P.F・ドラッカーに学ぶ人生・起業・社会設計のすすめ|今岡善次郎のマネジメント・メルマガ

株式会社ビジダイントップページ>>人を幸せにするマネジメント改革

無限の有限化

2010年3月30日 21:18

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第094回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★     
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く  
  人生・企業・社会の共通のフラクタル構造~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『無限の有限化』
 
■こんにちは、今岡善次郎です。
 
数年の在宅介護から妻を入院させて
子供たちは巣立って行き、
独り暮らしも1年半になりました。
 
独りだけどいろんな人のお世話になり、
仕事にも復帰しつつ、
読書する時間も増えました。
 
知らないことが余りにも多い。
メルマガ読者の皆さんは私の勉強のお付き合いして
頂き感謝しています。
 
いろいろコメント、情報提供ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
 
さて、
 
●今週のテーマ
====================
1.無限の有限化
2.ネクストソサイエテイ
====================
 
1.無限の有限化 
 
■「生命は無限の有限化である」と言われると
どう感じますか?
 
スピリチュアルな話と
違和感を感じられる方も多いと思います。
 
でもこう考えると分かりやすい。
 
父母がいてそれぞれに父母がいて、
誰しも先祖をさかのぼると、
2人、4人、8人、16人、32人・・・無限の
過去に連鎖している。
 
子供、孫・・・無限に未来に連鎖する。
 
だから生命とは無限に連鎖している。
 
この無限の連鎖の網の目の
1つの有限な「環」が自分の生命である。
と解説すれば納得できるでしょう。
 
1つの企業は経済連鎖の1つの「環」である
との定義と変わりありません。
 
■「生命は無限の有限化」に違和感を感じたり、
「だからどうした?」と突っ込みを入れたくなったりするのは、
現代が科学的であることに価値観を優先させるからです。
 
近代科学は分解し限定した範囲で実証してこそ
正しいとする。
 
分解し限定するが故に部分的閉鎖的な世界に限定される。
専門分野の効率が優先される。
自分だけ、自社だけ、生きている間だけと
空間的時間的に限定して生きる。
 
生命観とは空間的時間的に世界を俯瞰することです。
 
■しかし、
現実から離れると宗教的や迷信につながりやすい。
 
現実の世界につながって
時間的空間的に全体を俯瞰すること、
それがマネジメントの基本ですね。
 
生命を無限の時間の中での連鎖と考えたり
社会経済は人や組織の空間の中での連鎖と考えたりする
ことで、
なぜ仕事をするか、
なぜ企業はミッションが必要か、
理解しやすくなります。
 
■自分だけ自社だけと考えて利益追求することで
犠牲になる消費者や、
金融危機で破綻する企業が多い。
 
顧客の安全や、社会の持続的維持を最重要とすれば
自動車会社のリコール問題、
環境問題は大きくならない。
 
組織も人も時間的空間の無限の連鎖の
1つの環であると認識することで
ミッションや行動規範が生まれる。
 
ミッションとは経済行為の連鎖の中で
自社の存在意義を確立することだろうと
思います。
 
 
2.ネクストソサイエテイ
 
■民主党政権の政権交代への期待が混迷を深めています。
 
デフレが進み、経済が低迷し、国家財政が税収の落ち込みで
サラ金運営して国家財政の危機が押し寄せている。
日本だけではなく、ギリシャを発端に西洋も、
米国だって先進国の多くが危ない。
 
韓国や中国、インドが台頭して元気がいい。
 
これからどんな時代になるのか?
一人ひとりの生き方、1つ1つの組織にとって
どう臨んで行ったらいいのか?
 
■事業仕分けの議論は
官僚のカネへの執着を再認識させました。
 
政治とカネの問題は
鳩山総理や小沢幹事長の政治倫理よりは
政治家も国民もカネで動いていることを
再認識させました。
 
■ドラッカーの晩年、2002年出版し
「ネクスト・ソサエティ」(P・F・ドラッカー、上田惇生訳)
によると経済より社会の変化に注目すべきだと言う。
 
我々ひとり一人にとって
1つ1つの組織にとって、
成功するも失敗するも経済よりも社会の変化に焦点を当てることが
重要だとドラッカーは言ってくれます。
 
■政治も企業経営も一人ひとりの人生設計も
社会がどう変化しているかしっかり認識しなければなりません。
 
少子高齢化による医療介護と教育産業への影響。
百貨店やスーパーの衰退とユニクロや無印良品の成長。
従来型の製造業の衰退。
先進国経済の衰退と新興国の勃興。
 
これらの現実から
ネクスト・ソサエティをどう読むか、
ドラッカーの社会生態学洞察を借りながら考えていきたいと
思います。
 
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。

運命はどうにでもなる

2010年3月23日 16:52

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第093回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★     
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く  
  人生・企業・社会の共通のフラクタル構造~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『運命はどうにでもなる』
 
■こんにちは、今岡善次郎です。
 
安岡正篤の言葉を紹介し、
ピーター・ドラッカーを重ねる。
 
ピーター・ドラッカーの言葉を紹介し、
安岡正篤を重ねる。
 
共通するのは人間学、
人間学に基づくマネジメントです。
 
人と組織と社会の連鎖のマネジメントですね。
 
メルマガ続けます。
 
さて、
 
●今週のテーマ
====================
1.運命はどうにでもなる
2.興奮と挑戦と変化と
====================
 
1.運命はどうにでもなる
 
■安岡の文章には
「知命」「立命」という「命」に言及したものが
多いですね。
 
人間が個の存在を超えて生きることが
命を立てること(立命)と言いました。
 
それでは「運命」とは何でしょうか?
 
■病気になったり
大事な人を失ったり、
失業したり、
才能がないと知って絶望したりする時、
 
人は「運命」という言葉を使って
諦めます。
 
諦めるのも1つのマネジメントです。
 
■しかし、
安岡は言ってくれます。
 
どうしようもないと思われる運命は
立命によってどうにでもなる。
 
人は元来で天物であり、神秘であり、
俗衆(われわれ普通の人間)には
はかりしれないものがあると。
 
■「人は天物」という意味は
人は一人ひとり閉じた孤立してはいないから
個として弱い存在ではない。
 
自分を天物として意識すれば
人は必ず立ち直るようにできている。
 
つまり、「命」に目覚めることで
知恵と勇気と行動につながる。
 
「運命はどうにでもなる」
と言っているのですね。
こんな考えで生きたいものですね。
 
如何ですか?
 
2.興奮と挑戦と変化と
 
■仕事は人に指揮されるままに
いやいややるものではない。
仕事は心躍るものにするのは自分である。
 
これは、
ドラッカーの人間学的マネジメントの基本です。
 
■人は自らを駆り立て、
価値ある所を得て、
喜びを仕事の成果に求める。
 
出世や名声や財産はたいした問題ではない。
 
自ら持っているもの、
自分の強みを活かして
成果を上げることである。
 
■成果を上げる人と上げない人の差は
才能ではなく、習慣であると
ドラッカーは言います。
 
問題ばかり気を取られる習慣ではなく、
予期せぬことを見つけ、
予期せぬ成功を追及する習慣を作る。
「やった」と言ってドーパミンを
分泌する習慣を。
 
■リストラやコスト削減ではなく、
売上を2倍に増やす成功を追及する。
 
自らの仕事において、
「興奮と挑戦と変化」を生みだす習慣をつける。
 
すると仕事が刺激を与えて自分を成長させる。
 
飽きることを自らに許さない。
 
ドラッカーには励まされますね。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。

個の存在を超えるには

2010年3月16日 07:18

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第092回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★     
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く  
  人生・企業・社会の共通のフラクタル構造~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『個の存在を超えるには』
 
■こんにちは、今岡善次郎です。
 
寒い日が続いていましたが、
どうやら冬から春の気候に移り行く気配を感じますね。
 
季節の変化を見ること、
それは、自然は生き物であることを感じること
じゃないかとふと思いました。
 
日課にしている気功や座禅を室内から公園に戻しました。
妻を病棟から連れ出して外を散歩させ始めました。
 
さて、
 
●今週のテーマ
====================
1.個の存在を超えるには
2.責任ある存在になる
====================
 
 
1.個の存在を超えるには
 
■安岡正篤が人間学で
重視しているもの、
 
知命:天命を知る
立命:命を立てる
 
私の60年の人生では意識していなかった言葉です。
 
あなたはどうですか?
 
■しかし、
仕事のテーマにしていたことと、
アルツハイマーの妻を介護する体験が、
安岡やドラッカーを通して結びついた。
 
人は独りの個の存在ではない。
企業も組織も個の存在ではない。
 
どちらも、
繋がって連鎖している関係であると。
 
■天命は
絶対絶命の苦難の時、理解できるものだと言う。
 
天のまさに大任をこの人に下さんとするや、
必ずその心を苦しめ、
その筋骨を労せしめ、
その体膚を飢えさせ、
行うこと、そのなさんとするところに払乱せしむ。
 
何もかもうまくいかないのは
天命を知らせるために試されているのだと。
 
すごい前向き思想ですね。
 
■あなたは何者かと問う時、
個人としてのプロフィールではなく、
時間的空間的なつながりの中で
どんな役割を持っているかと問わなければならない
のですね。
 
組織も同じですね。
 
どんな会社かというとき、
大事なのは社会の中での役割なんですね。
 
つまり知命とは
個の存在を超えて生きること、
1つの組織を超えてマネジメントすること、
 
考えると成果を上げる視野が広がります。
 
 
2.責任ある存在になる
 
■どのように人生を生きるかが
仕事への取り組みに大きく関わっていますね。
 
ドラッカーの有名な問いに、
「何によって憶えられたいか」
というのがあります。
 
■ドラッカーはかかりつけの歯医者に
この質問をぶつけたら、
 
「死体解剖した歯医者が、
この人は一流の歯医者にかかっていたと
言ってくれること」
 
と答えたという。
 
 
■人は社会との関わりのなかで、
自分を成長させたい存在である。
 
自らの成長は組織や社会への使命によって決まる。
責任ある存在になることである。
 
責任ある存在になるということは
自らの総力を発揮する決心をすることであると
ドラッカーは言います。
 
■個としてのうぬぼれやプライドではなく、
責任に重点を置くということ。
 
それは能力や技能を習得することだけではない。
人間として大きくなることであると。
 
ドラッカーのマネジメントの基礎には
人が社会の中で責任を持つことの
美しさが読み取れますね。
 
東洋の「才より徳」「仁」「義」と同じですね。
 
必ずしも、天下国家を論じなくてもいい、
家族や職場、地域、あらゆるところに
個を超えて生きる場があります。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。

天に棄物なし

2010年3月 9日 19:45

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第091回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★     
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く  
  人生・企業・社会の共通のフラクタル構造~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『天に棄物なし』
 
■こんにちは、今岡善次郎です。
 
ギリシャが発端となって
国家の財務破綻、ソブリンリスクが問題になっています。
 
日本も米国もイギリス、ドイツ、フランスも
金融危機を国債発行で大恐慌を回避してきました。
 
第二次世界大戦に相当する
国家のキャッシュフローのマネジメントはいずれ破綻する。
 
でも国民が財産を無くしても
命を保全できなくなる
戦争だけはしないで欲しいものですね。
 
さて、
 
●今週のテーマ
====================
1.天に棄物なし
2.脳科学がマネジメントを変える
====================
 
 
1.天に棄物なし
 
■多くの人間は
せっかく人間に生まれながら、
一生を台無しにしてしまうのはなぜか?
 
と安岡正篤は問います。
自分を限定している。
 
生まれた時から
自分を限定するように自分を馴らしてしまっている。
 
 
■人は自分を知らない。
 
だから心を尽くして生きていない。
 
己を尽くしていない。
 
■そこで我々に活を入れてくれます。
 
天に棄物なし。
いわんや人間においておや。
 
棄人、
棄てていい人間なんているわけない。
 
絶体絶命の場に立たされた多くの人が
この言葉で生き返るのだそうです。
 
■不治の病気になったり、
大失敗したり、
失職したり、
 
恐怖におののくとき、
人は人間としてまっすぐ立たないと
どうもしようがない。
 
天に棄物なし。
 
心に響かない?
 
あなたは未だ絶望体験がない、
かも?
 
 
 
2.脳科学がマネジメントを変える
 
 
■最近脳科学がブームですね。
TVの番組や書籍でも売れているようです。
 
MRIなど脳画像診断技術の進歩でしょうか。
 
記憶や思考や感情が脳のどの部分が活性化しているか。
 
ドーパミンやノルアドレナリンなどの
神経伝達物質がやる人間の行動に影響に大きな影響を
与えていると、
脳科学者、脳外科医、脳神経外科医が
語り始めました。
 
その内の1つ、面白い本を紹介しましょう。
 
脳の覚醒下手術の第一人者で脳外科医、
篠浦伸禎先生の「脳は『論語』が好きだった」
 
■思考や知力だけではなく、
喜怒哀楽も脳の働きなんですね。
 
面白ですね。
 
考古学が遺伝子工学や原子物理学で進化したように
又気象学が数学とコンピュータによって進歩したように、
 
マネジメントも人間の本質に基礎を置くのであれば、
 
その体系も
脳科学によって変わるかもしれません。
 
■ドラッカーは言っています。
ヨーロッパにおいて
19世紀にはテクネは知識ではなかった。
 
テクノとは職人の技術で生計の手段であり知識とは
見なされなかった。
 
日本でも大工や左官は知識人とは見なされませんでした。
言葉や理論の左脳使いが知識人で
空間認知の右脳の仕事は知識人と見なされない。
 
しかし、テクネの延長が
技術者、医師、看護士、介護士、弁護士、会計士、
そしてマネジメントもそうですね。
何が違うか、
理論に必要な言葉は左脳を使う。
 
しかしテクネは現実現場現物の空間認知能力である
右脳も必要とする。
 
自民党の元財務大臣、与謝野氏が
鳩山首相は「理科」しか勉強できなかったから
政治が分かっていないと言いましたね。
 
本当でしょうか?
 
■ドラッカーは、
テクネの専門知識は一般人にとって
精通する必要はないが、
一般知識にする必要があると言っています。
 
その責任は専門家にあると。
 
ドラッカーの社会生態学的マネジメントが
分かりにくいという人が多いですが、
一般知識にするためには
脳科学の発見が役立つかもしれません。
 
私、今、脳を勉強しています。
 
何かヒントお持ちの方、
メール返信でご連絡頂けると嬉しい。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 

自靖自献(じせいじけん)』

2010年3月 2日 06:31

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第088回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★     
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く  
  人生・企業・社会の共通のフラクタル構造~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『自靖自献(じせいじけん)』
 
■こんにちは、今岡善次郎です。
 
先日の日曜日の朝、
3年前まで妻の在宅介護中、
毎日日課のように散歩していた道を
独りで歩きました。
 
しっかり歩き、簡単な会話もできたが
病気のことを考えると辛かった日々が今は懐かしい。
 
お昼は病院へ行って食事を介助しました。
 
何年か先、
食事を介助した時間を懐かしく思うでしょうか?
 
さて、
 
●今週のテーマ
====================
1.自靖自献(じせいじけん)
2.知識社会と組織社会
====================
 
 
1.自靖自献(じせいじけん)
 
■人が学ぶ目的は何か。
 
安岡は「知命と立命」と言う著書の中で
人が学ぶ目的は
自靖自献<自ら靖(やす)んじ、自ら献(けん)ず>
ということがあると言っています。
 
人は
内面的には良心の安らかな満足を得て、
外に発して世の中のため、人のために自己を献ずること
が学ぶ目的だと言います。
 
■まず、自分の心を安定させることと、
人のために貢献することが同時にできていなければならない。
 
顧客満足(CS)が盛んですが、
まず社員満足(ES)も必要だという議論と似ていますね。
 
■そこで必要になるのが
自靖するには、
すなわち心が満足することは何か、
と問うことですね。
 
我々は何をしたら心が真に満足するのか。
自分の名誉か、
自分の利益か。
人に誠を尽くすことか。
 
■最近の脳科学によると、
人の喜びが自分の喜びになるように
人間の「脳」はできているそうです。
 
自靖と自献は同時にある。
 
社員満足と顧客満足は同時にある。
どちらがより重要と言うことではなく、
コインの裏表である。
 
民間企業であれ、
政府機関であれ、
人と同じように「自靖自献」でなければならない。
 
ドラッカーが常に、
顧客は誰か、
なすべきは何か、
と問えと
語っていることと通じます。
 
そして成果は外にあると言っています。
 
成果が外にあるというのは
「自献」こそ、
マネジメントの目的であると言っていることと
同じではないでしょうか。
 
 
2.知識社会と組織社会
 
■資本主義社会の後は知識社会だと言われてきました。
主要な資源はカネではなく知識だからと。
 
知識はデータや書物ではなく人であり
専門分野別に存在する。
 
知識社会と言われるが、昔から、
人間が存在した時から、知識はあった。
 
■しかし、あらゆる社会において、
過去の知識人は、教育ある人間は、
飾り物に過ぎなかったと
ドラッカーは指摘します。
 
芸術家、学者、僧侶、宗教家などいわゆる文化人は
敬意とともに冷笑の対象であったと。
 
知識社会は言葉や思想に焦点を合わせる。
知識人は「好きなことをする人種」とみられる。
 
つまり現実の世界に関わりがないものと見なしていた。
 
■ここに組織社会が登場した。
組織社会は人と仕事に焦点を合わせる。
 
知識人が思想家、学者、研究者とすれば
組織人は彼や彼女の知識を組織の目的にまとめる人である。
 
■知識人は自分が社会と関わるために
組織人を必要とする。
 
一方、組織人は社会的目的を達成するために
知識人を必要とする。
 
知識社会と組織社会は相互に補完関係にあるとドラッカーは
言います。
 
専門技師とプロジェクトマネージャー。
官僚と政治家。
機能別組織と経営者。
 
イノベーションする人と
マーケティングする人もこの分類に入るでしょうか?
 
あなたはどちらですか?
 
 
一人の中に両者を兼ねることもあるでしょうね。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 
photo

最近のブログ記事