P.F・ドラッカーに学ぶ人生・起業・社会設計のすすめ|今岡善次郎のマネジメント・メルマガ

株式会社ビジダイントップページ>>人を幸せにするマネジメント改革

現実の汚染を薄める

2010年6月28日 13:24

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている古代インドの 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第107回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く 
  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『現実の汚染を薄める』
 
■おはようございます、今岡善次郎です。
 
菅首相が誕生し、
奇兵隊内閣と自称しました。
 
高杉晋作の奇兵隊は武士階級ではなく
市民を結集した。
強かった。
 
菅新首相も松下政経塾出身の多くの若い官僚も
世襲議員ではなく
市民というのが期待できますね。
 
世襲議員と市民議員では
新閣僚の顔つきが違う。
 
高杉晋作の辞世の句
「おもしろき こともなき世を おもしろく」
 
思う存分暴れて欲しいと期待します。
 
さて、
●今週のテーマ
====================
1.現実の汚染を薄める
2.顧客が産業構造を変える 
====================
 
1.現実の汚染を薄める
 
■鳩山政権から菅政権に変わりました。
 
日本の政権は回転ドアのように
短期間にくるくる変わる。
 
カネ、女などスキャンダルでマスコミに
たたかれる。
菅新総理だって女で一度叩かれた。
 
日々支持率が発表され、
日本の現状の危機とは全く関係のない
弱みを叩かれ自滅する。
 
■日本のマスコミの論調では、
 
あらゆる人が
誰もが自分を棚に上げて
人の悪を責め立てるのに騒がしい。
 
■アメリカの南北戦争の時、
酒クセが悪い将軍を解雇すべきとの声が
大勢を占めていた。
 
リンカーンは、
人は弱点で仕事をするのではなく、
強みで仕事をすると言って、
 
その将軍を使って勝利を得た。
 
■態勢に流されることなく、
正しい判断をすることが社会を良くする。
 
世を挙げていたずらに騒がしく、荒れている。
安岡はこんな時の心構えを教えてくれます。
 
雑事を避け、独り静かに静坐し、
「永遠」の浸潤を受けて、
現実の汚染を薄めよと。
 
 
2.顧客が産業構造を変える
 
■専門家と言われる人たちでも未来を予測できないと
ドラッカーは言います。
 
同じ蒸気機関でも工場に使われたり、
蒸気船に使われることでは社会的影響はなかった。
 
鉄道に利用されて社会が変わった。
 
■インターネットは家庭に情報端末を普及させるので
パーパーレス化で紙の需要は減ると専門家は予測した。
 
ネットで注文を受け、
重い印刷物を送り届けることになるという予測する
専門家はいなかった。
 
車の販売においてネットは中古車販売に普及するが
新車は試乗のため店頭販売が残ると予測された。
事実は逆だった。
 
インターネットが専門職の求人求職に広がると予測する
専門家はいなかった。
 
■私のメルマガを含めて
インターネットがどれだけ教育にインパクトを与えるか。
 
実のところ未だ分からない。
 
■一つ言えることは
 
顧客が、事業をする人を変え、
消費行動を変え、貯蓄パターンを変え、
産業構造を変える。
 
専門家でもなく、政治家でもなく、
顧客が、市民が
産業構造を変え、政治を変える。
 
菅新首相の原点は
世襲政治家ではなく、
市民運動家だった。
 
 
頑張って日本を再生してもらいたいですね。
   
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。

生きる意味と力

2010年6月15日 17:43

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている古代インドの 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第106回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く 
  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『生きる意味と力』
 
■おはようございます、今岡善次郎です。
 
5月29日土曜日、
大学の同じ研究室の同窓会がありました。
 
学生時代に知り合った妻を知っている友人達は、
妻がアルツハイマーであることに
同情してくれました。
 
病気の悲惨さと在宅介護の修羅場が分かる友人は
僕の割り切った前向きの生き方に理解してくれて
うれしかった。
 
さて、
●今週のテーマ
====================
1.生きる意味と力
2.世界は1つになる 
====================
 
1.生きる意味と力
 
■人は何才になっても
心は飢えているものである。
 
欲しいものはモノやカネでもなく
人から受ける優しさでもない。
 
人は、
社会で生きる意味を求め、
生きる力に飢えている。
 
■子供から大人に成長する過程で、
両親や兄弟から精神生活の基礎となる影響を受ける。
 
やがて社会が広がるにつれて
多くの人から影響を受け
自覚や認識や行動規範が生まれてくる。
 
■どのように生きるか、
どう人生をマネジメントするか。
 
自分が生きている意味はなにか、
自分に何が必要かを問わなければならない。
 
又自分たちの組織をどう存在させるか。
 
そのために必要な問いは
組織が存在する意味はなにか、
どんな力が必要かと、
問わなければならない。
 
■安岡によれば、
人も組織もその存在の意味を与えるものは
「一燈照遇」(一人が一つの小さな貢献をする)
を心がけて毎日を励む師友であると言います。
 
親でもなく先生でもなく、
有名な学校や有名な人物でもなく、
どんなところでも、
一人ひとりが真摯に人のために考える人物(師友)こそが、
一人ひとりに生きる意味と力を与えてくれるのです。
 
 
2.世界は一つになる
 
■200年前の蒸気機関による鉄道、
それに続く郵便制度が
人と人をつなぐ時間を短縮した。
 
一人ひとりの生き方が変わり、
組織のネットワー連鎖が広がり、
社会が変わった。
 
今はインターネットとテレビと飛行機が
世界中の人と人をつなぐ時間を短縮している。
 
■町の本屋さんからアマゾンでのネット販売は
本屋さんと顧客のつながりが、
数千人から世界の数億人に広げた。
 
蒸気機関の鉄道と郵便制度が
人と組織の地域限定から広範囲のネットワークに
広がったように。
 
今、
インターネットと国際物流、宅配システムが
サプライチェーンを変えて、
経済をグローバル化しています。
 
■5月連休に帰省して何年ぶりかで姪の子供達と
会いました。
 
その時、
中高校生になっている姪の子供たちが、
方言を話していないことに気づいて驚きました。
 
還暦過ぎた私にとって
2世代若い彼らは
私が高校生の時と棲む世界が違ってきている。
 
■ドラッカーは言います。
 
産業革命における鉄道の役割を果たすのは
インターネットであると。
 
ビジネスが地域に留まらない。
国境はビジネスの世界でなくなっている。
 
あらゆる企業が、人が、
グローバル化する。
 
経済が先行し、政治に影響する。
世界は揺り戻しが起こりながら
1つになる。
  
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。

個の覚醒

2010年6月 9日 04:31

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている古代インドの 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第105回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く 
  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『個の覚醒』
 
■おはようございます、今岡善次郎です。
 
ドラッカーを熱く語っていた昨年は
「今さらドラッカー?」という反応でしたが、
最近マスコミでドラッカーが熱く語られ始めましたね。
 
一人ひとりが主体性を持って生きて行かなければならない時、
人間の本質に根ざすマネジメントを説く
ドラッカーは、
実は皆が本能的に持っている知性や特性を語っているに
過ぎないとも言えます。
 
だから儒教や神道にも通じる哲学です。
 
さて、
●今週のテーマ
====================
1.個の覚醒
2.変化を脅威ではなく機会に 
====================
 
1.個の覚醒
 
■安岡正篤が
フランスの心理学者が書いた「群衆心理」の一部を
紹介している。
 
一人でいるときは教養あると思われる人が
一度群衆に加わると
本能的な人間、野蛮人と化してしまうこともある。
 
それを救うには個人個人が
揺るがない精神をつくるしかない。
 
■多くの人が組織の集団的意思によって
自由な人格としての思考を放棄し、
指導者に自己を任せてしまう。
 
それがヒットラーを生み、
企業の不祥事を生み、
金融危機を生んだ。
 
■一人ひとりが精神的に独立し
個の覚醒を基盤にしないかぎり、
企業も組織も救われない。
 
指揮命令する人間と
指揮命令されて動く人間の社会は
いづれ行き詰まると
ドラッカーは言います。
 
■企業のマネジメントも
社会のマネジメントも
どんな組織のマネジメントでも
 
一人一人が、
群衆の間にあって自己の人格と言うものを保持させ、
精神の自由と神経系統の平衡を確保させる。
 
それが
「個の覚醒」
であると言うのです。
 
 
 
2.変化を脅威に変える
 
■リーマンブラザーズの破綻から2年経たないうちに
ギリシャの財政危機が起こり日本を含む先進国共通の
国家財政の危機が連想されています。
 
企業や市民の暮らしにも大きな影響をもたらすかもしれない。
 
■ドラッカーが言うには、
生き残るために、成功を手に入れるために、
必要なことは、
自ら変化を創りだしていかなければならない。
 
チェンジエージェント(変革機関)
にならなければならないと。
 
■どんな変化が起こっているか。
 
19世紀初めに鉄道が発明され、その後
郵便制度や電報が普及し、
人々の生活や組織や社会が大きく変わった。
 
人と人、組織と組織の時間的つながりが速くなった。
 
今はインターネットが
社会のネットワーク連鎖を加速している。
 
金融商品やあらゆる商品がインターネットで瞬時に取引されて
市場の創造と破壊が進んでいる。
 
破壊と創造の入れ替えの均衡点を求めて世界が動いている。
 
■ギリシャ問題はやがて日本にも及ぶ。
 
優秀な官僚、政治家、日本の優良企業は
日本を救ってくれるのか。
つい20年までは日本は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と
誇っていたのに。
 
ドラッカーは
未来は予測しがたい方向に変化する、
と言います。
 
今言えることは、
変化を脅威ではなく機会とする心の姿勢が不可欠だということ。
 
我々の前に大きな挑戦が横たわっている。
 
人生を、組織を、社会をどうマネジメントするか。
変わらない人間の本質に基づくマネジメントの基本を
ドラッカーは教えてくれます。
 
知的戦略ではなく精神の領域で自分を鍛えることの方が
重要だと。
  
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。

修己治人

2010年6月 1日 07:59

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている古代インドの 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第104回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く 
  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『修己治人』
 
■おはようございます、今岡善次郎です。
 
長女夫婦を故郷出雲で過ごしたのに、
引き続いて、
 
最近結婚した次女夫婦と入院中の妻の
食事介助を兼ねて一緒に面会し、
 
そのあと、
僕の誕生日を寿司屋で祝ってくれました。
 
男の独り暮らしでも家族がいると
感じさせてくれるひと時でした。
 
家族5人で暮らしていた時の娘達は大人の女性になって
それぞれに連れ合いと別の家族として
巣立っている。
 
一人ひとりは命の連鎖の1つの環であって独りではない。
 
 
さて、
●今週のテーマ
====================
1.修己治人
2.変化を脅威ではなく機会に 
====================
 
1.修己治人
 
■「修己治人」(己を修錬して人を治める)
とはどういう意味か。
 
自分をマネジメントできてこそ、
自分以外の人々、組織や社会のマネジメントができる、
ということですね。
 
 
■自分をマネジメントすることは
自己を修錬(修己)することである。
 
安岡正篤によると修己のためには、
「独慎」(独りを慎む)が必要であるという。
独りの生活を深く抱くことであると。
 
■何をすべきかの戦略とか論理思考の「知」を求め、
知識を獲得することが仕事のためと見なされていますが、
重要なのは
「自分は何者か」「自社はどんな存在理由があるか」
「何のためにするか」という
精神の領域における修錬だと。
 
変わることのない時空を超えて人から学べること。
 
古人の経験
古人の苦悩
古人の感動
 
これらは独りでも読書で学べると。
 
■天下国家を論じる前に
自己の確立を図る。
 
先賢の知恵に学ぶ。
ドラッカーのマネジメントも企業経営だけではなく、
プロフェショナルとしての人生のマネジメントの原理を
多く書いています。
 
修己治人がマネジメントの基本ですね。
 
 
2.変化を脅威に変える
 
■リーマンブラザーズの破綻から2年経たないうちに
ギリシャの財政危機が起こり日本を含む先進国共通の
国家財政の危機が連想されています。
 
企業や市民の暮らしにも大きな影響をもたらすかもしれない。
 
■ドラッカーが言うには、
生き残るために、成功を手に入れるために、
必要なことは、
自ら変化を創りだしていかなければならない。
 
チェンジエージェント(変革機関)
にならなければならないと。
 
■どんな変化が起こっているか。
 
19世紀初めに鉄道が発明され、その後
郵便制度や電報が普及し、
人々の生活や組織や社会が大きく変わった。
 
人と人、組織と組織の時間的つながりが速くなった。
 
今はインターネットが
社会のネットワーク連鎖を加速している。
 
金融商品やあらゆる商品がインターネットで瞬時に取引されて
市場の創造と破壊が進んでいる。
 
破壊と創造の入れ替えの均衡点を求めて世界が動いている。
 
■ギリシャ問題はやがて日本にも及ぶ。
 
優秀な官僚、政治家、日本の優良企業は
日本を救ってくれるのか。
つい20年までは日本は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と
誇っていたのに。
 
ドラッカーは
未来は予測しがたい方向に変化する、
と言います。
 
今言えることは、
変化を脅威ではなく機会とする心の姿勢が不可欠だということ。
 
我々の前に大きな挑戦が横たわっている。
 
人生を、組織を、社会をどうマネジメントするか。
変わらない人間の本質に基づくマネジメントの基本を
ドラッカーは教えてくれます。
 
知的戦略ではなく精神の領域で自分を鍛えることの方が
重要だと。
  
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
photo

最近のブログ記事