P.F・ドラッカーに学ぶ人生・起業・社会設計のすすめ|今岡善次郎のマネジメント・メルマガ

株式会社ビジダイントップページ>>人を幸せにするマネジメント改革

風韻(ふういん)のある人間

2010年7月21日 04:47

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている古代インドの 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第110回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く 
  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『風韻(ふういん)のある人間』
 
■おはようございます、今岡善次郎です。
 
どんな仕事も「顧客」という誰かのためにする。
 
ドラッカーから学び、
私の仕事のテーマとして10年以上取り組んでいる
サプライチェーンマネジメントは業務の連鎖ではなく、
 
顧客の顧客まで思いを馳せ、人と人との絆の連鎖として
仕事をすることであると分かりました。
 
アルツハイマーの妻の介護体験から
市民社会で人と人との間の「誠」が
仕事を含む人間関係の礎(いしずえ)であることが
実感できるようになりました。
 
客員教授として奉職している大学で
どんな仕事にも適用できることを、
それぞれの受講生に自分のテーマで事例研究して貰っています。
技術系の受講者も精神の領域の強い関心を示します。
 
さて、
●今週のテーマ
====================
1.風韻(ふういん)のある人間
2.教育改革の最大の障害は教師 
====================
 
1.風韻(ふういん)のある人間
 
■若いころの安岡正篤は
「触れば切れる」激しさを持っていたそうです。
 
しかし、歳とともに成熟して
しっとりと落ち着き、
やわらかく、
なごやかで
声も潤い、響きがあったそうです。
 
■安岡はこんなことを言っています。
 
人間の諸内容、諸々の徳が
和合してまいりますと、
宇宙も生命人格も
一つのリズム、すなわち風韻(ふういん)を持つ。
 
人間の存在がリズムになると。
 
■焦ったり、怒ったり
逆切れしたりする人間は風韻と全く反対で
器の小さな人間で、
そんな人がリーダーである組織は悲劇です。
 
■人と人との関係も
人と自然との関係も
ゆったりとなごやかで
落ち着きのある調和のある関係を維持することが
理想ですね。
 
私も含めて多くの人は
安岡正篤の人格に少しでも近づきたいですね。
 
 
2.教育改革の最大の障害は教師
 
■ドラッカーによると
教育の最大の障害は職を奪われる教師であると。
 
■毛沢東時代の中国で
字を読めない子供を字が読める子供を
先生役にして大成功した。
 
しかし、その時教員は反対した。
それを押し切ったのは毛沢東だった。
 
1950年代トルーマン政権の時、
ドラッカーは政府の依頼でブラジルに行った。
読み書きできない子供を無くすため、
新技術の導入を働きかけた。
 
ところが教職員組合が抵抗した。
 
■パソコンとインターネットでの教育、
すなわちeラーニングは教室での教育を全て
置き換えることはできないが、
一人の教師が無数の学生に教えることができる。
 
これが意外に進んでいない理由も
ドラッカーが教えてくれる。
 
■先生とか、技術者とか、医者とか、社長とか、代表とか、
 
専門家と言われる人は、
仕事の成果が外にあることを忘れて内にあると勘違いする。
自分のための仕事になりがちである。
 
社会の仕事のネットワーク連鎖の中で、
行政や専門家だけに頼らないで市民が助け合う市民社会を
作る時、
最大の障害は
20世紀の最大の功労者だった医者、行政、代表などの
先生と言われる人達かもしれないですね。
 
自分を守る余り「真の顧客」を犠牲にしないように
しなければなりませんね。
  
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。

休んで遊ぶ

2010年7月11日 07:09

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている古代インドの 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第109回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く 
  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『休んで遊ぶ』
 
■おはようございます、今岡善次郎です。
 
菅政権が消費税を10%と言って
急騰していた支持率が下がった。
 
責任を自覚し真摯に日本のことを考えるなら
選挙前に言ったこと大変評価できます。
 
ギリシャ以上に財政危機にある現状を
国民もマスコミも目を塞いでいる。
 
悲惨な将来の生活を全く考えないで
現在の生活のことばかりみんな考えている。
 
さて、
●今週のテーマ
====================
1.休んで遊ぶ
2.金が動機とならない産業 
====================
 
1.休んで遊ぶ
 
■本当に役に立つ学びとは、
一所懸命がんばるだけではない。
 
古典の「礼記」(らいき)によると、
 
「蔵」(ぞう):先人の知を取り入れる
「脩」(しゅう):自分のものとして理解する
の知識を得る勉強だけでは成果はあがらない。
 
■「息」(そく):ゆっくりと時機を待つ
「遊」(ゆう):楽しむ
 
の二つ、
すなわち休んで遊ぶこと、
ゆっくりと時機を待って遊んで楽しむことが
「礼記」では
大事だと言っているそうです。
 
■人生にも企業のマネジメントにも
政治経済のも、
頑張って知識を獲得したり
あらゆる体験を積んで頑張っても成功がもたらせるとは
かぎらない。
 
人のために尽くすことを喜びとする楽しみが必要です。
 
ドラッカーも松下幸之助も、
商売は儲からなかったら人の役に立っていない、
ということを言っています。
 
■「休んで遊ぶ」心況とは
人に対する思い、誠、仁を精神の領域において
熟成することである。
 
知識の獲得や実践で
やみくもに頑張ればいいと言うものでもない。
 
人と人との関係で人生を楽しむことが
マネジメントの基本でもあるのです。
 
 
2.金が動機とならない産業
 
■産業構造が大きく変化しつつある。
 
自動車や電機が先進国への輸出で
日本の産業を支えた主役の座から降りつつある。
 
従来は若者・健常人対象の楽しみや満足を生む
顧客を創造することで産業を支えた。
 
菅民主党政権が
医療や介護、環境、観光などを経済成長につなげると
言っています。
 
経済波及効果がないとかいろいろ批判がある。
 
しかし新しい時代には思いがけないことが
起こる。
 
医療や介護、環境、観光など
弱者である患者やその介護者や、老人の困難を解消し、
 
マイナスからの欲求を満たす顧客価値を提供することで
新規の需要を作り、
産業を支えることができるかもしれない。
 
■かって
現場の技能主体の職工から
知識を使う製造技術者へ主労働者が転換された。
 
コンピュータ技術者が単にコンピュータの知識ではなく、
仕事を体系的に分析して仕事の再編、
マネジメントの知識を応用して
新しい仕事の仕組みを組み立てることで成果を上げるように、
 
医療や介護や環境や観光など
人が人に貢献することで
困難が解消され満足が得られるようにするには
専門家と言われる人たちは
人間に関する知識を活用するプロになる。
 
■介護業界の人たちも現場で働いている人も
事業をマネジメントする人たちも
家族会をマネジメントする人たちも
介護とは何か、
市民をどう介護文化に引き込むか、
 
真剣に議論し試行錯誤しています。
よいサービスとは何か意見交換している。
 
ここから新しい産業が生まれるかもしれない。
 
1830年代の新産業も
20年の苦悩、失望、失敗、勤勉があった。
 
新産業は短期的に金で動く人達を惹きつかなかった。
介護事業も金で動く人を惹きつけていない。
 
■新産業は当面、金が動機とならない。
当面ボランティアや非営利組織で動く。
 
ゆっくりと苦労を重ね、次世代へ引き継ぎ、
金銭的見返りはおそらく後の世代が引き継ぐ。
 
金や名声は仕事の動機としては大したことではない。  
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。

佳人・佳書・佳山水

2010年7月 7日 06:06

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている古代インドの 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第108回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く 
  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『佳人・佳書・佳山水』
 
■おはようございます、今岡善次郎です。
 
先日の日曜日、
 
介護業界の専門家が集まって人が人に介護するとき、
自分らしさは何か、というテーマで話し合いました。
 
若い人たちに交じっても僕は違和感なく会話を楽しみました。
 
主催者から事後のメール貰いました。
ご家族の立場、また業界外の視点を持たれた今岡さんの参加は、
 
 
たくさんの方に未知のケア観を伝えてくださったことと思います。
今岡さんたちのテーブルが個人的には一番楽しそうに見えました。
あの中で私も対話をしたかったです。
私も今はドラッカーを読んでいるところです。
目標指向・組織力・マネジメントを学んで
現場に生かそうと考えております。
介護業界の人たちがドラッカーに興味を持ってくれたことは
嬉しかった。
 
さて、
●今週のテーマ
====================
1.佳人・佳書・佳山水
2.グーテンベルグの印刷革命 
====================
 
1.佳人・佳書・佳山水
 
■佳(よ)い人、
佳い書、
佳い自然が
 
人間の呼吸、血液、体液を清くし、
精神の鼓動を高めたり、
落ち着かせたりすると、
 
安岡正篤は言います。
 
■精神の鼓動などと言うと、
 
近代の科学的マネジメントを標榜する
ビジネススクールなどでは
カビの生えた知識と誤解する人が多い。
 
明治維新で近代国家を短期間に形成した
日本人のマネジメント能力は
日本に育まれていた日本人の精神文化が
あったからだという節はほぼ定説になっています。
 
■幕末の岡山松山藩の改革を成功させた人、
山田方谷(やまだほうこく)は
中国の古典、陽明学に
精神の鼓動を揺さぶられた人だった。
 
菅新総理が奇兵隊内閣の称した「奇兵隊」の高杉晋作の
長州藩にも大きな影響を与えた。
 
山田方谷は佳人・佳書・佳山水に
生きた人だった。
 
■ドラッカーや安岡正篤の書物から
多くの古典に接し、
私も幾つになっても心の飢えを癒したい。
 
若い人も含めて多くの日本人は
私と同じように、精神の領域で自分を鼓舞し、
仲間を鼓舞することを知らなかった。
 
眠りから覚めて
「一灯照遇」(一つの灯で一か所を照らす)する
ことの喜びを知らなければならない。
 
精神の鼓舞のために
佳書・佳人・佳山水を求め続けましょう。
 
 
2.グーテンベルグの印刷革命
 
■鉄道が人とモノの移動時間を短縮して
社会を変えたように
 
グーテンベルグの印刷機が、鉄道の300年前に、
情報・知識の移動時間を短縮した。
 
■グーテンベルグの印刷機発明から60年後、
ルターのドイツ語訳聖書が
破壊的安さで売られた。
 
新しいメディアによって
一人ひとりの人間、彼らの生活と社会の
あらゆるところに宗教を再生させた。
 
■人、モノ、情報のネットワーク連鎖拡大は
有機的システムである人の組織の活動範囲を広げた。
 
経済連鎖は地域から国へ、そして
国境を越えた。
 
今インターネットがサプライチェーン(供給連鎖)
を変えつつあります。
 
■印刷技術者が社会を変えたのではないように
インターネット社会はIT技術者が変えるのではなく、
 
一人ひとりの人間が時間短縮で得られる価値を
感じた時、
集団としての組織社会の行動が変わるのです。
 
ドラッカーは言います。
 
1520年代グーテンベルグの時代に
鉄道の出現は誰も予測できなかった。
 
1800年代に電報や写真ができるという予測は
できなかった。
 
インターネットがグローバルにつながるとき、
どんなサプライチェーンが生まれるのか、
どんな企業がどんな事業を起こすのか
予測するのは難しい。
 
しかし、
現代のグーテンベルグは企業を社会を変えることは
疑いないと。
   
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
photo

最近のブログ記事