P.F・ドラッカーに学ぶ人生・起業・社会設計のすすめ|今岡善次郎のマネジメント・メルマガ

株式会社ビジダイントップページ>>人を幸せにするマネジメント改革

自ら反(かえ)る

2010年2月23日 06:22

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている 
「インドラの網(ネット)」は供給連鎖モデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第088回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★     
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く  
  人生・企業・社会の共通のフラクタル構造~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『自ら反(かえ)る』
 
■こんにちは、今岡善次郎です。
 
東京でも久しぶりに雪景色になりました。
正月も終わり2月、
もう春は近いが、
冬は短かったような気がします。
 
あなたは、
今年の計画の行動のスタート切れましたか?
 
今日は計画し行動することにおいて
参考になる話を紹介します。
 
さて、
 
●今週のテーマ
====================
1.自ら反(かえ)る
2.人生をマネジメントする
====================
 
 
1.自ら反(かえ)る
 
■人は間違いを犯す。
 
失敗した時、人は自分の責任ではなく、
人のせいにしてしまいがちです。
政治が悪いから、親が悪いから、顧客のわがままだとか。
 
非を他に求める。
 
自分が失敗すると自分の無能を認識して
不快な感情になる。
 
それを避けるために
他人のせいにする。
 
■失敗を受け入れて
自己の非を認めて、
自分の行動を変えることができるかどうか。
 
「自ら反(かえ)る」とは
自己の非を認めて反省することであり、
それが出来る人は成果を上げることができる
という原理です。
 
■日本のアパレル業界で独り勝ちと言われる
ユニクロの柳井正氏、
「一勝九敗」という著書で
「失敗の経験は財産である」
と言っています。
 
多くの失敗から学んだことが
成功の要因だったと。
 
■安岡は
「自ら反(かえ)る」ための心構えを説いています。
 
成功常に苦辛の日にあり
敗事多く得意の時に因る
 
ドラッカーはフィードバクという言葉で
同じ原理を説明しています。
フィードバックは生命を維持するための生命現象であり、
工学では自動制御の原理であり、
計画し実行し、結果を分析して軌道修正することです。
 
失敗の不快感を克服して失敗や困難を受け入れるのに
「失意泰然」
という言葉も安岡は紹介しています。
 
 
 
2.人生をマネジメントする.
 
■ドラッカーによると
人の寿命が組織の寿命より長くなったことで
人は益々人生のマネジメントが不可欠になった。
 
GMやJALなど
最も安定していた組織だと誰もが思っていた。
 
国債という国民からの借金で運営している政府機関
でさえ、
過去の延長で延命するかどうか難しい。
 
組織も人と同じように挫折する。
 
■組織が無くなっても、縮小されても
人の人生が終わるわけではない。
 
組織に頼ることなく、
自主性を持って人生をマネジメントしなければ
生きていけません。
 
人生、あきらめてはいけない。
 
思考と行動において
与えられた問題を解決する仕事から
一人自分の頭で問題は何かと、
問題解決より問題定義をしなければならない時代です。
 
■自らと社会にとって、困難な時に必要なことは
挫折を機会にすることであろうと思います。
 
その時、重要なのは、
コミュニテイの絆が不可欠であります。
 
ドラッカーは日本に関心を持っていました。
 
日本の終身雇用制度と組織から離れて移動せざるを得ない
状況の中、
日本人はどのように解決するのか?
 
これは他国のモデルになるはずだと。
 
■ドラッカーが求めた社会生態学的フレームと
コミュニテイである共同体における人と人の仁や義の
元である東洋の知から
人生や組織のマネジメントの原理が生まれるのではないか
と期待しています。
 
一人ひとりがぶれないで
コミュニテイである社会へ貢献する
マインドを育てるマネジメントが必要だと
考えています。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 

閑に耐える

2010年2月16日 09:42

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。
それがサプライチェーン(供給連鎖)であり、そのイメージを
表現した球形の網の結び目が宝石となっている
「インドラの網(ネット)」はモデルと考えられます。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第088回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★     
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く  
  人生・企業・社会の共通のフラクタル構造~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『閑に耐える』
 
■こんにちは、今岡善次郎です。
 
1月27日、今日もメルマガお読みいただき
ありがとうございます。
 
先週のメルマガ「人の心は造化の心」
に対して偶々二人の方から
日本人の資質の劣化の危惧を連想されて
コメント頂きました。
 
マネジメントは自己の私的利益のためではなく、
他者へ、社会への貢献のためにある。
そしてそれは身近なところでは
家族であり、職場である。
 
 
さて、
 
●今週のテーマ
====================
1.閑に耐える
2.イノベーションはリスク志向ではなく機会志向
====================
 
 
1.閑に耐える
 
■人は、
独りでいることに耐えるのがむずかしい。
私も独り暮らし2年目に入りましたが、
閑(かん:ひま)に耐えるには工夫が必要だと
分かりました。
 
独りでいること、閑に耐えることで
自己を知ることになるのです。
 
■安岡が紹介する偉大な人物の殆どは、
また安岡自身も含めて、
自己を確立した人たちですね。
 
自己を確立して世のため人のために尽くした人の多くは、
座禅という習慣を持っていることを発見しました。
 
■西郷隆盛は人生において、
6年間も獄舎において書を読み、静坐黙考した。
 
そして禁を解かれて中央政界に復帰した時、
江戸城解放
大政奉還
藩籍奉呈
など明治維新の政局を動かした。
 
■独り座禅することは
雑多な情報に惑わされることなく、
万物一体の妙理(自己の生命は大自然の生命と一体である)
を学び、
安心立命を深めることにあるようであります。
 
これは安岡の「人生信条」に書かれています。
 
閑に耐える、
独りで自己を見つめることを実践したいものですね。
 
 
2.イノベーションはリスク志向ではなく機会志向
 
■イノベーションとは改革、改善であり、
企業だけではなく、
生き方や政治にも必要な革新ですね。
 
従来のやり方よりも良い製品やサービスで
人間生活が良くなるようにする。
 
■イノベーションは難しい技術革新でもなく、
頭の良い発明でもなく、
奇をてらった新しいコンセプトでもない。
 
だが、新しいことにはリスクが伴うので
企業家も政治家もリスクを恐れず挑戦せよ、
とリスクを取れるかどうかが重要な特質だとされています。
 
■ところが、ドラッカーによると
成功した人の共通点は
リスクを避けて機会に焦点を当てている。
 
成功した人は保守的であると。
 
忍耐強い。
時機を待つ。
小さくスタートする。
 
企業家精神というのはリスク志向の勇気ではなく、
真摯に目的に立ち向かう勇気だと。
 
現場で現物を見て現実を直視し、
時機を待つ。
 
リスクを避けながら機会を活かす。
 
細心さと勇気を併せ持つことでしょうか。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
 
 
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
良い仕事とは人も組織も仕事のネットワークの連鎖の中で
シンクロナイズ(同期化)し、流れを作ること。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
 
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 

人の心は造化の心

2010年2月 9日 06:52

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。そのイメージを
表現した、球形の網の結び目が宝石となっているのが
「インドラの網(ネット)」
 
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第087回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★     
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く  
  人生・企業・社会の共通のフラクタル構造~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『人の心は造化の心』
 
■こんにちは、今岡善次郎です。
 
1月20日、今日もメルマガお読みいただき
ありがとうございます。
 
一昨日夕食時に娘と病院へ妻との面会に行きました。
娘は食事を介助して、私が歯磨き介助をしてやりました。
 
会話には もうついて 行けないが
うつろな顔に 時々笑顔
 
さびしいながらもほっとするひと時でした。
 
さて、
 
●今週のテーマ
====================
1.人の心は造化の心
2.イノベーションは知覚的認識
====================
 
 
1.人の心は造化の心
 
 
■安岡正篤によると、
東洋における人間観は
「人間とは造化である」と認識することです。
 
造化とは何か?
 
万物を作る大自然の生命である。
 
ドラッカー流に解釈すると
自然生態系を含む社会生態系である。
 
人も組織も社会も関係している「生きている有機体」、
すなわち「繋がった生命」と
考えることと同じだと思います。
 
■人と人とのつながりの中で
会社と会社のつながりの中で、
 
それぞれの人も組織も、
 
自己を虚(むな)しうして造化と
一体とならなければならない。
 
自分だけ、自社だけ良ければいいと考えない。
一人では存在できない。
わが社だけの会社は存在しない。
 
■安岡の思想の核心は
「造化は人を通じて心を発(ひら)いた」
というメッセージです。
 
難しい表現ですが、分かりやすく言うと
 
人間は大自然、生態系の一部であるが、
人間の存在が大自然、生態系に生命を与えていると
言えるでしょうか。
 
 
■「人の心は造化の心」とは、
あなたや私が考えることは
大自然や生態系である社会が考えることでもある。
 
そして強烈な表現ですが、
「宇宙人生は自己を実現しようとする絶対者の努力である」
とも言っています。
 
あなたが社会のために貢献するために努力するのは
単に個人の心ではなく、自分を含むもっと大きな生命が
努力していると同じだと言うのですね。
 
むずかしいですね。
しかし、
何か安心できませんか。
 
人間の孤独感、無力感、わびしさを解消してくれる響きがある、
と思いませんか。
 
 
2.イノベーションは知覚的認識
 
今年に入って株価は持ち直していますが、
二番底懸念は残っており、
経済的困難な時代は未だ続くようですね。
 
歴史的にみると
困難な時代にイノベーションが起こっています。
今の困難な時代を乗り越える努力が
イノベーションを生むのです。
 
■海運不況の中でコンテナ船が生まれ、
戦後日本の自動車業界存亡の危機の中で、
トヨタはジャストインタイムの生産を実現させた。
 
それらは理論や知識から生まれたのではなく、
現場現物の認識から生まれています。
 
■ドラッカーのイノベーションの定義によると、
イノベーションは科学的発明よりも、
社会的認識であるという。
 
外に出て人に会い、
現場を観察して、現場の人から
話を聞く。
 
数字ではなく人、
分析ではなく認識、
左脳ではなく右脳
であると。
 
イノベーションとは人の生活を、人の仕事を
より良くするものであり、
人々の生活に
思いを馳せる(はせる)ことである。
 
■社会からどう受け止められるか、
顧客は価値を認めるか、
その前に顧客は誰か、
どのように改善すれば喜んでもらえるか。
 
このような問いを心に持ち、
小さな兆しや変化を見る。
 
現場重視というのは、
机上では不可能な人とモノを知覚することである。
 
そうでなければ社会に貢献できる
イノベーションはできない。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
 
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 

論語読みの論語知らず

2010年2月 2日 08:40

 

人も組織も、社会である外部の資源を、社会である外部の価値に
変換する経済連鎖の一つの環です。
仏教の<無我>とは<相互依存>のことであり、人も組織も
ネットワークの連鎖でつながっている。そのイメージを
表現した、球形の網の結び目が宝石となっているのが
「インドラの網(ネット)」
 
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第086回   
                            
    ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★     
 ~P.F・ドラッカーの社会生態学的経済連鎖モデルが開く  
  人生・企業・社会の共通のフラクタル構造~      
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
   『論語読みの論語知らず』
 
■こんにちは、今岡善次郎です。
 
2010年1月13日、
大変激しい年ですが、
新しい年は始動していますね。
 
今年もピーター・ドラッカーに学び、
安岡正篤に学び、
そしてこれらの哲人が求めたものを学びたいと思います。
 
二人に共通するのは学ぶことの目標は
自分の利益のためではなく、
社会のため人のために役立つ人間になることです。
 
実を言うと自己中心に生きてきた私にとって
こんなことを照れくさくなく言うことは
簡単ではありません。
 
さて、
 
●今週のテーマ
====================
1.論語読みの論語知らず
2.人の強みに焦点を当てる
====================
 
 
1.論語読みの論語知らず
 
 
■知識はあるが、
その知識を実践できるところまで理解していない人、
「論語読みの論語知らず」
と言いますね。
 
知ったかぶりする人を批判する時、
使われます。
 
■興味深いのは、
論語を知り尽くした哲人と言われる安岡正篤が
 
自分に対して
「論語読みの論語知らず」と反省の言葉として
使っていることです。
 
人は誰でも
分かったつもりでいても
案外分かっていないものだと。
 
■安岡の著作にしても、
ドラッカーの著作にしても、
 
何回読んでも新しい発見があると、
多くの人が言います。
 
私もそういう経験します。
 
■知識が行動を伴うには、
その知識が知覚されていなければならない。
 
知覚されているということ、
腑に落ちているということ。
 
論理的に理解するだけではだめで
「心」とか「精神」とか「情」に訴えるかかどうか
ですね。
 
「知」は「情」で理解しなければ
成果のあがる「行」につながらない。
 
「論語読みの論語知らず」は
「知っているだけでは行動できない」。
 
そのように解釈できるようですね。
 
 
 
2.人の強みに焦点を当てる
 
人でも組織でも強みもあれば弱みがある。
 
「成果を上げるものは弱みではなく強みである」
とはドラッカーが繰り返し強調していた名言です。
 
一人ひとりの強みを探すことは重要です。
 
部下の強み、上司の強み、同僚の強み、
妻の強み、夫の強み、
自社の強み、顧客の強み、
仕入先の強みは何か。
 
■組織とは一人ひとりの強みを成果に変える道具であるように、
 
サプライチェーン(供給連鎖)は
組織と組織、企業と企業のそれぞれの強みを
成果に変える道具である。
 
成果とは社会である顧客への貢献である。
 
■人は他人のことは分かっても自分のことは分からない。
 
一生をかけて自分探しの旅をしている。
 
東洋では
「士は自分を知る者のために死す」
という箴言があります。
 
自分を分かってくれる人ならば死んでもその人に
感謝し報いたいと。
 
■人の卓越性を妬んでも自分が強くなるわけでもない。
 
逆に人の卓越性、その人の強みを見つけることは
自分と人との関係において、
さらに大きな卓越性を発揮する第一ステップになる。
 
マネジメントの要は、
顧客である他社の強みを顧客以上に知ることかもしれない。
 
上司の強みを中心に置くことほど
部下は成果を上げやすくなることはない。
 
顧客の強みを中心に置くことほど
わが社が成果を上げやすくなることはない。
 
人の強み、すなわち人の長所に焦点を当てることが
成果をあげるのですね。
 
本日もメルマガ読んで頂きありがとうございます。
 
今岡善次郎
 
----------------------------------------------------------------
株式会社ビジダイン
http://www.bizdyn.jp/
東京農工大大学院客員教授
多摩大学大学院客員教授
http://www.tuat.ac.jp/~rmmot/about/prof/imaoka.html
http://tgs.tama.ac.jp/modules/teacher/index.php?fct=photo&p=33
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。
 
photo

最近のブログ記事