P.F・ドラッカーに学ぶ人生・起業・社会設計のすすめ|今岡善次郎のマネジメント・メルマガ

株式会社ビジダイントップページ>>人を幸せにするマネジメント改革

武術と仕事術

2013年1月29日 17:14

 ◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆

                   第242回   

     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 

     

本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

 

寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 

『武術と仕事術』 

  

●1月27日、町田市民ホールで

「日中武術国際友好演武大会」が開催され

僕も高円寺支部の一員として

「悟空の健身術」という気功を演武しました。

 

日本各地の支部集まって気功や太極拳の演武し、

又アメリカ、ロシア、シンガポール等海外の教室から

神道流居合術、抜刀術、長刀術が披露されました。

 

●東洋の武術は現在では

精神と身体に健康維持が目的になっています。

 

武術は知識ではなく習慣となって

健康を作る「修業」です。

 

最高齢87歳の演武者もおり

生き生きとした人生を送っている様子が

伝わりました。

 

仕事も習慣となっていつまでも

最短で成果を上げる「仕事術」が望まれます。

 

仕事術の道場である

■■■2012年秋期

コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」

合計8回終了しました■■■

 

ご参加頂いた方ありがとうございます。

 

2013年春期4月から再開します。

追ってご案内します。

 

週末を入れて

1泊2日の集中コースの提案を頂きました。

 

皆様この案

如何でしょうか?

 

ご意見頂ければ幸いです。

 

さて、

本日のテーマ

===================

1.自分を益すること他人を益すること

2.絶対真理に対して自由はない

3.コミュニテイ意識と耐久力

===================

 

1.自分を益すること他人を益すること

 

■大乗仏教の法華経では

自分への恵みを願う心を否定しないで

それを昇華(しょうか)して

他への恵みを願うことを大切にします。

 

自分のみ念ずる祈祷(きとう)だけでは

人は救われないと考えるのです。

 

■自分の現世利益を願う心は誰にもあります。

 

しかし自分とは孤立した存在ではない。

 

自分は人と人との関係で、個を超えた存在ですから

自分だけが恵まれて幸せになることは

あり得ません。

 

自分の幸せは

自分を含む社会の幸せを願うことで実現する

というのが仏教の真理のようです。

 

■空海は多くの仕事を成功させました。

 

灌漑用の池を掘り、

人々の移動の便利な橋をかけ、道を作り

生活向上のためにプロジェクトを

成功させました。

 

一般の市民が学ぶ学校も作りました。

 

これらの仕事は空海にとって

自分を含む社会の現世利益を実現するために

修業だったのです。

 

■「利益」(りえき)は会計用語ですが

元来仏教の「利益」(りやく)から来ているそうです。

 

自分を益することを功徳(くどく)といい、

他を益することを利益(りやく)と言うのが本来の

意味だそうです。

 

他を益することで自分を益することになり

結局自他の利益は共通していると

考えられるのですね。

 

 

2. 絶対真理に対して自由はない

 

もし完全無欠なトップがいたら

その組織の人々に自由はありません。

 

一人の人間が教祖として完全であれば

他の人々にとっての権利や義務は否定されると

ドラッカーは言います。

 

■「絶対正しい」という教義があれば

懐疑を持つことは許されません。

 

絶対真理に対して自由な意見を言うものは

反逆者と見なされます。

 

■営利企業であれ、非営利の福祉団体であれ

トップが言うことが常に正しいとすれば

みんな従うしかない。

 

自由な意見を言うものは

反逆者か邪心を持つ者か

あるいは

単に愚か者と見なされてしまう。

 

■絶対真理や絶対正義を

組織の構成員に認められたトップは

絶対支配の権利と義務がある。 

 

ナチズムのヒトラー

ソ連のレーニン

中国の毛沢東

 

すべては人類の悲劇に終わりました。

 

しかし他人事ではない。

多かれ少なかれ

成熟していない組織にありがちです。

 

人間誰しも完全無欠はありえないという

前提で社会を作らなければなりません。

 

4.コミュニテイ意識と耐久力

 

■日産のカルロス・ゴーン氏を通して

日本的経営の強さ弱さを見ようとしています。

 

東日本大震災で海外からの日本人評価は

ゴーン氏も言っているように

「コミュニテイ意識」と「耐久力」でした。

 

自分の利益だけで行動しない。

コミュニテイ(社会)の利益を大事にする文化だと。

 

又、一生懸命に

何回でもやろうとする忍耐力を持っている。

 

■確かに日本人から欧米人や中国人を見ると

個人的に優秀な人多いように見えます。

 

しかし、

自己主張が強かったり、割り切りが早かったりして

組織として見ればまとまりが無い。

 

日本人は

「お疲れ様」「頑張って」などと日常的に挨拶し

コミュニテイと忍耐力をお互いに奨励しあう

文化がありますね。

 

歴史的に長い共同体による農耕生活が

影響しているかもしれません。

 

■ゴーン氏はこれを古いとか異質だとしなかった。

 

逆にグローバル企業のダイバーシテイ(多様性)の

特徴として見ていたようです。

 

日本的か欧米的かという二者択一ではなく

二つのDNA(遺伝子)を組み合わせれば良い。

 

異質な遺伝子の交配で種は進化するのです。

 

■優秀だが自己中心の人間が多い組織より

並みの能力だが他を利するコミュニテイ意識が強い組織が

持続性があります。

 

日本が世界でダントツに長寿企業が多いことが

それを実証しています。

 

日本のとっての課題は

努力を成果に変える「戦略思考」と言われています。

 

しかしそれほど悲観的になる必要はない。

 

理性や戦略は精神の領域が強ければ

自然に引き出されるからです。

 

心が頭と身体を調整しているのです。

 

●ご質問ご意見は気軽に

返信でご意見よろしくお願いします。

 

imaoka@bizdyn.jp

 

今岡善次郎

■■■■■PDF電子書籍販売のお知らせ■■■■■

 

1.教材書籍「ドラッカーマネジメント塾」2012年春期 

第1限~第16限(各限20枚~30枚)

2.メルマガ編集書籍

社会生態学マネジメント
「介護体験で学ぶドラッカー」

社会生態学マネジメント
「エッセー生き方に役立つドラッカー」

 

3.書籍ノンフィクション小説「壊れる思い出のエレジー」

 

注文は下記のチラシから

 

チラシ「電子書籍}

http://www.bizdyn.jp/pdf.html

 

 

■■■■■寄付金のお願い■■■■

 

メルマガ初刊から4年半経過しました。

 

経費ご負担の寄付金制度導入して2年になります。

 

何度も寄付頂いた方、

個別にお礼メール差し控えますが

大変感謝申し上げます。

 

又これからもあらためて

学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために

ご寄付(お布施・献金)お願いします。

 

金額やお名義は問いません。

 

請求や領収書など入金管理はしません。

 

一口月500円(ワンコイン)を

ベースとして随時受け付けます。

 

年間まとめ(6000円)、

半年(3000円)

月次(500円)もOK

 

寄付金(お布施)箱(口座)

 

三菱東京UFJ銀行

新宿中央支店(469)

口座番号 5324740

口座名義 株式会社 ビジダイン

 

 

■今岡善次郎マネジメント・メルマガ

登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで

お願いします。

https://regssl.combzmail.jp/web/?t=bk02&m=ce7j

 

最近のバックナンバー

http://backnum.combzmail.jp/?t=tn38&b=nm23&m=ce7j

 

2012年11月以前のバックナンバー

http://www.bizdyn.jp/mm_drucker/

 

 

株式会社ビジダイン

http://www.bizdyn.jp/

多摩大学大学院客員教授

http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33

----------------------------------------------------------------

部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織

の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか

仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。

科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、

企業は社会の一部である。

 

 

 

 

コミュニテイカフェ

2013年1月22日 16:10

 

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆

生の意識の強化

2013年1月15日 18:58

 人と人 組織のつながり 功をなす 情物金の 流れが命

家族の絆

2013年1月 8日 21:43

 人と人 組織のつながり 功をなす 情物金の 流れが命

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆

                   第239回   

     ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    

       P・F・ドラッカーの

社会生態学的 俯瞰的 マネジメントモデルが開く 

  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理   

本メルマガはボランティアの寄付金で運営しています。

寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 

家族の絆』 

  

明けましておめでとうございます。

 

今年

最初のメルマガ配信します。

 

本年も引き続きよろしくお願いします。

 

●妻が入院して5年目の正月は

僕が独り暮らしを始めて5年目の正月でもあります。

 

5年前の大晦日に以下の短歌を詠みました。

 

大晦日 妻は病院 子はデ―ト

独り蕎麦(そば)食う 還暦の年

 

●そして5年経ちました。

 

今年の正月3日

デートしていた3人の子は

みな結婚してそれぞれの連れ合い

そして2人の孫を入れて8人が僕のマンションに集まり

焼肉ランチパーティをしました。

 

和牛、レバー、ホタテ、イカ

キャベツ、ネギ、エリンギ、エノキ

朝から買い出し準備し

みんな喜んでくれました。

 

年末か元旦にかけて

長男家族は嫁の実家、北海道に

長女と次女夫婦はそれぞれ東北に旅行にでかけ

会話が盛り上がりました。

 

「お父さん」と呼ばれて振り向くと

長男が「ハイ」と返事する。

 

そうか俺はチチではなくジジなのだ。

 

●食べ終わり、

皆で病院へ行き家族で妻と面会しました。

 

5年前は未だ会話ができ、

病棟から連れ出して散歩が出来ましたが、

今は車椅子とベッドで殆ど目を閉じている。

 

不安でイライラすることもなく、

病気を悲観して泣くこともなく

平穏な表情で、

娘達が「お母さん」と何回も呼ぶと

微かな笑顔と声が返ることもあります。

 

家族の絆を感じるお正月でした。

 

今年もカフェ塾スタートします。

 

■■■2012年秋期

コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」第7回■■■

 

●今週下記の通り開催します。

 

平日コース1月10日木曜日18:30から

週末コース1月12日土曜日15:00から

です。

 

●テーマは以下の二つです。

 

★テーマ1 

「仕事の滞留を無くすロジスティクス実践『統合』」

 

能率よく仕事をこなすには幾つかの仕事を

まとめた方が良い。

 

連鎖する業務でバラバラに仕事を進めると

繋ぎの部分で仕事は滞留します。

 

業務が分割されるほど滞留点が増える。

 

イノベーションは時間の短縮だった。

 

 

★テーマ2

「ロジスティクスのニュートン力学TOC(制約理論)」

 

エリヤフ・ゴールドラット博士の
制約理論(TOC:Theory Of Constraint)
の本質は何か?

 

イスラエル人 物理学者 であり、

「巨人の肩に乗って」と大野耐一の業績の上に

3人の尊敬する人として

大野耐一・ニュートン・ガンジーを上げています。

 

トヨタ式経営との関係は?

 

TOCをどう使うかについて理解を深めます。

 

お申込はメール返信でお願いします。

チラシ

http://www.bizdyn.jp/seminar.html

 

さて、

本日のテーマ

===================

1.空と海の統一

2.産業組織と政治組織

3.優先課題を一つに絞り込め

===================

 

1.空と海の統一

 

■空海の修業は自然の中に溶け込むものでした。

 

山中の危険な断崖を踏み越え、

室戸岬で大怒濤(だいどとう)を凝視し

無限の大自然の中で

自分の存在を無にする。

 

人間の思い上がりである、

自然を征服するとか自然と対峙するとか

人間を自然に対して優位に立てる思想とは

違いますね。

 

■西洋の知性への奢りや

自然征服という人間の自然に対する

制御思想とは違う日本的な思想を感じます。

 

自然対人間という二律背反ではなく

自然と人間の統一、あるいは共生の思想です。

 

■東洋思想には二律背反の統一の中に

活路を見出す知恵が昔からありました。

 

雲と山(水墨画)

呉と越(呉越同舟)

水と油

善と悪

空と海

 

空海は空と海が水平線で統一されるところ

真実があると考えて

自分を空海と自称しました。

 

■二律背反するものの統一

それは妥協ではなく

相反したままで統一するところに

イノベーションがある。

 

意見や見解が違う人間同士で

チームを組む。

 

西洋では弁証法という哲学の中に

似た概念があります。

 

二律背反した場合

一方を切り捨てるという「戦い」が

分裂を生みシステムの崩壊に到るのです。

 

統合するところに

新しい命が芽生えるのです。

 

2. 産業組織と政治組織

 

ドラッカーは社会生態学的関心から

ナチスの党と軍隊という政治組織と

モノの生産販売を行う産業組織を

対比させて観察しました。

 

政治組織が常に産業組織の上位にあった。

 

かってのソ連共産党でも

現在の中国共産党も同じです。

 

■中央政府の産業政策のもとであらゆる産業の

生産販売物流計画が立てられ実行される。

 

企業の経営者や専門家は自律的決定できない。

 

自民党や民主党、経産省や厚労省、

都道府県の行政組織が地域の産業政策を決めて

民間企業が補助金に依存する

経営を実行するようなものです。

 

■そこにあるのは

自由の抹殺、新しい試みへの封殺でしかありえません。

 

ヒトラーのナチズムの中央政府が正当な権力という

異常な社会だった。

 

トップのみが権限を持つと言う社会は

自由が無い。

 

そして組織社会が停滞します。

 

■健全な社会は自由と自律性が重んじられ

産業組織の社会的役割が中央政府より

上位にあることが大事なのです。

 

健全な企業は社員の自由と自律性が重んじられ

生産販売の現場組織が本社部門より

上位にあることが大事なのです。

 

トップの為ではなく

内外の顧客のために社会組織の機関としての

組織こそが社会を機能させると

ドラッカーは考えたのです。

    

3.優先課題を一つに絞り込め

 

■日本的経営の欠点は

あれもこれも残して複雑にしてしまうことにあります。

 

複雑なものを複雑なままで解決しようとするから

前に進まない。

 

一方、欧米人は重要なモノを大胆に絞り込み

それ以外をノイズとして切り捨てる。

 

■日産のゴ―ンは言いました。

 

危機において重要なことは

優先順位をつけて一つか二つの問題に絞り込んで

徹底することだと。

 

なんでもすべてやろうとすると

何もできない。

 

■大野耐一のトヨタ式生産方式に対して

ゴールドラットのTOC(制約理論)にもそれが

当てはまります。

 

大野氏は日本的風土や人間同士の助け合い「和」など

様々な要素を生産思想の中に取り入れています。

 

ゴールドラットは

制約工程というボトルネックに焦点を当てる

生産革命を行った。

 

■西洋発の産業革命に必要な

エンジニアリングの世界でも

重要ではない雑多な要素をノイズ(外乱)として

切り捨てることで進化しました。

 

日産は危機に際して

速やかに流血(赤字)を止めることだった。

 

救急医療が必要だった。

 

日本人は骨折した足が病原菌に侵されても

足を切ることができないですべてを残そうとして

命を落とす民族と言えます。

 

欧米人は優先順位を延命に置くので

壊れた足を切り落とす大胆さがあります。

 

状況によって解決策は違います。

 

中庸に正解があうような気がします。

 

●ご質問ご意見は気軽に

返信でご意見よろしくお願いします。

 

imaoka@bizdyn.jp

 

今岡善次郎

■■■2012年秋期

コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」第7回■■■

 

●今週今年初めてのカフェ塾は下記の通り開催します。

 

平日コース1月10日木曜日18:30から

週末コース1月12日土曜日15:00から

です。

 

●テーマは以下の二つです。

 

テーマ1 仕事の滞留を無くすロジスティクス実践「統合」

 

 

テーマ2 ロジスティクスのニュートン力学「TOC(制約理論)」

 

 

お申込はメール返信でお願いします。

チラシ

http://www.bizdyn.jp/seminar.html

 

 

■新宿から丸ノ内線6分 新中野駅徒歩3分の

自宅事務所です。

 

●コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」は

経営の神様ピーター・F・ドラッカーを

「精神・戦略・実践」の「形」(かた・フレームワーク)

で理解し、 東西の知を関連付けてマネジメント思考を

身につけることを目的とします

 

それによって、

禅に通じると言われる武道や茶道などと同じく、

「道」とも言うべきマインドセットを形成して

行動に好循環が生まれるように支援します

 

マインドセット形成は

MITのピーター・センゲの「学習する組織」で

述べている

自己マスタリ―( personnel mastery) であり、

日本語では「修業」に相当します。

 

飛び入りスポット参加大歓迎です。

 

90分1限*2限=180分講義と

手作り麻婆豆腐他にビールに焼酎

コミュニテイカフェ

セットで4000円です。

 

居酒屋に行く感覚で

こちらへ参加しませんか?

 

お申込はメール返信でお願いします。

チラシ

http://www.bizdyn.jp/seminar.html

 

 

■■■■■PDF電子書籍販売のお知らせ■■■■■

 

1.教材書籍「ドラッカーマネジメント塾」2012年春期 

第1限~第16限(各限20枚~30枚)

2.メルマガ編集書籍

社会生態学マネジメント
「介護体験で学ぶドラッカー」

社会生態学マネジメント
「エッセー生き方に役立つドラッカー」

 

3.書籍ノンフィクション小説「壊れる思い出のエレジー」

 

注文は下記のチラシから

 

チラシ「電子書籍}

http://www.bizdyn.jp/pdf.html

 

 

■■■■■寄付金のお願い■■■■

 

メルマガ初刊から4年半経過しました。

 

経費ご負担の寄付金制度導入して2年になります。

 

何度も寄付頂いた方、

個別にお礼メール差し控えますが

大変感謝申し上げます。

 

又これからもあらためて

学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために

ご寄付(お布施・献金)お願いします。

 

金額やお名義は問いません。

 

請求や領収書など入金管理はしません。

 

一口月500円(ワンコイン)を

ベースとして随時受け付けます。

 

年間まとめ(6000円)、

半年(3000円)

月次(500円)もOK

 

寄付金(お布施)箱(口座)

 

三菱東京UFJ銀行

新宿中央支店(469)

口座番号 5324740

口座名義 株式会社 ビジダイン

 

 

■今岡善次郎マネジメント・メルマガ

登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで

お願いします。

https://regssl.combzmail.jp/web/?t=bk02&m=ce7j

 

最近のバックナンバー

http://backnum.combzmail.jp/?t=tn38&b=nm23&m=ce7j

 

2012年11月以前のバックナンバー

http://www.bizdyn.jp/mm_drucker/

 

 

株式会社ビジダイン

http://www.bizdyn.jp/

多摩大学大学院客員教授

http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33

----------------------------------------------------------------

部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織

の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか

仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。

科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、

企業は社会の一部である。

 

 

 

 

介護とマネジメント

2013年1月 8日 21:41

 人と人 組織のつながり 功をなす 情物金の 流れが命

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆

                   第237回   

     ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    

       P・F・ドラッカーの

社会生態学的 俯瞰的 マネジメントモデルが開く 

  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理   

本メルマガはボランティアの寄付金で運営しています。

寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 

介護とマネジメント』 

  

おはようございます。

 

●もうすぐ今年も終わりですね。

 

地球の終わりがくるという2012年問題も

何もなく次に年に行けそうです。

 

妻を在宅介護から入院させて5年目の正月が

やってきます。

 

このメルマガも5年目に入ります。

 

●介護からドラッカーのマネジメントに入った

わけですが、

デリケートな個人的テーマを仕事に持ち込むことに

批判もありましたが、

多くの賛同者もありました。

 

2012年秋の「ドラッカーマネジメント塾」

の塾生に介護電話相談員の方が参加されました。

 

●介護も心だけではなく

段取りのマネジメントだと考えたからだそうです。

私に言わせれば

マネジメントも心が必要なので

マネジメントの原理と介護の原理は

重なるのです。

 

■■■2012年秋期

コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」第7回■■■

 

●次回は年が明けて下記の通り開催します。

 

平日コース1月10日木曜日18:30から

週末コース1月12日土曜日15:00から

です。

 

●テーマは以下の二つです。

 

テーマ1 仕事の滞留を無くすロジスティクス実践「統合」

 

連鎖する業務でなぜ仕事は滞留するのか?

 

業務が分割されるほど滞留点が増える。

 

細分化の個別責任を負うと責任回避行動とし

てバファー(在庫)で逃げる

 

細分化は個別責任業務を増やしストックポイントを増やす

 

テーマ2 ロジスティクスのニュートン力学「TOC(制約理論)」

 

エリヤフ・ゴールドラット博士の
制約理論(TOC:Theory Of Constraint)
の背景は何か?

 

イスラエル人 物理学者 であり、

「巨人の肩に乗って」と大野耐一の業績の上に

3人の尊敬する人として

大野耐一・ニュートン・ガンジーを上げています。

 

トヨタ式経営との関係は?

 

TOCをどう使うかについて理解を深めます。

 

お申込はメール返信でお願いします。

チラシ

http://www.bizdyn.jp/seminar.html

 

さて、

本日のテーマ

===================

1.帰化人と蝦夷人

2.ヒットラーのナチズム

3.ゴーンの日産再生と日本的経営

===================

 

1.帰化人と蝦夷人

 

■最澄の先祖は中国後漢の皇帝の家柄で

先祖は帰化人だったそうです。

 

一方空海の父方の大伴(おおとも)系で

日本古来の人種で、蝦夷(えぞ)人と

言っていたようです。

 

■現代の日本人は当時の帰化人と土着の蝦夷人の

区別は付きませんが当時の日本人には

区別があったかもしれませんね。

 

つまり大陸から渡来した弥生人に対して

日本列島に古くからいた原日本人又は縄文人の系列が

門閥として分かれていた時代かもしれません。

 

空海はどうやら原日本人であったと言えます。

 

儒教や道教や神仙思想を学び、やがて

仏道に惹かれて行きます。

 

■土佐の室戸岬、四国最高峰の石鎚山などの

聖地で厳しい修業をします。

 

日本人の原点はこの蝦夷人の自然との一体化にある

のではないか。

 

自然である神ながら(神とともにある)の道

が日本人の原点である。

 

■当時の日本人は

和魂漢才(日本のこころと中国の知識)という

理想とする人間像を持っていた。

 

明治日本人も

和魂洋才(日本のこころと西洋の知識)を

理想とした。

 

最澄が漢才、空海が和魂を代表した知識人

で共に仏教の日本化に貢献したのですね。

 

 

2. ヒットラーのナチズム

 

ヒットラーのナチズムの台頭と崩壊は

ドラッカーに人間社会のマネジメントについて

深い洞察を与えました。

 

ナチスの産業組織は生産や販売の経済活動の中に

政治組織が併存していたそうです。

 

■製造業であっても

組織はヒットラー総統への忠誠や政治的能力、

リーダシップが基準だった。

 

顧客への忠誠よりヒットラーへの忠誠が

企業のマネジメントに要求されていたのです。

 

現代でも企業の不祥事はトップへの忠誠が

顧客や社会への忠誠に優先する結果生じることが多い。

 

■未熟練労働者、下請け事務員が

工場長や営業部長の上司となってしまった。

 

大学の用務員が大学教授や学部長の上司となった。

 

指揮命令の権限が経済的社会的な領域で

最下層の党官僚の手に移されたのです。

 

経営理念も経営計画も支離滅裂であった。

 

現実離れした表向きのビジョンや建前の正義だけで

専門家が軽んじられた。

 

■現実を直視しないで

理念だけのトップに忠誠を強要する

組織は堕落です。

 

ナチズムの組織とは

程度の差はあれカリスマリーダーが率いる組織

の共通の危険性をドラッカーは観たのです。

   

3.ゴーンの日産再生と日本的経営

 

■日本的経営の神髄としてトヨタ式経営思想を

大野耐一から読み解きました。

 

一方同じ日本の自動車会社の日産を

再生したカルロス・ゴーンは

日本のモノづくり現場とチームプレイを

称賛していました。

 

人中心の日本的経営の背後にある日本文化と

フランスのルノーの西洋文化を融合させた。

 

■ゴーンの業績を振り返る。

 

日産がルノーと提携した1999年3月期280億円の赤字

2000年3月期6800億円の赤字を出しきって

2001年3月期3231億円の黒字と

V字回復したことで有名です。

 

その後も順調に日産を回復させました。

 

■まず最初にゴ―ンが変えたのは

日産が抱えていた官僚体質からくる利益に対する感度の

低さだったそうです。

 

日本航空の再生を果たした稲盛氏と同じですね。

 

あれもこれもと手を出して重点分野を絞ることが出来ない。

 

急患の患者に対しては水分と栄養(利益)が必要なのです。

 

■「水分と栄養」で健康を回復した後は

顧客志向とクロスファンクショナル(部門横断的)な

横の統合を図って全社員のベクトルを合わせた。

 

そもそも日本人はチームプレイや現場力が優れているので

自分の担当しか考えない官僚主義のマインドセットを

危機感をバネに会社全体の目的にセットすれば

強くなるのです。

 

日本的経営の強さは小さなチームでは発揮しやすいが

大きな組織では苦手なようです。

 

「和」の概念を内輪からより大きなシステムに変えるのは

日本的思想と西欧のシステム思想のハイブリッドが

必要なようですね。

 

 

●ご質問ご意見は気軽に

返信でご意見よろしくお願いします。

 

imaoka@bizdyn.jp

 

今岡善次郎

■■■2012年秋期

コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」第7回■■■

 

●次回は年が明けて下記の通り開催します。

 

平日コース1月10日木曜日18:30から

週末コース1月12日土曜日15:00から

です。

 

●テーマは以下の二つです。

 

テーマ1 仕事の滞留を無くすロジスティクス実践「統合」

 

連鎖する業務でなぜ仕事は滞留するのか?

 

業務が分割されるほど滞留点が増える。

 

細分化の個別責任を負うと責任回避行動とし

てバファー(在庫)で逃げる

 

細分化は個別責任業務を増やしストックポイントを増やす

 

テーマ2 ロジスティクスのニュートン力学「TOC(制約理論)」

 

エリヤフ・ゴールドラット博士の
制約理論(TOC:Theory Of Constraint)
の背景は何か?

 

イスラエル人 物理学者 であり、

「巨人の肩に乗って」と大野耐一の業績の上に

3人の尊敬する人として

大野耐一・ニュートン・ガンジーを上げています。

 

トヨタ式経営との関係は?

 

TOCをどう使うかについて理解を深めます。

 

お申込はメール返信でお願いします。

チラシ

http://www.bizdyn.jp/seminar.html

 

 

■新宿から丸ノ内線6分 新中野駅徒歩3分の

自宅事務所です。

 

●コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」は

経営の神様ピーター・F・ドラッカーを

「精神・戦略・実践」の「形」(かた・フレームワーク)

で理解し、 東西の知を関連付けてマネジメント思考を

身につけることを目的とします

 

それによって、

禅に通じると言われる武道や茶道などと同じく、

「道」とも言うべきマインドセットを形成して

行動に好循環が生まれるように支援します

 

マインドセット形成は

MITのピーター・センゲの「学習する組織」で

述べている

自己マスタリ―( personnel mastery) であり、

日本語では「修業」に相当します。

 

飛び入りスポット参加大歓迎です。

 

90分1限*2限=180分講義と

手作り麻婆豆腐他にビールに焼酎

コミュニテイカフェ

セットで4000円です。

 

居酒屋に行く感覚で

こちらへ参加しませんか?

 

お申込はメール返信でお願いします。

チラシ

http://www.bizdyn.jp/seminar.html

 

 

■■■■■PDF電子書籍販売のお知らせ■■■■■

 

1.教材書籍「ドラッカーマネジメント塾」2012年春期 

第1限~第16限(各限20枚~30枚)

2.メルマガ編集書籍

社会生態学マネジメント
「介護体験で学ぶドラッカー」

社会生態学マネジメント
「エッセー生き方に役立つドラッカー」

 

3.書籍ノンフィクション小説「壊れる思い出のエレジー」

 

注文は下記のチラシから

 

チラシ「電子書籍}

http://www.bizdyn.jp/pdf.html

 

 

■■■■■寄付金のお願い■■■■

 

メルマガ初刊から4年半経過しました。

 

経費ご負担の寄付金制度導入して2年になります。

 

何度も寄付頂いた方、

個別にお礼メール差し控えますが

大変感謝申し上げます。

 

又これからもあらためて

学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために

ご寄付(お布施・献金)お願いします。

 

金額やお名義は問いません。

 

請求や領収書など入金管理はしません。

 

一口月500円(ワンコイン)を

ベースとして随時受け付けます。

 

年間まとめ(6000円)、

半年(3000円)

月次(500円)もOK

 

寄付金(お布施)箱(口座)

 

三菱東京UFJ銀行

新宿中央支店(469)

口座番号 5324740

口座名義 株式会社 ビジダイン

 

 

■今岡善次郎マネジメント・メルマガ

登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで

お願いします。

https://regssl.combzmail.jp/web/?t=bk02&m=ce7j

 

最近のバックナンバー

http://backnum.combzmail.jp/?t=tn38&b=nm23&m=ce7j

 

2012年11月以前のバックナンバー

http://www.bizdyn.jp/mm_drucker/

 

 

株式会社ビジダイン

http://www.bizdyn.jp/

多摩大学大学院客員教授

http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33

----------------------------------------------------------------

部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織

の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか

仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。

科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、

企業は社会の一部である。

 

 

 

 

photo

最近のブログ記事