P.F・ドラッカーに学ぶ人生・起業・社会設計のすすめ|今岡善次郎のマネジメント・メルマガ

株式会社ビジダイントップページ>>人を幸せにするマネジメント改革

師友を持つ

2010年5月25日 22:43

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている古代インドの 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第103回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く 
  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『師友を持つ』
 
■おはようございます、今岡善次郎です。
 
連休中、
結婚した娘と婿を連れて、
今、パワースポットとして注目されている
神話の神々のふるさと、
出雲に帰省してきました。
 
大人になった娘を見て、従姉妹達が感嘆しました。
「おばちゃんそっくり!」
 
今はもう連れて行けない妻と
子供達を連れて帰省していた一昔前が
懐かしい。
 
さて、
●今週のテーマ
====================
1.師友を持つ
2.社会と経済と人間 
====================
 
1.師友を持つ
 
■我々人間は、
人の子であるとともに人の親になるように、
 
生き方において影響を受ける師や友を持つとともに
自己の人生のマネジメントに影響を与えるべき
誰かの師となり友となることの重要性を
 
安岡正篤は
教えてくれます。
 
■私も父母の息子であり、
夫であり父である。
 
ドラッカーや安岡はじめ
企業創業者や優れた経営者や科学者だけではなく、
家族会の皆さんから多くを学ぶとともに、
これを社会に還元しなければならないと思っています。
 
このメルマガの読者も
二つの大学の大学院の学生も
家族会会員も
大事な師友です。
 
師友に感謝し、また師友として人々に
心を込めて貢献したい。
 
■我々人間は
人生のほとんどの期間において人格が確立されていない。
貧弱で惑いがあり無力であり小さな存在である。
人は悲しいほど小さく寂しい。
 
安岡やドラッカーのような、
人格・品性・気迫・才能に接触することで
惑いある人生をぶれなく生きる脳をつくれるのです。
 
小さな存在を超えて
自己を充実させ洗練し向上させる。
 
■どんな仕事でもいい。
真摯に仕事に取り組む姿勢のなかで師友として
人に見せることだけでも人に良い影響を与えるように
なりたいものですね。
 
 
 
2.人と組織の関係が変わる 
 
■ドラッカーは
「ネクスト・ソサイエテイ(未来の社会)」で
組織と人の働き方が変わる、
すでにその兆候は表れていると言っています。
 
近代社会の組織は外部と閉じて効率を追求するのに、
フルタイムの正社員の方がよかった。
 
■高年の管理職や専門家が貴重な体験を持ちながら
早期退職に追い込まれている。
日本の労働市場が硬直化している。
 
韓国や中国の優良企業で活躍している人もいる。
 
若年社員が高齢社員より生産性が高いというのは
知識労働には当てはまらない。
 
■私事で恐縮ですが、
自営業のコンサルティングの株式会社を持つともに、
2つの大学の客員教授としてパートタイムで働き、
 
若年性認知症家族会の電話相談や
介護者支援のNPOでも本業のコンサルタントとしての
経験を活かすべきボランティアで
働いています。
 
■企業も、
金銭以外の動機で働く多様化した人材は
高齢化社会とともに増えて行く。
 
これから
雇用関係は多様化し、
フルタイムでない人々を惹きつけ、
社会資源として活躍してもらうマネジメントが重要となりますね。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。

「経」「史」「集」

2010年5月18日 13:48

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている古代インドの 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第102回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く 
  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『「経」「史」「集」』
 
■おはようございます、今岡善次郎です。
 
映画「ただいま それぞれの居場所」
を見ました。
 
認知症介護施設で
介護する人、介護される人の人間模様が情感を持って
描かれている。
 
泣きがあり笑いがあり
修羅場の中に喜びがある。
 
人生苦難な体験が
楽しさ喜びを倍加させるのではないかと
考えさせられました。
 
さて、
●今週のテーマ
====================
1.「経」「史」「集」
2.社会と経済と人間 
====================
 
1.「経」「史」「集」
 
■安岡正篤によると、
東洋の学問は、
西洋の近代科学の学問体系とは違って、
人間の全て(全人格)に基礎を置くという。
 
西洋が「知」的理解を重視するのに対して
東洋は「知」「情」「行」の全てにわたって修行することを
目的にする。
 
■人物を磨く学問は
「経」「史」「集」に分類される。
 
「経」学とは人間・組織・社会の基本原理であり
物事を成すにあたり利用できる原理である。
 
「史」学とは、人や組織の成功失敗の行為実践の
歴史事例を学ぶことである。
 
「集」学とは、情操を鍛える詩文集である。
人はどんな感情を持ってことをなすか。
 
■最近の脳科学者が、
自らの仕事で成果を上げ、オリンピック選手の金メダル獲得に
有効な脳の使い方を伝授し始めました。
(日本大学医学部脳神経外科 林成之)
 
論理的思考をする前頭前野だけではなく、
実践の空間認知中枢、
感情を司る大脳辺縁系の全てが
有効にネットワークの「発火現象」を起こす時
成果があげられる。
 
■人生も組織も社会も
マネジメントで成功するには、
原理(経)を学び、実例(史)を知り、
発憤(やる気)になる情操(集)を養わなければ
ならない。
 
東洋の人間学も
ドラッカーも近代西洋の科学的体系を超えた
全人格によるマネジメントを
語っているのですね。
 
 
2.社会と経済と人間 
 
■ドラッカーによると、
人も企業も公的組織も3つの側面、
 
社会的側面
経済的側面
人間的側面
をバランスさせなければ生き残れない。
 
■国別に特徴が表れている。
 
ドイツは日本の介護保険制度が参考にしたように
社会的側面に重点を置いたが労働市場の硬直をもたらした。
 
アメリカは経済的側面を強調し金融資本主義を生み
経済危機をもたらした。
 
日本は共同体人間の側面を大事にしたが、終身雇用を
維持できなくなった。
 
■日本の総理大臣が過去20年ずっと短期間に
失脚しているように、
多くのアメリカ企業のトップマネジメントも
短期間に失脚してきた。
 
ドラッカーに言わせると
現代のマネジメントの失敗と短期失脚は
人物の欠陥ではなく、
システム定義の欠陥であると。
 
■人も組織も社会も、システムとして見た時、
 
社会的側面
経済的側面
人間的側面
をバランスさせなければならない。
 
行政に依存するだけではなく、
利益を追求するだけではなく、
仲良しクラブになるだけではない。
 
人も組織も精神的に自律して、経済的にも自立し、
使命を自覚し、社会の中で役立つことで
チームが結束するようにする。
 
学校でも、家族会でも同じですね。
 
そのような真摯なマネジメントが
生き残りの条件なのだと。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。

謙虚な弟子

2010年5月11日 10:51

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第101回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★     
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く  
  人生・企業・社会の共通のフラクタル構造~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『謙虚な弟子』
 
■おはようございます、今岡善次郎です。
 
25日の日曜日、
娘と一緒に妻との面会に病院へ行きました。
 
天気が良かったのでレストランに行って
ケーキとコーヒーをサービスしました。
 
車椅子 今日は離れて 歩いたね
娘がいると 笑顔も多く
 
私一人よりも娘と妻に会うと
妻の笑顔が多い。
 
男より女が賑わう。
 
さて、
●今週のテーマ
====================
1.謙虚な弟子
2.協働連合体に帰る
====================
 
1.謙虚な弟子
 
■「君子に3畏(おそれ)あり」
(君子は3つのおそれ抱く)そうです。
 
君子とはドラッカーの言葉で
マネジメントする人と言っても良い。
 
人生を真摯にマネジメントする人、
組織を真摯にマネジメントする人、
行政を真摯にマネジメントする人、
皆君子ですね。
 
■3つの畏(おそれ)とは何か。
 
君子は
天命を畏れ、
大人を畏れ、
賢人を畏れる。
 
その意味は、
 
マネジメントする人は
自分の使命に真摯であって、
自律している他人の意見を良く聞き、
師や友から常に学ぶ謙虚さが必要だ、
ということですね。
 
■一人ひとりは
人と人とのネットワークチェーン(連鎖)
の中で1つの環(わ)でしかない。
 
一人ひとりは宇宙人生の1つでありながら、
同時に小さな存在でもある。
 
■「偉人は皆、道において
謙虚な弟子となることを悦ぶものである」
(安岡正篤の「政治家と実践哲学」)
 
「俺が俺が」と自説だけで相互批判を
繰り返す多党乱立の政治も
 
そして私自身も
反省を促されるメッセージです。
 
2.協働連合体に帰る
 
■ドラッカーによると
近代的企業組織の考え方と構造の原型は20世紀最盛期の
GMにあった。
 
しかし今はその管理権限の集中化の
マネジメントモデルは破綻した。
 
GMに代わって世界の自動車メーカーのトップになった
トヨタ自動車は今、苦難にあるが、
 
成功した組織構造の原点は集中統合ではなく、
自律する系列部品メーカーとの連合体の
サプライチェーン構造だった。
 
現在最先端の製造業ビジネスモデルは
ブランドをもつ製品開発メーカーと工場を持たない
製造委託先が自律して協働するサプライチェーン連合体
である。
 
最近は知的所有権を自社内で閉じ込めて
すべて統合する組織モデルから
異業種で情報を共有するシンジケートの
サプライチェーンネットワークが成功している。
 
■自然生態系では
1つ1つの種は、自律した生命であるが
1つの種だけ餌を独占して成長すると
生態系のバランスが崩れる。
 
今人類は自然生態系を独占しようとした結果
「環境問題」を引き起こし
生態系を破壊しようとしている。
 
企業組織も政府も1つの組織が強大になり大きくなると
社会生態が壊される。
 
何でも中央政府に頼る自律性の欠如が
政府の財政破綻をもたらした。
 
そのつけは最後には市民の存続の危機につながるのです。
ギリシャの市民が今あわてている。
日本も他人事ではない。
 
企業も人も社会も連合体として
助け合い共生することが
社会生態自身が生き延びる秘訣です。
 
■元々、トヨタなど日本企業の系列や
アメリカでも初期のシアーズと納入業者との関係
イギリスでもマーク・アンド・スペンサーと納入業者との関係
も協働する連合体であった。
 
最近の
異業種連合体の動きは
19世紀の農業協働組合と同じモデルだと言う。
 
日本の道州制の議論など地方分権への渇望。
政府に頼らない市民が相互に助け合うNPO活動。
医療機関ではなく患者家族会の相互助け合いなど。
 
これは中世の市民社会への回帰かもしれません。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。

宇宙人生と人間

2010年5月 3日 06:49

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第100回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★     
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く  
  人生・企業・社会の共通のフラクタル構造~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『宇宙人生と人間』
 
■こんにちは、今岡善次郎です。
 
このメルマガ創刊から1年9カ月経過し、
100回目を迎えることができました。
 
読者の支援のお陰です。
ありがとうございます。
 
私の友人の何人かから
彼らの奥様が熱心な読者だと
言ってくれます。
 
語りかけると聞いてくれていたが、
今は会話もできない状態で入院中の妻を持つ、
一人暮らしの男にとっては
嬉しい報告です。
 
ありがとう、友よ!
 
さて、
●今週のテーマ
====================
1.宇宙人生と人間
2.人は手だけ雇えない
====================
 
1.宇宙人生と人間
 
■宇宙は生きている生命である。
 
これは宗教ではなく、
科学者が言っていることです。
 
安岡正篤は言う。
 
宇宙は絶えざる創造変化をしており、
その宇宙生命より人間に与えられているのが
「徳」だと。
 
■「徳」とは
人間が本来自然の存在として持っているものであるが
常に変化し、新しく生まれ変わる。
 
人は
天と一体化して、絶えざる変化をしている
1つの宇宙なのだと。
 
水が常に入れ替わっているが
満満と水を湛える泉のように
一人ひとりに与えられているのが
「徳」なのだそうです。
 
徳とは生命かもしれない。
 
■西行法師の和歌が紹介されています。
 
わずかなる 庭の小草の白露を
求めて宿る 秋の夜の月
 
小さなところに宇宙がある。
一人ひとりに宇宙生命がある。
 
■「生命は分けても分からない」
「生命に部分はない」
「生命は常に壊れて新しく生まれる動的平衡である」
(分子生物学者の福岡伸一先生の知見)
 
一人ひとりの人間も
1つ1つの組織も
どんな小さくても、それは全体なんですね。
 
ドラッカーも同じようなことを別の表現で言っています。
 
 
2.人は手だけ雇えない
 
■ドラッカーに言わせると
人は手だけ雇えない。
必ず頭も心も含む人がついてくる。
配偶者もついてくる。
 
組織は部品を買うように
特定の機能だけを買うことはできない。
人がついてくる。
 
■人の意欲の源泉は
金以外のところにある。
 
知識労働者とドラッカーが定義する働く人にとって
仕事に責任を持ち、自ら意思決定する
全人格が満たされなければならない。
 
金だけで指揮命令される組織に従属されたくない。
 
知識労働者は組織を必要とし、
組織は知識労働者を必要とするが、
働く場を変わる能力を持ち、自信を持つ。
 
■つまるところ、
企業や学校やクラブ活動などどんな組織でも、
人と組織の関係は対等の関係にあり、
人は組織から敬意を払われなければならない。
 
どんな組織も手だけの所属はできないのです。
ドラッカーのマネジメントの基本のところですね。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
photo

最近のブログ記事