中(友達募集中)
 
■■■2013年春期第5回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■
 
FBでのご案内
http://www.facebook.com/events/464704520273277/
 
テーマ1 「人と人の関係を根源とする使命」
テーマ2 「成すべき戦略はどう立てるか」
 
 
週末コース 6月1日土曜日終了
 
平日コース 6月6日木曜日18:30~
 
 
○事例研究
 
ユニクロで世界展開しているファーストリテイリングの
理念と戦略を事例に取り上げます。
 
製造小売統合でグローバルな統一コンセプトは
そのビジョンや理念があって初めて戦略が活きる。
 
創業者の柳井さんはドラッカー信奉者として有名です。
 
 
○目的と概要
 
テーマ1 「人と人の関係を根源とする使命」
 
組織内部も外部も政治社会も
なぜシステムの分断・断絶が進み崩壊に向かうのか?
 
どのようなリーダーシップが
システムを持続可能にするか?
 
持続するエコシステムを論じる
ドラッカー、ピーターセンゲ、アーヴィン・ラズロの思想を
紹介します。
 
 
テーマ2「成すべき戦略をどう立てるか」
 
「彼を知り己を知れば百戦危うからず」
 
「勝兵は先ず勝ちて而る後戦いを求め
敗兵は先ず戦いて而る後勝ちを求める」
 
の孫子から始めてドラッカーを紹介します。
 
 
東京都中野区 新中野
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
 
5月4日第3回カフェ塾の様子を
facebookでご覧ください。
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
 
●麻婆豆腐に
野菜たっぷりの肉に魚介類の焼肉、
ビールに焼酎で交流会行います。
 
スポット参加大歓迎!
 
フルコース終了者は半額2,000円で
毎回誰か参加しています。
 
 
 
お申込み頂いた方もいますが、
スポット参加大歓迎です。
 
imaoka@bizdyn.jpにメールして下さい。
 
場所、アクセス、時間、料金はチラシをご覧ください。
 
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
 
 
■■■■■寄付金のお願い■■■■
 
メルマガ初刊から間もなく5年になります。
 
3年経過して寄付金制度導入しました。
 
何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。
 
又これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。
 
金額やお名義は問いません。
 
請求や領収書など入金管理はしません。
 
一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。
 
年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。
 
寄付金(お布施)箱(口座)
 
三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン
 
 
■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=bk02&m=ce7j
 
バックナンバー
http://backnum.combzmail.jp/?t=tn38&b=nm23&m=ce7j
 
 
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
多摩大学大学院客員教授
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 
 

愛語よく回天の力あり

2013年6月 3日 10:09

 ◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆

                   第257回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。
 
寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
 
『愛語よく回天の力あり』 
 
●12日夜のNHKスペシャル「メイドインジャパン」
経産省の役人が言っていたことが気になりました。
 
政府による日本の半導体政策など
かって日本の製造業が世界制覇した時代に
特定業種をターゲットにした政策は米国から
攻撃にあって政策が実行できなかったと。
 
米国を怒らせないように気を使った。
 
米国の交渉担当者は日本のやり方は正当だが
立場上日本を叩いたとインタビューで答えました。
 
 
●中国も韓国も、そして米国も
日本の歴史認識を持ち出して
日本叩きが再燃しました。
 
アベノミックスで日本が復活すると
やがて日本たたきは激しくなる。
 
明治以降も東洋の小国が目立つと
挑発されて叩かれてきました。
 
かっての明治以降の日本人のように挑発にのって
軍事力に訴えてはいけません。
 
核の時代に軍事力は意味を持たない。
 
日本をどうマネジメントすればいいか。
 
これは政府や政治家だけの問題ではありません。
 
政府だけではなく、一人ひとりの日本人が
陰徳を積むことが最も安全な日本を作る。
 
ドラッカーが好きだった
明治以前の日本人が理想とするマネジメントです。
 
目立たないがすでに多くの日本人が
活躍しています。
 
前回、モノづくりにおいて
20カ国以上の国に教育訓練して陰徳を積んだ
鈴木甫さんを紹介しました。
 
 
●今回は
 
医療の世界、健康管理の分野で陰徳を積んでいる
女医 名知仁子さんを紹介します。。
 
・平成25年5月24日 金 スルガ銀行主催
講演「これが私の生きる道 ミャンマーに医療と希望を
本人女医名知仁子の挑戦~」
http://www.d-laboweb.jp/event/130524.html
 
・平成 25年 5月27日 月曜日
19:00~20:00 (内 60分 )
山桜クラブ
鎌倉芸術館 第一集会室 電話0467-24-3700
〒鎌倉市大船6-1-2
 連絡先 : 神奈川倫理法人会
(榎本千華子)
enomoto@rinnri-kanagawa.com
 
 
NPO法人) ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会
代表 名知 仁子 (医師・気功師)
当団体は 「内閣府 地域社会雇用創造事業」
の一環としてグランドワークス三島が実地する
「グラウンドワークインキュベーション」の支援を受けています。
116-0012 東京都荒川区東尾久8-41-23
E-mail : myanmarfcg.info@gmail.com
HP : http://myanmar-clinic.jimdo.com/
ブログ : http://ameblo.jp/myanmarfcg/
【名知仁子の活動を紹介した動画はコチラ】
(5 min version)
http://www.youtube.com/watch?v=w82pzzvow_o&list=UUNpwl9ufPLRaLiaW0i4L4Kg&index=2&feature=plcp
 
 
●名知さんも鈴木さんも
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」の塾生です。
 
ドラッカーは知らないが
生き方や思想に共感する人、
 
すでに実践している人も
実践することは困難だけど関心ある人も、
 
人生経験これからの20才代から70歳代まで
聞きたい人も話したい人も集います。
 
 
 
■■■2013年春期第4回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■
 
5月11日土曜コース終了しました。
 
次回は平日コース5月30日木曜です。
 
18:30開始です。
 
 
●テーマは以下の二つです。
 
テーマ1 「精神 戦略 実践の三位一体の自律人材」
テーマ2 「精神の領域 人と人とのつながり」
 
 
ドラッカーに入る前に事例として
赤字から一転収益性を業界世界一を実現した
株式会社小松製作所 取締役会長 坂根 正弘 氏の
インタビュー記録からから
学びましょう!
 
身体の一部が壊れた時
切り離さないと命が危なくなる。
 
介護ストレスでで共倒れになる場合は
施設に預けて介護者と要介護者を切り離す。
 
企業組織も一部を切ることで
身体が助かることもあります。
 
詳しくは最後をご覧ください。
 
さて、
本日のテーマ
===================
1. 愛語よく回天の力あり
2. 悪を無くすことだけが良いことか
3. 一人ひとりの意欲から
===================
 
1.愛語よく回天の力あり
 
 
■道元禅師は、禅の一つ、曹洞禅(そうとうぜん)
を日本に伝えた高僧です。
 
 
道元が最も伝えたかったことは
現代語で言えば、
 
「人から人へ、心から心へ伝わる
命の言葉がある」と言うのです。
 
 
■仏道を学ぶことは
自分を学ぶことである。
 
自分を学ぶことは自己を忘れることである。
 
 
自己を忘れることは
無我になることである。
 
無我になると
人と人は対立しないで統合される。
 
世界が一つになるビジョンを描くことが
仏道の目的であると。
 
■「愛語よく回天の力あることを学ぶべきなり」
という道元の言葉があります。
 
回天とは人の人生を大きく転換することです。
 
 
回天の力ある愛語とは
その人の人生が大きく転換するような
「慈悲の言葉」だと松原泰道師は言います。
 
 
■仏教にも儒教にも、日本古来の神道にも
そしてドラッカーの言葉にも
 
回天の力に相当する愛語がたくさんあります。
 
 
先人の「愛語の知」の連鎖の繋ぎ目として
メルマガやカフェ塾を続けます。
 
 
 
2.悪を無くすことだけが良いことか
 
 
■ドラッカーの理性万能主義批判は
現代の人間社会にも当てはまります。
 
理性主義者は不正、迷妄、偏見
に対する敵意だけが行動の動機だと批判します。
 
人間の不正や悪を罰則や刑で社会が
巧くマネジメントできるのか。
 
■理性万能主義者は
貴族の特権、宗教的偏狭性を
完全無欠名法体系と国家による司法の支配によって
排除する。
 
結果は特権的中央官僚政治を強化し、
地方の自治を破壊した。
 
宗教の世界から自律力と道義的権威を奪った。
 
日本も明治以降の西洋の理性主義によって
中央集権になって富国強兵の近代化を目指した。
 
西洋ではキリスト教の権威が
日本では江戸時代の主流だった
儒教、仏教、神道の人間学の権威が
奪われた。
 
 
■ドラッカーは言います。
 
理性主義は悪を葬り去ることは出来ても
新しいシステムを作らない。
 
批判し破壊することだけが仕事であると考える。
 
よりよいものを作り上げることこそ
破壊に意味がある。
 
野党時代に切れ味鋭かった民主党が与党になって
混乱以外に何も生まなかった。
 
新しい国家のコンセプトは何も作らなかった。
 
■西洋の理性、主客二元論の思想は
悪を抹殺すれば良い社会になるというものです。
 
東洋の主客統一の思想は
親鸞の「煩悩具足の仏道」のごとく、
悪と善を共存ささる。
 
ドラッカーは自律性と道義性を奪う理性ではなく、
人間社会の建設的な思想を生む
自律性、自由、市民性がより重要なのだと
説いたのです。
 
 
 
3.一人ひとりの意欲から
 
■日産のカルロスゴーンCEOが
アベノミックスで再び日本が世界の中心に戻った
と言いました。
 
 
以前のカルロスゴーン氏は
短期的収益改善のためにコミットメントという、
成果主義を主張し、
いかにも外資系経営者という印象が持たれました。
 
■その反省からトヨタウエイに習ってか、
ニッサンウエイという理念を発表しました。
 
日産のホームページには
カルロスゴーンCEOの言葉として
「すべては一人ひとりの意欲から始まる」
との言葉が述べられています。
 
上からの目標の押し付けではなく、
一人ひとりの意欲から目標を持つということ
でしょう。
 
■ジム・コリンズの「ビジョナリ―カンパニー」
シリーズの中の
「飛躍の法則」(Good To Great)に
普通の会社が優れた会社になる共通の法則が
抽出されています。
 
一人ひとりが
「自由と責任」に基づいて
規律を持って仕事をすることが
優れた会社の条件であると。
 
目標が上から与えられるのではなく
指揮命令で管理されるのではなく
一人ひとりの意欲によって行動することが
優良企業の条件であると。
 
 
■コミットメント(成果主義)は上からの目標を
一人ひとりが約束するようなイメージがありました。
 
「自由と責任」に基づく規律は
自己管理でなくてはなりません。
 
一人ひとりの意欲を大事にするマネジメントは
ドラッカー思想と同じです。
 
 
 
●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。
 
imaoka@bizdyn.jp
 
今岡善次郎
 
 
フェースブック始めました
 
http://www.facebook.com/zenjiro.imaoka
 
友達募集!
 
申請して下さい。
 
 
ドラッカーマネジメント塾グループ
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
塾生募集中(友達募集中)
 
 
■■■2013年春期第4回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■
 
テーマ1 「精神 戦略 実践の三位一体の自律人材」
テーマ2 「精神の領域 人と人とのつながり」
 
 
5月11日土曜コース終了しました。
 
次回は平日コース5月30日木曜です。
 
18:30開始です。
 
 
●テーマは以下の二つです。
 
テーマ1 「精神 戦略 実践の三位一体の自律人材」
テーマ2 「精神の領域 人と人とのつながり」
 
 
ドラッカーに入る前に事例として
赤字から一転収益性を業界世界一を実現した
株式会社小松製作所 取締役会長 坂根 正弘 氏の
インタビュー記録からから
学びましょう!
 
身体の一部が壊れた時
切り離さないと命が危なくなる。
 
介護ストレスでで共倒れになる場合は
施設に預けて介護者と要介護者を切り離す。
 
企業組織も一部を切ることで
身体が助かることもあります。
 
 
5月4日第3回カフェ塾の様子を
facebookでご覧ください。
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
 
 
●概要と目的
 
 
・テーマ1「精神 戦略 実践の三位一体の自律人材」
 
 
儒教のマネジメントの原理は「修める(治める)」
事にあります。
 
そこには
「修身・斉家・治国・平天下」には共通する原則がある。
すなわち個人の生き方マネジメント、
家族や組織のマネジメント、
国や社会のマネジメントは
「知・仁・勇」の三位一体の人間力が必要とされるという
ものです。
 
個人も組織も社会の
それぞれ自律する小宇宙の生命です。
 
俯瞰的マネジメントのドラッカーを
三位一体の構造で紹介します。
 
 
 
・テーマ2「精神の領域 人と人とのつながり」
 
三位一体の内の精神の領域の基本は
人と人の繋がりです。
 
理性と身体を
根源的に統一しているのは
感性である
(「感性論哲学」芳村思風)
 
感性を精神、理性を戦略、身体を
ロジスティクス実践と捉えると
芳村思風先生の感性論哲学も三位一体の
フレームワークを強化する哲学です。
 
 
 
●麻婆豆腐に
野菜たっぷりの肉に魚介類の焼肉、
ビールに焼酎で交流会行います。
 
スポット参加大歓迎!
 
フルコース終了者は半額2,000円で
毎回誰か参加しています。
 
 
 
詳しくは最後のチラシのURL
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
ご覧ください。
 
 
お申込み頂いた方もいますが、
スポット参加大歓迎です。
 
imaoka@bizdyn.jpにメールして下さい。
 
場所、アクセス、時間、料金はチラシをご覧ください。
 
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
 
 
■■■■■寄付金のお願い■■■■
 
メルマガ初刊から4年半経過しました。
 
経費ご負担の寄付金制度導入して2年になります。
 
何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。
 
又これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。
 
金額やお名義は問いません。
 
請求や領収書など入金管理はしません。
 
一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。
 
年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。
 
寄付金(お布施)箱(口座)
 
 
 
 
■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=bk02&m=ce7j
 
バックナンバー
http://backnum.combzmail.jp/?t=tn38&b=nm23&m=ce7j
 
 
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
多摩大学大学院客員教授
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 
 
 
 

仕事の哲学

2013年6月 3日 10:06

 ◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆

                   第256回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。
 
寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
 
『仕事の哲学』 
 
ドラッカーの本質はどう生きるか
どう仕事をするかの問いに答える姿勢にあります。
 
5月2日と4日
カフェ「ドラッカ―マネジメント塾」は
多様な参加者で盛り上がりました。
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
●5月2日木曜日の
カフェ「ドラッカ―マネジメント塾」では
日本の大学で経営学を学んでいる中国人女学生が
初めて参加しました。
 
マネジメントにおける国民性の違いなど
塾参加者の中で中国人と仕事した経験など
グローバルなマネジメント論に話が及びました。
 
 
●4日土曜日のカフェ塾では
現場改善と海外20カ国の製造現場の教育訓練で
多くのプロジェクトXを成功させた鈴木甫さんに
2回目参加して下さいました。
 
ドラッカーマネジメントのカフェ塾でのお話を伺うと
鈴木さんの実体験は、
僕の仕事観、マネジメント観と共感するもの
があります。
 
かって強かった日本のモノづくりの精神が衰えていることを
危惧しながらも、
日本人と欧米、アジア、中東など文化の違いを理解して、
これからの日本の産業とグローバルな国際貢献を
どうすべきかという義務感から活動されています。
 
●2日間での参加者にはIT業界で活躍されている方、
野球用具のネット販売会社の社長、
公認会計士、
大手卸業の経営者、カメラ業界、ガス業界、精密機器業界、
医薬品業界、
そして福祉業界とそれぞれ異分野の
ドラッカーを繋ぎにして
異業種交流会のようでした。
 
 
ドラッカーと代表的日本人の話の後では
どんな仕事でも共通する話題で盛り上がります。
 
どう生きるのか、何のために仕事をするか、
利益とは何か
仕事の哲学があってはじめて
強い仕事への熱意が生まれる。
 
●皆さん自分の体験と知識で話しが多方面に展開しました。
ドラッカー、欧米人のマネジメント、
二宮尊徳、永平寺のマネジメント、中東のイスラエル人、
レバノン人、スメール文明と日本の関係、韓国経済、ガイヤの法則、
過剰在庫と欠品のSCM問題、
出世するやつしない奴など、
お酒の勢いで話は多方面に盛り上がりました。
 
午後3時から講義始めて関係のある話題が次々飛び出しましたが、
ドラッカー哲学に沿った話題で気持ちの良い交流でした。
 
●気がついたら午後10時になっており、
塾長の私の方から終了の宣言をして
7時間のカフェ塾は、
あっという間に経過しました。
 
参加者の堀越さんがブログに報告してくれました。
 
http://ameblo.jp/synchronicity-cycle/entry-11524108102.html
 
 
 
 
 
●テーマは以下の二つです。
 
テーマ1 「精神 戦略 実践の三位一体の自律人材」
テーマ2 「精神の領域 人と人とのつながり」
 
 
ドラッカーに入る前に事例として
赤字から一転収益性を業界世界一を実現した
株式会社小松製作所 取締役会長 坂根 正弘 氏の
インタビュー記録からから
学びましょう!
 
日本的「正義」「誠」精神の領域を維持しながら
米国でのマネジメント体験から
欧米人に得意な戦略と
現場現実の実践の三位一体のを組み合わせた
マネジメントの成功事例と言えます。
 
詳しくは最後をご覧ください。
 
 
 
さて、
本日のテーマ
===================
1. 仏教の異端者
2. 2つのリベラリズム
3. ダイバーシテイ(多様性)とイノベーション
===================
 
1.仏教の異端者
 
 
■禅を世界に広めた鈴木大拙師は
「親鸞はもしかしたら釈迦教の異端者ではないか」
と言ったそうです。
 
仏教の経典に書いてあることを
そのまま解釈しないで
自分の考えで言うことが釈尊に忠実であると
親鸞は考えたのではないかと。
 
 
■親鸞は父母の追善供養の念仏を行わなかった。
 
その心は
すべての生命あるものは父母兄弟であると
見なした。
 
父母だけ特別視して念仏するのではない。
 
 
■肉親的な恩愛を超えて
より大きな恩愛に生きるのだと。
 
人間は肉親とのつながりを超えて
あらゆる人々、
大自然の中で生きている。
 
ここの日本的仏教の本質があるように思います。
 
■個人は「孤立」して悟るのではなく
人間として社会の一部として、
自然の一部として
成仏する(悟る)と言うのです。
 
現代でも多くの日本人が知る親鸞は
日本の風土文化の中で仏教を庶民の生き方
マネジメントに貢献したのではないでしょうか。
 
 
2.2つのリベラリズム
 
 
■ドラッカーは「産業人の未来」で
リベラリズムには2つあると
述べています。
 
リベラリズムとは社会の制約からの自由を
主張します。
 
 
■フランス革命などの啓蒙思想や共産主義や絶対主義
につながるリベラリズムは
理性万能主義が元になっています。
 
理性が人間がよって立つ原点であり
自由もそこから作るのだという考え方です。
 
一方理性によらないリベラリズムもある。
 
アメリカのリンカーンに代表されるリベラリズムは
反絶対主義、反理性主義のリベラリズムだという。
 
自由は理性の問題ではないと。
 
 
■人工的な理性で理論武装した自由か、
精神的な心により所をおいた自由か。
 
2つのリベラリズムの違いはキリスト教など宗教を基盤にした
自由か理性万能主義を基盤にしたものかの違いだと
ドラッカ―は言います。
 
■ドラッカーの見解は教条的な理性主義は
リベラリズムの敵だというものです。
 
要は宗教的かどうかより、
東洋的に言えば「徳」「誠」「仁」がある
リベラリズムの方が
理論的なリべラリズムよりも
社会が安定するということだとろうと思います。
 
社会は「頭」よりも「心」なのです。
 
 
 
3.ダイバーシテイ(多様性)とイノベーション
 
■日産の最高意思決定機関である
エグゼクティ―ブコミッテイはダイバーシテイ(多様性)
を意識しているそうです。
 
グローバルな販売、製品企画、財務、生産、研究開発、品質
それぞれの分野のトップメンバーが
月一回集まり重要案件を討議する。
 
 
■CEOのカルロスゴーン氏を核として
構成メンバーの半分は日本人以外の外国人であるという。
 
トップクラスだけではなく、
社員の国籍も国際化している。
 
海外拠点も日本人社員から
現地人社員に切り替えが進んでいる。
 
■ダイバーシテイ(多様性)は人種や国籍だけではない。
 
性別、年齢、教育、キャリア、家族構成、
価値観、経験など多岐にわたって多様な採用を心がけている
という。
 
ダイバーシテイは巧くマネジメントしないと
発散と混乱に陥る危険性があります。
 
異なった考え方意見を受け入れつつ
統合するのはマネジメントです。
 
 
■ダイバーシテイ(多様性)のマネジメントの秘訣は
ビジョン(理念)と使命でしょう。
 
 
日産のビジョンは「人々の生活を豊かに」
 
ダイバーシテイは新しい価値を生み競争力の源泉に
しようとの決意が感じられます。
 
シュンペーターは
イノベーションは異質な組み合わせで
起こると言いました。
 
●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。
 
imaoka@bizdyn.jp
 
今岡善次郎
 
 
フェースブック始めました
 
http://www.facebook.com/zenjiro.imaoka
 
友達募集!
 
申請して下さい。
 
 
ドラッカーマネジメント塾グループ
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
塾生募集中(友達募集中)
 
 
■■■2013年春期第4回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■
 
テーマ1 「精神 戦略 実践の三位一体の自律人材」
テーマ2 「精神の領域 人と人とのつながり」
 
 
ドラッカーに入る前に事例として
赤字から一転収益性を業界世界一を実現した
株式会社小松製作所 取締役会長 坂根 正弘 氏から
学びましょう!
 
日本的「正義」「誠」精神の領域を維持しながら
米国でのマネジメント体験から
欧米人に得意な戦略と
現場現実の実践の三位一体のを組み合わせた
マネジメントの成功事例と言えます。
 
 
 
5月4日第3回カフェ塾の様子を
facebookでご覧ください。
http://www.facebook.com/groups/135509179860708/
 
 
 
 
●概要と目的
 
 
・テーマ1「精神 戦略 実践の三位一体の自律人材」
 
 
儒教のマネジメントの原理は「修める(治める)」
事にあります。
 
そこには
「修身・斉家・治国・平天下」には共通する原則がある。
すなわち個人の生き方マネジメント、
家族や組織のマネジメント、
国や社会のマネジメントは
「知・仁・勇」の三位一体の人間力が必要とされるという
ものです。
 
個人も組織も社会の
それぞれ自律する小宇宙の生命です。
 
俯瞰的マネジメントのドラッカーを
三位一体の構造で紹介します。
 
 
 
・テーマ2「精神の領域 人と人とのつながり」
 
三位一体の内の精神の領域の基本は
人と人の繋がりです。
 
理性と身体を
根源的に統一しているのは
感性である
(「感性論哲学」芳村思風)
 
感性を精神、理性を戦略、身体を
ロジスティクス実践と捉えると
芳村思風先生の感性論哲学も三位一体の
フレームワークを強化する哲学です。
 
 
 
●麻婆豆腐に
野菜たっぷりの肉に魚介類の焼肉、
ビールに焼酎で交流会行います。
 
スポット参加大歓迎!
 
フルコース終了者は半額2,000円で
毎回誰か参加しています。
 
 
 
詳しくは最後のチラシのURL
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
ご覧ください。
 
 
お申込み頂いた方もいますが、
 
コース変更も含めて
 
お名前とコース選択(木曜、又は土曜)し
 
imaoka@bizdyn.jpにメールして下さい。
 
場所、アクセス、時間、料金はチラシをご覧ください。
 
チラシ
http://www.bizdyn.jp/images/community_chirashi201301.pdf
 
 
 
スポット参加大歓迎!
 
 
お申込はお名前とコース選択(木曜、又は土曜)し
imaoka@bizdyn.jp
にメールして下さい。
 
 
■■■■■寄付金のお願い■■■■
 
メルマガ初刊から4年半経過しました。
 
経費ご負担の寄付金制度導入して2年になります。
 
何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。
 
又これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。
 
金額やお名義は問いません。
 
請求や領収書など入金管理はしません。
 
一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。
 
年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。
 
寄付金(お布施)箱(口座)
 
 
 
 
■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=bk02&m=ce7j
 
最近のバックナンバー
http://backnum.combzmail.jp/?t=tn38&b=nm23&m=ce7j
 
2012年11月以前のバックナンバー
http://www.bizdyn.jp/mm_drucker/
 
 
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
多摩大学大学院客員教授
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 
 
 
 
 
photo

最近のブログ記事