P.F・ドラッカーに学ぶ人生・起業・社会設計のすすめ|今岡善次郎のマネジメント・メルマガ

株式会社ビジダイントップページ>>人を幸せにするマネジメント改革

ドラッカー、経済危機を読む視点

2009年3月24日 21:14

昨年12月たけしの
「本当は怖い家庭の医学」で
アルツハイマー病の妻と実名・実写で出演したことは
このメルマガで報告しました。

田舎の中学の同窓生が同窓会でビデオを皆で見て
感想を送ってくれました。

こころ温まる励ましの言葉とともに

「淡々と介護しているのに救われました」
という表現がありました。

「苦中楽あり」
「死中活あり」
「忙中閑あり」

やりすぎてはいけない。

どんな危機にあっても
仕事も頑張りすぎてはいけない。

生態系で生きていくにはルールがあるようです。

さて、

●今週のテーマ
====================
1.知りながら害をなすな
2.金融危機不況を見る視点
====================

1.知りながら害をなすな

なぜマネジメントは経営陣に独占されているのでしょうか?

人間は悪意に満ちており
知っておりながら害をなす存在だから

能力があり善意のあるトップリーダーの言うとおりに
すべきであるという性悪説が

マネジメントを
特権階級のものにしているかもしれません。


■「知っていながら害をなすな」は、

ドラッカーが
2500年前のギリシャの名医「ヒポクラテスの誓い」から
引用したものです。

医者も弁護士もコンサルタントも、マネジメントも
顧客に対して必ず良い結果をもたらすことを
保証するものではない。

最善を尽すことしかできない。

しかし少なくても

「知っていながら害をなさないこと」は
当然の約束にしなければならない。

すなわち悪意がないことを
顧客が信じなければ
仕事そのものが存在しないのですね。


■米国発の金融危機で、
米国の金融機関のトップが批判されていますが、

ドラッカーは
「知りながら害をなす」事例として
米国の経営者の超高額報酬を挙げています。

『それは、アメリカ社会に亀裂の原因をもたらし、
 社会的病、社会的欝の原因を作っている
 深刻な罪と言うべきである。』

と言っています。

■プロフェショナルもマネジメントも
そしてコンサルタントと言われる
われわれのような仕事も、

顧客に対して必ずしも良い結果をもたらすことを
保証するものではない。

最善を尽すことしかできない。

唯一保証しなければならないのは
「知りながら害をなすことはない」
ことです。

分かっていても私欲が勝ると
「知りながら害をなすこもある」

自戒すべき言葉ですね。

 

2.金融危機不況を見る視点

輸出に依存していた日本経済(GNP)が減少し、欧米の金融機関が
国有化されつつあり、失業率も上昇しています。

でも恐れることはありません。

現実をしっかり観察して、
一人ひとりが成すべきことをしっかり考えれば
前向きに生きられますよ。

ドラッカーの「社会生態学」視点を利用して
この危機の要因を観察して成すべきことを
考えましょう。

(ちなみに社会生態学とは、social ecology の訳です)

自然生態学においては、

「ある生物の種」は「他の種」と間で相互に関わっています。
一方の産出物を他方が利用しあうという
「共生」の連鎖関係で生態系は存在していますよね。

人間と大腸菌などもそうです。

■我々の社会での経済活動も「共生」の関係なのです。
ドラッカーの言う「経済連鎖」
(又は供給連鎖というサプライチェーン)で
企業間、産業間、国家経済圏は関わり合っていますよね。

どんな製品でもサービスでも、買い手(需要者)と売り手(供給者)は
連鎖するネット(網)を構成しています。

隣接する企業間では、
一方が産出したモノ(実物)、カネ、金融商品(債権)
を相互に取引して共生しているわけです。

生態系ではどんな「種」も単独では
生き延びることができないように、

人も企業も、産業も、国家も
単独では生き延びることはできないでしょう。


■すでに1980年代には日本や欧米で
実物経済がマイナス成長になりました。

欧米ではサッチャーやレーガンが出てきて、

規制緩和を進め、「金融経済」という「人工の種」を
増殖させて「共生」させて
実物経済も再生させました。

金融工学を駆使して人類が創造した「金融商品」は
共生関係の中で取引される内に「不良在庫」になった。

経済連鎖の中で「人工の種」が急激に退化して
心筋梗塞で血流が悪くなるように

カネの流れが詰った。


■世界最強のトヨタもまた、

獲得した利潤で潤沢な資金を使って

GMと同じように

過剰な自動車ローン、サブプライムローンで
創造された「種」を育てて急拡大を続けた。

しかし、急成長させた「人工の森林の早期伐採」は
生態系の一部を破壊した。


破壊された生態系の中での再生には、
ドラッカーの知、
孔子など東洋の知が
効果的です。

マネジメントのDNA

2009年3月 8日 10:14

妻の自宅介護の数年のブランクから復帰して、

仕事らしき行動、

こうしてドラッカーを学びメルマガ書いたり、
講演の依頼に応じたり、
自分でセミナー企画したり、
仕事の企画を考えたりしています。

時には仕事に熱中していると介護者であることを
忘れてしまいます。

そんな自分で良いか悩みます。

だから先週も仕事の休みを取れた娘と
妻を外泊させて又箱根温泉に連れて行きました。

「温泉に ゆっくり浸かって 久しぶり
寝ても覚めても ハミング笑顔」

施設でいつも流れている音楽が
アルツハイマーの頭にもこびりついているのでしょうね。

言葉による会話はできませんが
ハミングと笑顔での会話はOKです。

さて、

●今週のテーマ
====================
1.マネジャーの役割
2.最前線のマネジメントが組織のDNAである
====================

1.マネジャーの役割


マネジメントは、組織が外にある成果のために、

すなわち社会の顧客のために、

成すべきをなし成果を上げることであると

言いました。


■そのために、組織の中で、
マネジャーの仕事をどのように設計したら良いのか?


ドラッカーは
マネジャーの仕事を設計する時、
4つの視点用意しています。

①継続的仕事
②任務
③上下横の関係
④情報とその流れ

の4つです。

■一方、社会生態学的表現の元である身体論から見ると、
器官が身体とともに健全であるためには、
4つの条件が必要ですね。

①器官の機能
②器官の身体における役割
③他の器官との相互作用
④血流やホルモンバランスなど情報の流れ

が不可欠でしょうね。

■ドラッカーは対比させていませんが、
身体との比喩が使えます。


器官の機能
→継続的仕事

器官の身体での役割
→任務

他の器官との相互作用
→上下横の関係

血流やホルモンバランスなど情報の流れ
→情報とその流れ


■この比喩は「企業は社会的機関である」
にも当てはまります。

企業は社会の機関であり「器官」でもあります。

①財やサービスを提供する機能
②社会における役割任務
③他企業他産業との相互作用
④モノヒトカネ情報のロジスティクス

の4つです。

マネジャーの仕事も、
企業の仕事も

生態学的に捉えられますね。


2.最前線のマネジメントが組織のDNAである

最前線のマネジメントが組織のDNAである、

とは

日本的経営で重視される現場主義と通じるものがありますね。

現場から離れたマネジメントはコックピットを見ない
パイロットと同じで危ないですね。


■上層のマネジメントの仕事は、
最前線のマネジメントを助けるための派生的仕事に過ぎない。

あらゆる権限と責任は最前線にある。

GEの電球事業部の内規に
アメリカ憲法をなぞって

「明文を持って規定されないかぎり権限は
下位のマネジメントにある」

というのがあるそうです。


■一方これとは正反対なのがプロシア法だそうです。

曰く、

「命じられていないかぎり、全ては禁じる」
というルールです。

組織内の人間は考えてはダメだ。
言われたことだけをやれば良い。

人間は悪意に満ちており
知っておりながら害をなす存在だから

能力があり善意のあるマネジメントの言うとおりに
すべきであるという性悪説に基づく考えでしょうね。

■どんな組織も社会の機関であり公器であるように

どんなプロフェショナルも
マネジメントも

組織の人間として自律性と善意ある責任と自由を兼ね備え
ていることを前提にしないかぎり

法律で制約を与えるか、

マネジメントの監査を厳しく行って
創意工夫への情熱を削ぐことになりかねない。

ちなみに組織の人数が少ない時は
文字どおり最前線がマネジメントと
一体化されていますけどね。
 

photo